SOFA  2001年4月
 

-"Ma 6-T va crack-er" のクレジット・タイトルで、あなたはロシア製のマシンガンを分解していましたが、あの役はどのように回って来たのですか?

監督のジャン=フランソワ・リシェとは、数年前、彼が"Etat des Lieux" を出品していた映画祭で出会いました。この映画には凄く驚いて、そして彼とはとても気があったんですね。それで次回作に出てくれないかと頼まれたんですね。目配せのようなものです、あの映画には私は役をもらってはいなかったので、クレジット・タイトルのおかげで参加できた訳です。

-その参加が純粋に戦闘的な行動だと思われたら?

ジャン=フランソワがどんな映画を作りたいのがよく分っていたし、それは映画の中に刻み込まれているわ、この役は女優として演じている訳だし、ジャン=フランソワと私は必ずしも同じ意見を持っているって訳でもないし。私が興味あるのは、映画監督と映画を撮ることであって、映画の中に自分の映画を作ることには、興味はないから。

-リシェ監督はあなたと映画をやることを約束していたんですか?

ええ、いつか一緒に出来たらいいだろうねと話していて、"De l'amour" の企画があったのですね。

-"De l'amour" のように、あなたのために特別に役が書かれた映画はたくさんあるんですか?

(笑)いいえ、そんなたくさんってことはありません。初めてじゃないかなって思います。ジャン=フランソワは私が高く評価している監督ですから、素敵な贈り物だと思います。ストーリーも登場人物も素晴らしいと思いましたね。

-でも嬉しいことじゃありません?

うーん、嬉しいだけじゃ不充分ですね、ワクワクして元気が出てくる感じです!

-脚本にも関わっていたんですか?

いいえ、でも書きかえられた脚本を何回も読みました。最初はもっとハードコアで、"Ma 6-T"に近いものでした。どうしてかは分りませんでしたけど。それからジャン=フランソワの気が変わったんですね、でも私は読むだけでしたから。(脚本を)書くなんて私には出来ません。だからストーリーを持っている人のところへ行く必要があるわけです。

-この映画の中であなたの恋人のカリムを監督自身演じるはずだったと聞きましたが・・・

ええ、ずっと前はそうだったんですけど、いいアイデアではありませんね。この映画はとても複雑な映画ですから、2足のわらじは大変です、
撮影して、演技して、編集してと役回りが多すぎますよ。

-この映画であなたが演じた役には、年齢もきっちり決めてあったのですか?

いいえ、20歳くらいと言う感じでした。私より少し若いんですね。でも少女ではありません。

-この役はどんな点で若いヴィルジニー・ルドワイヤンに似ていると思います?

演じる役に自分が似ているかどうかは分りませんねえ。でも最終的にはそれはどうでもいいですね。うん、そうですねえ、多分、あまり心配症じゃないところは似ているかもしれません。「明日レストランを開業するわ、簡単よ、私には分っているから、とか」私もあんな調子だったかも知れません。

-この映画の出演者について話して下さい。ヤジット・アイトのように演技の経験がない人もいましたが、うまく行きましたね。

最初、監督は技術的なことに慣れていないヤジットを助けていましたが、すぐに慣れましたね。彼は本当に俳優でうまい人です。現物の彼は
映画の役とは全く違います。カリムの役よりもストーミー・バグジーが演じた役に近いと思います。ヤジットは開放的で、とても面白いんですが
カリムの役は、内向的で、心強い、少し秘密めいたところがあります。

-リシェ監督の前作と今回の作品ではどんな違いがあると思いますか?

"Ma 6-T"は、彼の友人や自分の体験やもう経験したくないこと、もう同じ思いはしたくないことへの映画での目撃談だと思います。
"De l'amour"はよりロマネスクな部類で、ストーリーを語りたいという要求があります。"Ma 6-T"では必ずしもそうではなくて、むしろある社会状況です。"De l'amour"は、もちろんラブ・ストーリーですが、色々な側面があると思います。カリムとマリア、両親と子供、友人関係とか・・・

-犬と飼い主という側面もありますね。この映画にはユーモアもたくさんあります。いい意味で、シチュエーション・コメディのような面もあります。

ええ!私がこの映画で素晴らしいと思うのは、登場人物の間に、本当の相互作用があることです。完全な存在で引き立て役ではないんです。
どんなグループにもあることですけど、各人各様で、皆日々の悩みを抱えていて、自分達の生活は必ずしもバラ色ではないにせよ、何か楽しいものにしようと努力しています。こう言ったズレの部分にこの映画の正当性があるのだと思います。それに、強姦の話も出てきますが、でもそれは下劣と言うことではなく、悲惨主義にはなっていないと思います。後になってきちんと穴埋め出来ていますし、マリアに事が起こるまで彼らの生活は陽気なものだったのですから・・・

-興味深いですね、"Ma 6-T"ではシテの悲劇や暴力しか見せていないのですが、笑える個所もきちんとある。

ええ、ジャン=フランソワを代弁するのは難しいですけど、"Ma 6-T"の政治的表明は、悲劇や暴力と言う面しか見せないのなら、うまく伝わないと思います。ユーモアも、軽い部分も、生きる喜びもあるんです、幸運なことに。

-この映画はWhy Not Productions が製作していますが、彼らは他の製作会社とは少し違いますか?

