リタ・へイワース Rita Hayworth

本名:
マルガリータ・カーメン・キャンシノ
リタ・ヘイワース
愛称:
The Love Goddess(愛の女神)
職業:
製作者、俳優
生年:
1918年10月17日
出身国:
アメリカ
出身地:
ニューヨーク州 ブルックリン
没年:
1987年5月14日
代表作:
『踊る結婚式』(41)
『ギルダ』(46)
『上海から来た女』(47)

父親はスペイン生まれのラテン・ダンサー、母親はジークフェルド・フォーリーズのショーガールというダンサーの家系に生まれ、 幼い頃から父親にダンスを習い、8歳の時には家族と共に『La Fiesta』(26)に出演。 12歳になると父親のスペイン・ダンスのパートナーとしてメキシコやルイジアナなどのキャバレーの舞台に立つが、父親とダンスを踊る毎日だったため、 普通の子供としての生活を送る事は出来なかった。 彼女の舞台を見たフォックス社の副社長ウィンフィールド・シーハンはヘイワースと出演契約を交わし、 リタ・キャンシノの芸名で『ダンテの地獄篇』(35)のダンサー役に起用。 『Under the Pampas Moon』(35)、『Caliente』(35)、『ピラミッドの殺人』(35)などで台詞のほとんどない踊り子や端役を演じた後、 36年の『ラモナ』でギルバート・ローランドの相手役に選ばれる。 しかし、フォックス社と20世紀社の合併の影響で役はロレッタ・ヤングに奪われてしまい、 バーバラ・スタンウィックの妹を演じた『ガルシアの伝令』(36)での 彼女の出演シーンは20世紀フォックス社の新重役ダリル・F・ザナックの命令でカットされてしまう。 スタジオを解雇されたヘイワースは、フリーの俳優として『Rebellion』(36)、『Old Louisiana』(37)、『Trouble In Texas』(37)などのB級ウェスタンに出演。 その後、実業家のエドワード・シャドソンと知り合い、彼の取り計らいでコロムビア社と7年間の専属契約を交わす。 シャドソンの薦めで芸名をリタ・ヘイワースに改め、『完全犯罪』(36)、『麗人野球団』(37)、『愛の十字架』(38)などのBムービーに出演。 37年にはシャドソンと結婚し、ハワード・ホークス監督に見出されて出演したアドベンチャー大作『コンドル』(39)の興行的成功によって一躍注目を集めた。 40年には『Music in My Heart』と『Angels Over Broadway』の二本のミュージカル大作でヒロインを演じ、 他社に貸し出されてジョーン・クロフォード共演の『Susan and God』(40)、 ジェームズ・キャグニー共演の『いちごブロンド』(41)、タイロン・パワー共演の『血と砂』(41)などのヒット作に相次いで出演。 41年には「明日のスター10人」の第二位に選出され、同年には「ライフ」誌の表紙を飾った。 コロムビアの重役ハリー・コーンは、この赤毛の美人ダンサーに興行的価値を見出し、 彼女をフレッド・アステア主演のミュージカル『踊る結婚式』(41)のヒロイン役に抜擢。 コロンビアの大宣伝作戦の効果もあって映画は大ヒットを記録し、歌は吹替えられたものの、 アステアは彼女の踊りに対する飲み込みの良さを激賞してベスト・パートナーの一人と評した。 コロンビアの看板女優となったヘイワースは、『My Gal Sal』(43)で共演したヴィクター・マチュアと結婚するため、43年にシャドソンと離婚するが、 パーティで知り合ったオーソン・ウェルズと恋に落ち、同年にウェルズと再婚。 44年のジーン・ケリーと共演した『カバー・ガール』(44)や、 アステアとの再共演を果たした『今宵よ永遠に』(45)の興行的成功によってスターとしての地位を浮動のものとした。 46年にはフィルム・ノワールの名作『ギルダ』に出演。 グローブを脱ぎながら「Put the Blame on Mame」を歌うセクシーさに満ち溢れたシーンは話題となって、 ヘイワースは新しいハリウッドのセックス・シンボルとしての地位を獲得。映画は彼女の主演作の中で最大のヒットを記録した。 47年には、別居中だった夫のウェルズが製作、監督、脚本、共演するミステリー『上海から来た女』に出演。 自慢の髪を短くし、赤毛をブロンドに染めて主人公を罠に陥れる悪女を熱演したが、映画は興行的に失敗し、同年ウェルズとの結婚も終りを告げた。 ヨーロッパ旅行中、カンヌで知り合ったインドの大富豪アリ・カーンと激しい恋に落ちて、二人は49年に結婚。 二人の恋の逃避行は世間を驚かせたが、生活習慣の違いから結婚生活は長く続かず53年に離婚。 カーンと分かれたヘイワースは、古巣のコロムビアに戻って『醜聞殺人事件』(52)で映画界にカムバックを果たし、 『情炎の女サロメ』(53)や『雨に濡れた欲情』(53)などに出演するが、どれも全盛期ほどのヒットには至らず、スタジオ内ではコーンとの争いが絶えなかった。 53年には歌手のディック・ヘイムズと4度目の結婚をするが、55年に離婚。 しばらくヨーロッパに滞在していたが、『海の荒くれ』(57)で4年ぶりの映画出演を果たし、ブロードウェイのヒット舞台の映画化『夜の豹』(57)では、 ヒロインの座はコロムビアの新しい看板女優キム・ノヴァクに奪われ、この作品を最後に20年間在籍していたコロムビアを離れた。 58年の文芸映画『旅路』ではドラマティックな役柄に挑戦。 同年には製作者のジェームズ・ヒルと5度目の結婚を果たし、この結婚を機に引退を考えていたが、 ヒルは彼女が俳優を続けることを望んで『コルドラへの道』(58)や『楽しい泥棒日記』(62)などに出演させた。 しかし、ヒルとの結婚も3年で終り、晩年は酒に溺れてアルコール依存症となって、映画への出演も激減。 72年の『サンタマリア特命隊』が最後の出演作となり、87年に老人性痴呆症が原因で69歳の生涯を閉じた。
第二次世界大戦時、ヘイワースはアメリカ兵士たちのピンナップ・ガールとしてベティ・グレイブルに次ぐ人気を獲得。 45年に広島に原爆を投下したB29爆撃機エノラゲイの操縦席や、 46年のビキニ島での原爆実験に使用された「ギルダ」と呼ばれた原子爆弾の内部にはヘイワースの写真が貼られていた。

紹介作品

ギルダ(46)

出演

上海から来た女(47)

出演



MAIN | FILMS | STARS & MAKERS | DICTIONARY | HISTORY | BBS | OTHRES