エルンスト・ルビッチ Ernst Lubitsch

職業:
製作者、監督、俳優、脚本家、編集者
エルンスト・ルビッチ
生年:
1892年1月28日
出身国:
ドイツ
出身地:
ベルリン
没年:
1947年11月30日
代表作:
『ラヴ・パレイド』(29)
『極楽特急』(32)
『ニノチカ』(39)

洋服屋を営む両親のもとに生まれ、少年時代から芝居好きだったルビッチは16歳の時に高校を中退し、人気喜劇俳優ヴィクトル・アルノルドに弟子入りして、家業を手伝いながらボードビルの舞台に出演する。 1911年に演劇界の大立者で、ドイツ映画界に芸術的な息吹を吹き込んだマックス・ラインハルト率いる劇団に入団。翌12年にはラインハルト監督の『The Miracle』に出演して映画の世界に興味を持ち始める。 連続短編コメディ映画のヒットで俳優として成功すると、脚本執筆や演出にも興味を持ち始め、14年には短編喜劇『Fraulein Seifenschaum』で監督デビューを果たし、18年にはポーラ・ネグリ主演による初の長編映画『呪の目』を発表。 『カルメン』(18)、『パッション』(19)、『花嫁人形』(19)などのヒット作を手掛けてドイツ映画界での揺ぎない地位を確立する。 彼の名声はドイツだけでなくハリウッドにまで届き、「アメリカの恋人」の愛称で知られるハリウッド・スター、メアリー・ピックフォードに認められてアメリカに渡る。 23年にピックフォードを主演に迎えて初のハリウッド映画『ロジタ』を監督するが、批評家からは好評を得たものの、ピックフォードの役が彼女のイメージと違ったため観客からは歓迎されずに終わった。 その後、ルビッチはワーナー・ブラザーズ社と契約し、『結婚哲学』(24)や『当世女大学』(25)など、男女間の色恋沙汰を面白おかしくスタイリッシュに描いたコメディ映画を多数く手掛けてソフィスティケーティッド・コメディの名手としての地位を確立。 フレーム内での人物の位置関係や、視線の交差などによって登場人物の感情を描くルビッチの独特のスタイルは「ルビッチ・タッチ」と呼ばれるようになる。 27年にはM-G-M社に招かれて、批評家から好評を博した『思ひ出』を監督。翌28年にはパラマウント社に移籍して、エミール・ヤニングス主演のドラマ『The Patriot』を手掛け、この作品でルビッチはアカデミー監督賞に初ノミネートされた。 トーキーの時代が到来すると彼の才能は遺憾なく発揮されるようになり、モーリス・シュヴァリエを主演に迎えたトーキー第1作『ラヴ・パレイド』(29)や『陽気な中尉さん』(31)など台詞から歌への移行に工夫を凝らしたオペレッタ風のシネ・ミュージカルや、巧みなストーリー・テリングと知的で洗練されたテンポのいいセリフの応酬を売りにした上質の都会派コメディ『極楽特急』(32)や『生活の設計』(33)などを手掛けて批評家と観客の両方から絶大な支持を得る。 35年にルビッチはパラマウントの製作部長に任命されるが、『I Loved a Soldier』(36)の撮影の遅れと『1936年の大放送』(35)の制作費超過の責任をとらされてわずか1年で解任。 しかし、監督として再びパラマウントに招かれ、製作の自由を認める破格の条件の下でマレーネ・ディートリッヒ主演の『天使』(37)を手掛けるが興行的には奮わなかった。 ゲーリー・クーパーとクローデット・コルベール共演のコメディ『青髭八人目の妻』(38)を手掛けた後、M-G-Mに戻ってグレタ・ガルボをコメディエンヌに転身させた大ヒット作『ニノチカ』(39)と、ジェームズ・スチュワート主演の小粋な恋愛映画『桃色の店』(40)の2本を監督。 M-G-Mを離れて独立した41年には『当世女大学』をリメイクした『淑女超特急』を手掛け、42年にはナチス占領下のポーランドからの脱出を計画する芸人たちのを姿をコミカルに描いた『生きるべきか死ぬべきか』を発表する。 晩年は20世紀フォックス社に活躍の場を移し、人生を回想する主人公のドン・アメチーに自分自身を投影した最初で最後のテクニカラー映画『天国は待ってくれる』(43)を演出。 しかし、健康状態の悪化から映画を撮り続けることが難しくなり、46年のシャルル・ボワイエのコメディ『小間使』が彼の遺作となり、ルビッチが撮影を始めていた『呪われた城』(46)はジョセフ・L・マンキウィーッツ監督が、『A Royal Scandal』(45)と最後の作品『The Lady in Ermine』(48)はオットー・プレミンジャー監督が後を引き継いだ。
斬新なアイディアを盛り込んだミュージカル映画や、都会的なコメディを数多く製作してソフィスティケーティッド・コメディの礎を築いたルビッチは、観客の予想を裏切る術を心得ており、彼が得意とした質の高いジョークをしつこいほど畳み掛ける手法は観客に親しまれると同時に、ビリー・ワイルダーハワード・ホークスといった監督たちの作風にも強い影響を与えた。

紹介作品

天使(37)

製作/監督

ニノチカ(39)

製作/監督

桃色の店 / 街角(40)

製作/監督

生きるべきか死ぬべきか(42)

監督



MAIN | FILMS | STARS & MAKERS | DICTIONARY | HISTORY | BBS | OTHRES