ええ、違うと思います。パスカル・コシュトゥ(彼しかいないのですが)の素晴らしいところは、監督についていくところです。そうやって積み重ねが生まれて、監督に彼らが順応して、必ずしもその反対ではない訳です。それにある映画に完全出資する訳ですから、気合の入れ方が違います。

-これまでに製作された映画も凄いものばかりで、ガレルやポダリデスの映画も製作していますね。

デプレシャンもいます、彼には凄い才能があると思います。ボーヴォワもいますよ。つまり異なる人達だということですよね。でも私が想像するに、デプレシャンの撮り方はリシェの撮り方とは違うでしょう。俳優たちより監督と関係が深いわけです。それは役者なんてどうでもいいと言うことではなくて、「惚れている」役者がいないからでしょう。

-少し話を昔に戻しましょう、凄く小さい頃から映画に出ていますね・・・

ええ、そうね。

-あなたを初めて覚えたのは、94-95年頃の一連の「男の子、女の子」シリーズの一環で、アサイヤスの『冷たい水』にあなたが出演していたことです。あの一連の映画は全て見ていますか?

ええ、全部見ました。素晴らしい時だったと思います。パトリシア・マズイの『トラボルタと僕』が大好きでした。本当に素敵な映画で、レスリー・アズレーも素晴らしかったし、魔法のような映画です。テシネの『野生の葦』も見事な映画です。セドリック・カーンの"Trop de bonheur"もいい映画でした。あのシリーズには駄作は一本もありませんでしたね。変ですよね、好き嫌いがあるのが普通なんですが、共通のテーマを題材としているのに、どの映画も驚くほど豊かで、思春期についてあれだけ力強く、的確に描いた映画は見たことがありませんでした。

-ええ、このシリーズで映画を撮った監督たちは、皆代表作になる映画と撮ったと思います・・・『冷たい水』であなたが演じた役は難しいものですね。苦しんでいる少女の役でしたが、あなたが後で演じたシャブロルの『沈黙の女』での役とは遠いものです。全く異なる役で、この二つの映画が言っている事は:映画とは、うまく行かない事柄を語るためにも存在している。

そうね。そういう教育的な面もあるから映画が好きですね。楽しむために映画に行くもの好きですけど、たまには自分を挑発するために映画に行くのも好きです。そうすることがとてもうまい監督がいますね。シャブロルは自分が生きている世界に関連した、鋭い視線を持っていると思う。アサイヤスと年は違うけど、今の二本の映画には共通点があると思います。シャブロルは、高齢ですけど、完全に現在を生きている人です。三十代の監督でももっと古臭い映画を撮る人はたくさんいますよ。

-自分を挑発するために映画に行くと言いましたね。

感動と同時に困惑させられる映画も好きなんです。見た直後には大嫌いだと思えても、しばらく経つと効果が現れる映画もあるんです。自分の
第一印象、最初のショックを超えなくてはいけない場合もあると思います。アモス・コレックの "Sue" がそれでした。あの映画には本当に動揺して、とんでもない映画だと思ったのですが、その後印象が変わって、素晴らしいと思えたんですね。映画によってはとても深いことやいつも説明できるとは限らないことを呼び起こすことがありますから。

-アサイヤス監督の撮影現場はどんな雰囲気なんですか?

オリヴィエとの仕事は大好きです。彼は私が尊敬と愛情を感じる人ですから。彼との仕事は気分良くて、凄く優しい人です、映画はいつもそうではないですけど。こちらに常に注意を払ってくれていて、自分がやっていることを良く分っている人です。

-彼は凄いシネフィルですけど、自分が使う俳優に映画を見せますか?

いいえ、そういうピグマリオンのような面はありません。

-5年前には、『ヤンヤン 夏の思い出』の成功で、公開が待たれているエドワード・ヤン監督の『カップルズ』に出ましたね。

素晴らしい映画ですよ。『冷たい水』を出品するのにアサイヤスと日本へ行ったら、エドワード・ヤンも来日していたんですね。二人は知り合いなんですが、それから半年後に彼が、台北に来たフランス人女性の話のシナリオを送って来たんです。私を考えながら書いてくれたんですね、ああ、じゃあ2度目と言うことになるわね。でも彼のことは全然知りませんでした。素晴らしい映画なんですが、フランスでは残念ながら未公開なんですけど。

-彼の初期の監督作品の一本である『嶺街少年殺人事件』は思春期を描いた厳しい映画ですが、見ましたか?

