レ・ミゼラブル Les Miserables (原題)

アメリカ・フランス・イギリス・ドイツ合作

監督:ジョゼ・ダヤン     
脚本:ディディエ・デコワンヌ
音楽:ジャン=クロード・プティ

上映時間:フランス語・オリジナル版 360 mins/ 英語短縮版 180 mins
予算:フランスTV番組制作費としては史上最高の一億6千五百万フラン(約28億円)
フランス放送局:TF1
アメリカでは、今年一月、Fox Family Channel にて放送されました。



4/24日に本作品のヴィデオ/DVDが発売となります。DVDは¥4700。ただし短縮版(英語音声、上映時間180分)での発売です。


NHKの地上放送、教育TV(3チャンネル)で、年明けから4夜連続で放映されることになりました!

ヴィルジニーが演じた本当に美しいコゼットを見ることが出来るほかにも、シャル坊のフォンテーヌ、アシーア・アルジェント、マルコヴィッチのジャベール、ジャンヌ・モロー、そしてドパルデューのジャン・ヴァルジャンと豪華キャストです!詳細はこちら

教育テレビ
1月1日(木) 午後10:00〜11:32
1月2日(金) 午後10:00〜11:35
1月3日(土) 午後10:00〜11:42
1月4日(日) 午後10:00〜11:23


目下TF1では、予告編が見れるとの事。「ちょっとドパルデューが出てくる以外はひたすらヴィルジニーの姿が拝めるという、ファンには堪らない内容となっております。ヴィルジニーはある意味「旬」な女優でもあるので、彼女を前面に押し出した宣伝を実施しているのでしょうかねえ。」
Takashi さん談。

またCine Live 最新号にはレ・ミゼラブルの記事が出ています。from 矢田部さん

■お二人のコメント
さて、TF1の「レ・ミゼラブル」ですが、昨日の放送の後半でコゼットも成長して、無事ヴィルジニーの登場と相成りました。実は先週は途中からしか観てないし(録画はしたけどまだ観てない)、昨日も途中で電話をしたりしていてきちんと観たとは言い難いのですが、作品全体の印象としては、トラヴェリングを多用しつつ、かなり丁寧に撮っています。もちろん、映画と同等に評価するつもりはないけれども、豪華キャストで今日望みうる最高の「レ・ミゼラブル」の映像化を試みようとする意気込みは充分感じられます。ただし、その反面、あまりに生真面目になって、面白味に欠けるという嫌いはあります。それから、コゼットが恋するという相手役の男優は頂けないと思うんですが…。Takashi さん(談)

あ、そう言えば、僕も『レ・ミゼラブル』をたまたま見ることが出来ました。パソコンと挌闘しながら横目で見ているだけだったのですけど、相当に本格的なテレビドラマのようでした。ヴィルジニー嬢もなかなかです。ただ、本格的な出番は明日からなのかな。でも確かにTakashiさんおっしゃるように恋人役の人はイマイチでしたねえ。矢田部さん(談)
 

レ・ミゼラブルの予告編!
ローランさんのサイト:Actrices Francaises のヴィルジニー・サイトでは「レ・ミゼラブル」の予告編(Bande Annonce)を見ることが出来ます。
Sa Carriere 内の タイトル LES MISERABLES をクリックして下さい。

この作品に関するヴィルジニーのインタヴューはこちら
■2000年Paris Match March
■2000年Tele Poche September



Diffusion des Miseables debut Septembre.

放送時間の情報です。

9/4(月)の8:50PM〜から連続4週各月曜日(11日、18日、25日)放送

となっております。 

キャスト:

ジャン・ヴァルジャン  :ジェラール・ドパルデュー
エポニーヌ        :アジア・アルジエント
テナルディエ       :クリスチャン・クラヴィエ
テナルディエ夫人   :ヴェロニカ・フェレス
フォンティーヌ       :シャルロット・ゲンスブール
マリウス         :エンリコ・ロ・ヴェルソ
コゼット          :ヴィルジニー・ルドワイヤン
ジャベール         :ジョン・マルコヴィッチ
(Mere Innocente),      :ジャンヌ・モロー
 (Gilles Normand)   :Michel Duchaussoy


 フランスでは11月13日にVHS・DVDでの発売が決定しました。

■ レ・ミゼラブル関連サイト
作品リストIMDb
TF1(予告編、インタヴュー、メイキング、アルバム)←お勧めです!!
Ginny's Gerard Depardieu Site ←いくつか写真もあります。
KirchGruppe ←ドイツ語のサイトですが詳しいです。



情報提供に協力して頂いている皆様:

Takashi さん@パリ映画日誌
矢田部さん@日仏海峡映画私信
Laurent さん@Actrices Francaises

>HOME