クラーク・ゲイブル  Clark Gable

本名:
ウィリアム・クラーク・ゲイブル
クラーク・ゲイブル
愛称:
キング / ゲイブ
職業:
俳優
生年:
1901年2月1日
出身国:
アメリカ
出身地:
オハイオ州 カディズ
没年:
1960年11月16日
代表作:
『或る夜の出来事』(34)
『風と共に去りぬ』(39)
『荒馬と女』(61)

油田鉱夫の父親のもとに生まれるが、身体の弱い母親はゲーブルが生れた7ヵ月後にてんかんで死亡。 ゲーブルが2歳の時に父親は再婚し、以後継母のもとで育てられた。 学生時代は野球やスクール・バンドで活躍し、16歳の時に高校を中退して友人と共にタイヤ工場で働き始めるが、 『The Bird of Paradise』を観て舞台に魅了され、仕事の合間にをぬって舞台の手伝いをはじめる。 21歳になると家を飛び出して、放浪生活を送りながら地方の劇団に参加。 ポートランドでは劇団の主催者で元ブロードウェイ女優のジョセフィーン・ディロンと知り合い、彼女の指導によって俳優としての才能を開花してゆく。 24年にはハリウッドに移り、同年には14歳年上のディロンと結婚。 『禁断の楽園』(24)や『The Plastic Age』(25)などのサイレント映画にエキストラとして出演したが、俳優としての才能を認めてくれない映画界を見限って舞台に復帰。 28年にはブロードウェイに移り、『マキナル』では初の大役を演じ、『The Last Mile』のロサンゼルス公演では非情な殺し屋を演じて好評を博した。 親友のライオネル・バリモアの薦めで、再度ハリウッドでスクリーンテストを受けるが、 ワーナー・ブラザーズ社のダリル・F・ザナックはサルみたいだと評し、 M-G-M社の製作主任アーヴィング・G・タルバーグは大きな耳を気にして契約に躊躇した。 30年にB級西部劇『惨劇の砂漠』での悪役で本格的な映画デビューを果たし、続く『夜の看護婦』(31)では凶悪な運転手を好演。 30年末にはM-G-Mと2年間の契約を交わし、翌31年には12本の映画に出演。 ジョーン・クロフォード主演の『暗黒街に踊る』(31)や、ノーマ・シアラー主演の『自由の魂』(31)など主にギャング役で人気を博し、 『Sporting Blood』(31)では初の主役を演じてスターの座を獲得した。31年には17歳年上のリア・ラングハムと再婚。 大きな耳と口ひげをトレードマークに、ゲイブルが演じた短気で快活な皮肉屋のタフガイというキャラクターは男性だけでなく女性をも虜にして幅広い観客の支持を集めた。 その後もゲイブルの快進撃は続き、『スザン・レノックス』(32)ではグレタ・ガルボと、 『白夜の騎士』(34)と『男の世界』(34)でマーナ・ロイと、『紅塵』(32)と『Hold your Man』(33)ではジーン・ハーローと共演して、 30年代前半までにはM-G-M専属のほとんどのスター女優との共演を果たした。 33年にはM-G-Mと7年契約を結ぶが、大スターとなったゲイブルは反抗的になり、彼に手を焼いたM-G-Mの会長ルイス・B・メイヤーは、 罰の意味を込めてゲイブルを当時ニ流スタジオだったコロムビア社に貸し出して『或る夜の出来事』(34)に出演させる。 ゲイブルは二流スタジオの映画に出て自分の評判に傷がつく事を恐れたが、監督のフランク・キャプラに説得されて出演。 完成した映画は大ヒットを記録し、ゲイブルはアカデミー主演男優賞を受賞しただけでなく、 彼が劇中披露したシャツの下に下着を着ないファッションはたちまち流行となって全米の下着の売上は激減した。 『或る夜〜』の成功によって「ハリウッド・キング」としての不動の地位を確立したゲイブルは、M-G-Mに戻ると『結婚十分前』(34)や『或る夜の特ダネ』(35)に出演。 20世紀フォックス社に貸し出されて出演した『野生の叫び』(35)ではロレッタ・ヤングとの共演を果たし、 M-G-M最大のヒットとなった『戦艦バウンティ号の叛乱』(35)ではフレッチャー・クリスチャンを演じて2度目のオスカー・ノミネーションを果たした。 その後も『桑港(サンフランシスコ)』(36)、『サラトガ』(38)、『テスト・パイロット』(38)などのヒット作に立て続けに出演。 39年の『風と共に去りぬ』では、原作者のマーガレット・ミッチェルを含めて誰もがハマリ役と絶賛したレット・バトラーを貫禄たっぷりに演じて更なる人気を獲得した。 同年には『心の青空』(32)で共演した女優のキャロル・ロンバードと再婚。 二人はおしどり夫婦ぶりを披露して、ゲイブルは私生活と仕事共に充実した日々を送っていたが、 42年にロンバードは戦時国債の公募キャンペーン中に飛行機事故に遭って33歳の若さで帰らぬ人となった。 愛妻の死を悲しんだゲイブルは同年ハリウッドからの引退を表明して空軍に入隊。 空軍将校としてヨーロッパ戦線へ向い、爆撃機B29の射撃手としてドイツ空襲などに参加。 ドイツ空軍の司令官ヘルマン・ゲーリングは、ゲイブルの首に5000ドルの賞金をかけたと言われている。 43年には戦時中の活躍によって空軍十字勲章と空軍十字殊勲章を授与され、 戦争が終結するとグリア・ガースン共演の『冒険』(45)でハリウッドに復帰。 『宣伝屋』(47)や『帰郷』(48)などで引き続き男の魅力溢れる役を演じ続けるが、彼の人気に戦前ほどの勢いは無くなってしまう。 49年にはロンバードに似たレディ・シルビア・アシュレーと4度目の結婚をしたが、結婚生活はうまくいかずに51年に離婚。 大ヒットした『紅塵』(32)のリメイク『モガンボ』(53)やスパイ映画『叛逆者』など出演した後、54年にM-G-Mとの契約を解消。 翌55年には元女優のケイ・ウィリアムズと5度目の結婚を果たした。 フリーとなったゲイブルは『風〜』を彷彿とさせる『南部の反逆者』(57)、ドリス・デイと共演したコメディ『先生のお気に入り』(58)や、 バート・ランカスターと共演した海洋アクション『深く静かに潜行せよ』(58)などに出演。 マリリン・モンローと共演したアーサー・ミラー原作の『荒馬と女』(61)では、 老齢のカウボーイを演じて危険なスタントも自らこなしていたが、撮影終了後心臓発作で帰らぬ人となり、モンローと共にこの映画が彼の遺作となった。
ゲイブルの死後4ヶ月後には彼の唯一の子供ジョン・クラーク・ゲイブルが誕生。彼も父と同じ道を歩んで俳優となった。 最愛の女性ロンバートの悲恋は73年に『面影』のタイトルで映画化され、ジェームズ・ブローリンがゲイブルを演じた。

紹介作品

或る夜の出来事(34)

出演

風と共に去りぬ(39)

出演

モガンボ(53)

出演



MAIN | FILMS | STARS & MAKERS | DICTIONARY | HISTORY | BBS | OTHRES