素晴らしい映画です。とにかく彼の世界ですね、少年時代と思春期は彼の映画のテーマですから。彼も『ヤンヤン 夏の思い出』では少し丸くなった気がしますけど。

-あなたが全カットに映っていると思われる『シングル・ガール』の公開後から、よくあなたが話題になりました。

ええ、あの映画で私を見間違えることはないでしょう。凄いんだもの。とてもうまく行ったと思う。時系列で凄く早く撮影をしたのね。映画が進むにつれて人物像が出来あがってくるの。ああいうシチュエーションに身を置くのは女優にとっては素晴らしいことね。ブノワ・ジャコーはとても気持ちがいい人だし、同時に自分を確信しているの。リアル・タイムの映画だって、もう何本も撮って来たって感じなの。変なのは映画のどの場面にもいるってことは決して重荷じゃないのよね。あまりにあからさまに撮るから、ぜんぜんそう感じなかったのだと思います。でも映画を見終わった人は、「ビビらなかったかい?」って、私に聞いてましたけど。

-何本が飛ばして、『ジャンヌと素敵な男の子』を話題にしたいと思います。ミュージカルをやるというのは最初は不安じゃありませんでした?

いいえ、ドミー監督の映画が大好きでしたし。特に『シャルブールの雨傘』と『あら皮』が好きですが、私にとっては、この二本は毒入りキャンディ
なんです。私は映画でのズレが好きなんですけど、ミュージカルはどのジャンルよりそれが顕著になるでしょ。最初は少し怖かったですけど、
シナリオが良かったですから。

-フランソワ・オゾンの次回作へ出ますね、大勢の女優たちと、ダニエル・ダリューも出ているとか・・・

ええ、でもこの映画の話はできませんよ、彼と仕事が出来るのは嬉しいんですけど。

-現在では自分の出る映画は自分で選んでいますね。

ええ、選べると言うのは凄く贅沢なことだと思います。でも私を使ってと監督たちに強要することはできませんから。選びたいですけどね、ううん、でも確かなのは、ここ2、3年は、『ザ・ビーチ』公開の前くらいから、出たくない映画には出ていないと思います。

-『ザ・ビーチ』の10倍くらいの規模の映画にも出てみたいと思います?

自分は本当に幸運だったなと思えるのは、エドワード・ヤンやアサイヤス、またはダニー・ボイルのような人達からシナリオをもらったことだと思うんです。彼と仕事が出来て良かったですね、厳密には私のフランスでの仕事とは直接関係ないですけど。でもそれが女優の仕事、女優の浸透性なんですよ。全く違う世界で栄養をとって、最終的には、同じ世界を形成することになる。ええ、だから超大作にも出てみたいと思います。面白ければねぇ。私は気取りとはないですし、「あるタイプの監督以外とは仕事はしないわ。」とは思いませんし、それに監督にとっても「あいつはあんな映画に出て何をやってるんだ!?」って思える方が面白いでしょうし。そういう風に考えるほうが好きです。例えば、私はアクションに映画に出てみたいと思うんです。『ターミネイター』見たいな奴に。あの映画好きなんですよ。あんな役が出来たら最高だと思うわ。

-じゃあ、もし明日、ワシャウスキー兄弟から『マトリックス3』に出てくれと依頼が来たら?

走って行くわ。最高だったもの。でもこの間、「メイキング」を見たのね、凄い大変そうだった、1日に6時間もカンフーの訓練なんて・・・でも女優の仕事って子供時代と結びついているから、遊びにね、だからワクワクしちゃうかも。カンフーをやったり、ワイヤーで吊り下げられるなんて、ジャコー監督の映画とは大違いで、面白いでしょうね。でも観客としたら、いつも同じジャンルの映画ばかりでは飽きちゃうから、選択肢は広くないとだめね。

-具体的にはどんな映画が好きですか?

今年は2本の映画が印象に残っています。『砂に埋もれて』(オソン監督)と『エステー・カーン』(デプレシャン監督)です。まったくタイプの違う
映画ですけど、とても良かったです。それに『感傷的な運命』(アサイヤス監督)ですね。これもまた今の二本とは違う映画ですけど。私の趣味は広いほうです、音楽ではラップも好きですし・・・

-ウ−タンですが、ストーミー・バグジーのラップですか?

どちらかと言えば、ウ-タンかな?アメリカのロックもシンガーソングライターも好きです、ディランやヴェルベット、ルー・リードはバンド活動もソロ
でも好きですね。レゲエも好き。フランスなら、ミオセックが好きよ。信じなれないような人って感じで。フランスの軽音楽も好き、カラオケもね、
あまり詳しいわけじゃないけど。

-カラオケをするんですか?

することもあるわよ。

-毎週土曜日にですか?

必ずしも土曜に限らないけど、むしろ月曜かな?★