スペンサー・トレイシー Spencer Tracy

本名:
スペンサー・ボナベンチャー・トレイシー
スペンサー・トレイシー
愛称:
スペンス
職業:
俳優
生年:
1900年4月5日
出身国:
アメリカ
出身地:
ウィスコンシン州 ミルウォーキー
没年:
1967年6月10日
代表作:
『少年の町』(38)
『花嫁の父』(50)
『招かれざる客』(67)

父親が自動車工場の重役というアイルランド系の裕福な家庭に生まれ、子供の頃には牧師になることを夢見ていたが、 17歳になると学校を中退して後に俳優となるパット・オブライエンと共に年齢を偽って海軍に入隊。 第一次世界大戦に1年間参戦し、大戦後は各地の学校を転々とし、 医者をめざして入った大学の弁論部で熱弁をふるううちに演劇に興味を持ち、学生演劇に参加。 『The Truth』で主役を務めたことから俳優を志すようになる。 卒業後ニューヨークに移り、オブライエンと共同生活をしながらアメリカン演劇アカデミーで演技を磨く。 セールスマンや掃除人として働きながら、1923年にブロードウェイの舞台『R.U.R.』のロボット役で舞台デビューを果たし、23年には女優志望のルイーズ・トレッドウェルと結婚。 同年には舞台『A Royal Fandango』でエセル・バリモアと共演して一躍注目を集め、 29年の舞台『The Last Mile』で初めて主役を張り、彼が演じた死刑囚役は高い評価を得る。 29年にはニューヨークで製作された3本の短編映画に出演し、映画俳優になるため各スタジオのスクリーン・テストを受けるがどれも不採用。 しかし、舞台を見たジョン・フォード監督はトレイシーを20世紀フォックス社と契約させて、フォードが監督した『河上の別荘』(30)の主役に抜擢して華々しいハリウッド・デビューを飾らせた。 フォックスはトレイシーを『Quick Millions』(31)や、『金髪乱れて』(32)に出演させてギャングやタフガイ役として使っていたが、 『春なき二万年』(33)あたりから演技が認められるようになり、『力と栄光』(33)ではたたき上げの鉄道王を熱演。 『青空天国』(33)ではロレッタ・ヤングと共演して、彼女との仲が話題になった。 しかし、大酒のみで気性の激しい性格からスタジオ内ではトラブルが絶えず、助演に落とされたトレイシーは出演を拒否してフォックスから解雇されてしまう。 M-G-M社の敏腕製作者アーヴィング・G・タルバーグはトレイシーの才能を見込んで、上司ルイス・B・メイヤーの反対を押し切って35年にトレイシーをM-G-Mに入社させ、 フリッツ・ラング監督の『激怒』(36)や、アカデミー主演男優賞に初ノミネートされた『桑港(サンフランシスコ)』(36)などに出演させる。 37年のルドヤード・キプリングの小説の完璧な映画化『我は海の子』で演じたポルトガル人漁師マニュエルは絶賛を浴び、初のアカデミー主演男優賞を獲得。 翌年の『少年の町』(38)では実在の神父フラナガンを好演し、再びアカデミー主演男優賞を受賞して2年連続受賞の快挙を成し遂げた。 引き続き『人間エヂソン』(40)、『ジキル博士とハイド氏』(41)、『続・少年の町』(41)に出演して素晴らしい演技を披露。M-G-Mのマネー・メイキング・スターの一人として活躍した。 42年の『女性No.1』ではキャサリン・ヘプバーンと初共演を果たし、2人の絶妙な掛け合いは好評を博してハリウッド屈指の人気コンビとなり、『火の女』(42)、『愛はなく』(45)、『大草原』(47)、『愛の立候補宣言』(48)、『アダム氏とマダム』(49)、『パットとマイク』(52)、『ディスク・セット』(57)、『招かれざる客』(67)の9本の映画で共演。 二人は仕事だけでなく私生活でも交際をはじめるが、敬虔なカトリック教徒のトレイシーは教義に反するために別居していた妻ルイーズと離婚はしなかった。 40年代は気難しい性格が災いし、事あるごとにトラブルを起こして人気は低迷するが、50年の『花嫁の父』でエリザベス・テイラー扮する娘の結婚式の準備に奔走する父親をコミカルに演じて人気は復活。翌年には続編『かわいい配当』(51)も作られた。 54年には異色の社会派ウェスタン『折れた槍』に出演し、翌55年の『日本人の勲章』ではカンヌ映画祭の最優秀演技賞を受賞。 58年にはアーネスト・ヘミングェイ小説の映画化『老人と海』で年老いた漁師を的確な演技力で好演し、同じ年にフォード監督と28年ぶりに組んだ『最後の歓呼』(58)では全米批評家協会賞を受賞した。 61年の『ニュールンベルグ裁判』では判事を演じ、ラストで13分42秒にもわたるスピーチをワン・ショットで披露。 63年のスラップスティック・コメディ大作『おかしなおかしなおかしな世界』への出演後、病状が悪化したトレイシーは映画界から離れてヘプバーンと妻のルイーズの看病のもとで病気の治療に専念する。 67年、友人スタンリー・クレイマーの熱いラブ・コールに応えて、病気の体に鞭打ってヘプバーンと共に人種差別をテーマにした『招かれざる客』(67)に出演。 9度目のアカデミー主演男優賞にノミネートされる好演技を披露するが、映画の撮影が終了した数週間後、心臓発作でその生涯を閉じた。
ハリウッド史上最も優れた俳優の一人として知られ、わざとらしさのない自然で完璧な演技は観客のみならずハンフリー・ボガートやサー・ローレンス・オリビエら同業の俳優たちからも高く評価されていた。 また、2年連続でアカデミー主演男優賞獲得という快挙を成し遂げたのは、トレイシーと『フィラデルフィア』(93)と『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)でオスカーを手にしたトム・ハンクスの二人だけである。

紹介作品

女性No.1(42)

出演

老人と海(58)

出演

西部開拓史(62)

ナレーション



MAIN | FILMS | STARS & MAKERS | DICTIONARY | HISTORY | BBS | OTHRES