アーヴィング・G・タルバーグ Irving G Thalberg

本名:
アーヴィング・グラント・タルバーグ
アーヴィング・タルバーグ
職業:
製作者
生年:
1899年5月30日
出身国:
アメリカ
出身地:
ニューヨーク州 ニューヨーク
没年:
1936年9月14日
代表作:
『ビッグ・パレード』(25)
『グランド・ホテル』(32)
『戦艦バウンティ号の叛乱』(35)

ユダヤ系ドイツ移民の両親のもとに生まれ、18歳の時に大学を中退して事務員としてユニヴァーサル社のニューヨーク本社に入社。速記タイプが出来たことからユニヴァーサルの創設者カール・レムリに気に入られて彼の秘書となる。レムリがハリウッドに移ると、彼の下で経営者としての天才的な才能を発揮しはじめ、 レムリはヨーロッパに行く際にタルバーグにスタジオの運営を任せ、その大任を見事にこなしたことから彼の才能は高く評価されて、21歳の若さでユニヴァーサルの製作主任に就任。若くして成功を手に入れたことから「ボーイ・ワンダー(神童)」と呼ばれた。 タルバーグは持ち前の商業的な才能を遺憾なく発揮して、制作費がオーバーしたエーリッヒ・フォン・シュトロハイム監督の大作『愚かなる妻』(22)を8時間から2時間にまで再編集して公開。 シュトロハイムの次回作『メリー・ゴー・ラウンド』(22)の撮影が大幅に遅れていることを知ると、損失を最小限に抑えるためにシュトロハイムを解雇してルパート・ジュリアン監督に引き継がせる。23年にはロン・チャニー主演の『ノートルダムのせむし男』を製作。 映画は高く評価されて興行的にもヒットするが、低い給料に不満を抱いていたタルバーグは、ユニヴァーサルを離れてルイス・B・メイヤー・プロダクションに移る。 メイヤー・プロは24年にメトロ社、ゴールドウィン社と合併してM-G-M社となり、タルバーグは撮影所の副所長に就任。 タルバーグは、ゴールドウィン社と契約していたシュトロハイムと彼の新作『グリード』(24)の編集をめぐって再び対立し、上映時間が9時間もあったオリジナル版を2時間半にまで再編集させる。 25年には第一次世界大戦を舞台にした恋愛映画『ビッグ・パレード』と、スペクタクル 史劇『ベン・ハー』を制作。この巨額の制作費をかけた2作品は大ヒットを記録して、タルバーグの地位は揺るぎないものとなる。 また、メイヤーがハリウッド入りさせたスウェーデン女優グレタ・ガルボの出演作も手掛けて、彼女をハリウッドを代表する大スターに育て上げる。 27年にはM-G-M専属の女優ノーマ・シアラーと結婚。同年にはメイヤーら36人の映画関係者らとともに映画芸術科学アカデミーを設立する。 トーキー革命後も彼の快進撃は続き、29年の『ブロードウェイ・メロディ』ではスタジオに初のアカデミー作品賞をもたらし、30年の『結婚双紙』では妻のシアラーにアカデミー主演女優賞をもたらす。31年には彼の発案で、ガルボ、ジョーン・クロフォードらM-G-Mの5大スターを競演させた『グランド・ホテル』を製作し、スタジオに2つ目のアカデミー作品賞をもたらす。 32年にはオリンピックの金メダリスト、ジョニー・ワイズミュラーを起用して『類人猿ターザン』を製作して大ヒットさせ、以後『ターザン』はスタジオのドル箱シリーズとなる。 子供の頃から病弱だったタルバーグは、33年に過労が原因で心臓発作に見舞われてしまい、療養生活を余儀なくされる。 退院後はスタジオに戻ってM-G-Mの看板スター、クラーク・ゲイブル主演の海洋アドベンチャー『戦艦バウンティ号の叛乱』(35)、シアラー主演の『ロミオとジュリエット』(36)を製作。前者では再びアカデミー作品賞の栄誉に輝く。また、35年にはパラマウント社との契約が切れたマルクス兄弟をM-G-Mに呼び寄せて『オペラは踊る』を製作し、タルバーグのアドバイスを取り入れた今作はマルクス兄弟最大のヒット作となる。 同年にはトラブル・メーカーとして有名だったスペンサー・トレイシーの才能に目をつけて、メイヤーの反対を押し切って専属契約を結び、以後トレイシーはスタジオの看板俳優の一人となる。翌36年、タルバーグはシアラー主演によるマリー・アントワネットの生涯の映画化を進めていたが、働きすぎが祟って肺炎を起こしてしまい37歳の若さで帰らぬ人となる。ハリウッドでは彼の死を惜しんで、翌37年に建てられたM-G-M撮影所の本館はアーヴィング・タルバーグ記念館と名付けられ、同年のアカデミー賞からは彼の業績を称えてアーヴィング・タルバーグ記念賞が設立され、優れた功績を上げた製作者にタルバーグの頭像が贈られるようになる。
映画作りに関して天性の鋭い感覚をもち、すぐれた作品を数多く手掛けて興行収入にも多大な貢献をしたことからハリウッドでの信頼はひときわ厚く、スタジオには最初に来て最後に帰ったと言われたほど、仕事中心の生活を送っていた。作家のF・スコット・フィッツジェラルドは、タルバーグを主人公モンロー・スターのモデルにした小説『ラスト・タイクーン』を執筆するが未完に終わる。

紹介作品

ベン・ハー(25)

製作

グランド・ホテル(32)

製作

オペラは踊る(35)

製作



MAIN | FILMS | STARS & MAKERS | DICTIONARY | HISTORY | BBS | OTHRES