エーリッヒ・フォン・シュトロハイム Erich Von Stroheim

本名:
エーリッヒ・オズワルド・シュトロハイム
エーリッヒ・フォン・シュトロハイム
職業:
製作者、監督、俳優、脚本家、編集者、美術監督
生年:
1885年9月22日
出身国:
オーストリア
出身地:
ウィーン
没年:
1957年5月12日
代表作:
『愚かなる妻』(22)
『グリード』(25)
『メリー・ウィドウ』(25)

ユダヤ人の両親のもとに生まれ、帽子職人だった父親の仕事を手伝っていたが、1909年にアメリカに渡る。 少年時代から映画や演劇に興味を持ち始め、12歳の頃には新聞や雑誌に短編小説を寄稿。 14年に軍服のアドバイザーとして映画界に入りを果たし、D・W・グリフィス監督の『国民の創生』(15)や『イントレランス』(16)などでエキストラとして俳優デビュー、これらの作品では第二班監督としても活躍する。 第一次世界大戦が勃発すると、グリフィスの『世界の心』(18)やアレン・ホルバー監督の『君国の為に』(19)などの作品で残忍なドイツ人将校を演じ、この好演によって知名度を高めてゆく。 19年には年ユニヴァーサル社の社長カール・レムリを説得して、彼の短編に基づいて人妻の情事を描いた『アルプス颪(おろし)』(19)で監督デビュー。 詳細なる登場人物たちの性格描写、リアリズム溢れる演出、贅沢極まるセットや衣装は彼の映画のトレード・マークとなる。 しかし、登場人物たちの微妙な感情の変化の表現にこだわるあまり彼の作品の上映時間は長くなってゆき、監督2作目の『悪魔の合鍵』(19)は完成させたフィルムの3分の1がカットされてしまう。 3作目となる『愚かなる妻』では彼の完全主義が更に加速し、本物にこだわるシュトロハイムはスタジオ内に本物そっくりのモンテカルロのセットを作らせて、小道具は本物を用意させたうえに、撮影期間も超過したため制作費はかさんでゆく。 最終的に空前の110万ドルを投じて映画は完成するが、上映時間が8時間もあったため、新しくユニバーサルの製作者に就任したアーヴィング・G・タルバーグの命令で何度か再編集が行われて最終的に1時間50分にまで縮められてしまう。 22年シュトロハイムはタルバーグと映画を長くしない事を約束して、オルガン弾きの女性と伯爵の恋愛映画『メリー・ゴー・ラウンド』を手掛ける。しかし、撮影が始まるとシュトロハイムの型破りな完全主義とスケジュール無視が再び始まり、彼がシンプルな物語を膨らませて、俳優の下着の紋章にまでこだわりだしたため、制作費はかさみ、撮影は遅れて5週間経っても撮影は全体の三分の一しか終わっていなかった。 第二の『愚かなる妻』になることを恐れたタルバーグは、即座にシュトロハイムを解雇してルパート・ジュリアン監督に後を引き継がせ、ジュリアンはシュトロハイムが撮影していたフィルムの大部分を切り捨てて、ストーリーも変更してしまう。 ユニバーサルをクビになったシュトロハイムは、敏腕製作者サミュエル・ゴールドウィン率いる独立プロダクション、ゴールドウィン・カンパニーと契約を結んで『グリード』を製作。 映画は全てロケーション撮影されるが、デスバレーでの撮影は過酷を極め、暑さのために病気になるスタッフが続出。彼は上映時間を2時間以内に収めるとスタジオと約束していたが、完成した映画の上映時間は9時間半近くもあった。 シュトロハイムは再編集を繰り返して妥当な長さに切り詰めようとするが、ゴールドウィンが合併してM-G-M社となり、M-G-Mの製作副主任に招かれたタルバーグの手によって再び大胆な編集が行われ、その結果、ほとんど原型をとどめないまでに切り刻まれた2時間半のバージョンが一般公開された。 続く『メリー・ウィドウ』では、M-G-Mの重役ルイス・B・メイヤーは『グリード』の二の舞を恐れて映画を6週間以下で撮影したらボーナスを出すことを約束。 タルバーグは今作にも介入し、彼はシュトロハイムの意向を無視して強制的にミュージカル調の楽天的な作品に仕上げさせた。 M-G-Mを去ったシュトロハイムは、パラマウント社で『結婚行進曲』(28)を監督。 映画には登場しない孤児の両親の人生を脚本に書かせ、山海の珍味を用意した豪華なパーティ・シーンなど徹底した完全主義を貫いて完成させた映画は第1部と第2部に分けられていたが、シュトロハイムはスタジオから映画の編集権を奪われてしまい、第2部はアメリカでは未公開に終わった。 その後、グロリア・スワンソンに招かれてスワンソン主演の『Queen Kelly』(29)を手掛けるが、長引く撮影期間、高騰する制作費、スワンソンとの確執などのトラブルが続出して映画は撮影途中で製作中止となる。 32年には初のトーキー『Walking Down Broadway』を手掛けるが、彼が撮影した部分は本編にはほとんど残らず、監督のクレジットからも外されてしまう。 この作品以降、俳優としての活動が中心となり、グレタ・ガルボ主演の『アンナ・カレニナ』(35)、ジャン・ルノワール監督の反戦映画の傑作『大いなる幻影』(37)、ビリー・ワイルダー監督の『砂漠の秘密』(43)などに出演して存在感のある演技を披露。 50年のワイルダー監督による『サンセット大通り』では、自身のパロディとも言える執事マックス役を怪演し、高い評価を得てアカデミー助演男優賞にノミネートされる。 その後も映画を撮る機会に恵まれず、ヨーロッパに渡って『ナポレオン』(55)などに出演。フランスでレジョンドヌール勲章を授与された二ヵ月後にこの世を去った。

紹介作品

グリード(24)

監督

サンセット大通り(50)

出演



MAIN | FILMS | STARS & MAKERS | DICTIONARY | HISTORY | BBS | OTHRES