グレゴリー・ペック  Gregory Peck

本名:
エルドレド・グレゴリー・ペック
グレゴリー・ペック
職業:
製作者、俳優
生年:
1916年4月5日
出身国:
アメリカ
出身地:
カリフォルニア州 ラ・ホヤ
没年:
2003年6月12日
代表作:
『紳士協定』(47)
『ローマの休日』(53)
『アラバマ物語』(62)

薬剤師である父親のもとに生まれるが、ペックが5歳の時に両親は離婚し、父親に引き取られて祖母のもとで育てられる。腕白な少年時代を過ごし、陸軍学校を卒業した後、父親の希望でカリフォルニア州立大学の医学部に入学するが、家計が苦しいことを知ったペックは大学を中退して石油会社で働きはじめる。その後、友人の薦めで大学に戻って薬学を専攻。大学ではボート部に所属してレガッタ選手として活躍していたが、脊髄を痛めて部活動を断念。スポーツ選手への夢を断たれたペックは演劇に興味を持ちはじめ、大学の演劇部に参加する。演技に魅了されたペックは俳優を志すようになり、大学卒業後はニューヨークに移ってネイバーフッド・プレイハウス劇団に入り、アルバイトをしながら本格的に演技を学ぶ。40年にはコーネル・マクリンティック劇団に移籍して、42年の舞台『The Morning Star』でブロードウェイ・デビューを果たす。舞台は好評を博し、同年には劇団のヘア・メイク係りだったグレタ・ライスと結婚する。舞台『The Willow and I』での演技がハリウッドの製作者ケイシー・ロビンソンの目にとまり、44年にRKO社製作の戦争映画『炎のロシア戦線』で華々しいハリウッド・デビューを飾る。二枚目スターとしての風格と演技力を持つペックはハリウッド中の注目を集め、激しい争奪戦の末に20世紀フォックス社がペックとの専属契約を獲得し、『王国の鍵』(44)で大型新人として大いに売り出す。 映画をヒットさせ、アカデミー主演男優賞にも初ノミネートされたペックは、脊髄の負傷で兵役を免除されていたため、戦争で男優が不足していたハリウッドの各スタジオから出演依頼が殺到。 アルフレッド・ヒッチコック監督の『白い恐怖』(46)、スペンサー・トレイシーに代わって出演して2度目のオスカー・ノミネートを果たした『子鹿物語』(46)、デビッド・O・セルズニック製作のウェスタン大作『白昼の決闘』(46)などのヒット作に恵まれて、スターとしての揺ぎ無い地位を獲得。47年にはエリア・カザン監督の社会派ドラマ『紳士協定』に出演。ユダヤ人差別問題に取り組む新聞記者を熱演して3度目のアカデミー主演男優賞ノミネートを果たす。 引き続き4度目のオスカー・ノミネートを受けた『頭上の敵機』(49)や、ペックお気に入りのウェスタン『拳銃王』(50)などのヒット作を送り出しながらも出演料は思うように上がらず、ハリウッドのスタジオにこき使われることに嫌気がさしたペックは、スタジオとの契約更新を断ってフリーの俳優となる。 彼の態度が反抗的だとみなしたハリウッドのスタジオは彼を起用しなくなり、出演作は年々減っていったため、ペックは活動の場をヨーロッパに移し、『ローマの休日』(53)や『キリマンジャロの雪』(53)などのハリウッド資本で作られたランナウェイ映画などに出演。55年にはパリで知り合ったフランス人記者ヴェロニカ・ハサニと再婚する。 54年には独立プロダクションを設立。56年にはジョン・ヒューストン監督と共にハーマン・メルヴィルの『白鯨』を、58年にはウィリアム・ワイラー監督と共に『大いなる西部』を制作するが、どちらも興行的には失敗に終わった。 ヒット作に恵まれず、彼の人気にも陰りが見え始めた頃、61年に公開された戦争アクション映画『ナバロンの要塞』が空前の大ヒットを記録して彼の人気は回復。ペックは長年、演技派俳優として認められず大根役者のように言われ続けたが、62年の『アラバマ物語』では人種差別に敢然と立ち向かう男やもめの弁護士アティカス・フィンチを熱演。 大根役者の汚名を返上しただけでなく、念願のアカデミー主演男優賞を獲得し、2003年にアメリカ映画協会が発表した「最も偉大な映画のヒーロー」ではインディ・ジョーンズとジェームズ・ボンドを抑えて第1位に選ばれた。 その後も、サイコ・サスペンス映画『恐怖の岬』(62)、サスペンス・コメディ『アラベスク』(66)、ウェスタン『マッケンナの黄金』(69)などに出演して幅の広い演技を披露。 75年には長男ジョンの自殺という悲劇に見舞われたものの精力的に俳優活動を続け、大ヒットしたオカルト映画『オーメン』(76)では悪魔の子供を授かった父親を演じ、伝記映画『マッカーサー』(77)ではタイトル・ロールのマッカーサー元帥を熱演。アイラ・レヴィン原作の『ブラジルから来た少年』(78)ではナチスの残党という冷酷な悪役に挑戦した。 また、70年代には映画出演だけでなく、製作のみを務めた『The Trial of the Catonsvill Nine』(72)と『ダブ』(74)を発表。78年には自伝『An Actor's Life』を出版した。 80年代以降は助演級の役が多くなるが、バート・ランカスターに代わって出演した『私が愛したグリンゴ』(89)や、ダニー・デヴィート主演のコメディ『アザー・ピープルズ・マネー』(91)などで存在感のある演技を披露。 98年のテレビ用映画『モービー・ディック』が最後の出演作となり、2003年、老衰が原因でこの世を去った。
リベラルな政治思想を持つペックは、政治にも積極的に参加。第36代合衆国大統領リチャード・ニクソンの政敵リストにあげられ、共和党からの政界進出を噂された事もある。 ハリウッド内での人望が厚いペックは、ハリウッドの俳優組合会長を務めたこともあり、俳優救済基金を設けて恵まれない俳優たちを援助。 64年度のアカデミー賞では欠席がちのスターたちに授賞式への参加を呼びかけて式を成功させるなど、アカデミーに多大な貢献をしたことから67年にはジーン・ハーショルト友愛賞が贈られ、67年から70年まで第17代アカデミー協会会長を務めた。 また、ジョセフ・コットン、メル・ファーラーらと共に「ラ・ホヤ・プレイハウス」を創設して新人俳優の育成にも務め、89年にはアメリカ映画協会から生涯功労賞が授与された。

紹介作品

白い恐怖(45)

出演

白昼の決闘(46)

出演

紳士協定(47)

出演

ローマの休日(53)

出演

渚にて(59)

出演

ナバロンの要塞(61)

出演

西部開拓史(62)

出演

恐怖の岬(62)

出演

アラバマ物語(62)

出演



MAIN | FILMS | STARS & MAKERS | DICTIONARY | HISTORY | BBS | OTHRES