ウィリアム・ホールデン  William Holden

本名:
ウィリアム・フランクリン・ビードル・ジュニア
ウィリアム・ホールデン
職業:
俳優
生年:
1918年4月17日
出身国:
アメリカ
出身地:
イリノイ州 オファロン
没年:
1981年11月16日
代表作:
『サンセット大通り』(50)
『第十七捕虜収容所』(53)
『戦場にかける橋』(57)

大学時代から演技に熱中するようになり、パサディナ・プレイハウスに所属する。舞台『キュリー夫人』に端役として出演してるところを見出されて映画界入りし、38年の『ゴールデン・ボーイ』で映画デビューを飾る。ビリー・ワイルダー監督と組んだ『サンセット大通り』(50)や『第十七捕虜収容所』(53)では彼のトレードマークとなった、タフガイの仮面の下に善人の素顔を隠した辛辣な皮肉屋の役を演じてスターとしての地位を確立、後者ではアカデミー主演男優賞を受賞する。その後もどんな役でも無難にこなせる「便利屋」スターとしてコミカルなロールから一匹狼のヒーローまで幅広い役を演じる。55年には『慕情』と『ピクニック』のヒットでマネー・メーキングスター第一位に輝き、興行的にも批評的にも成功した作品に数多く出演して50年代半ばにはハリウッド一のドル箱スターといわれるまでになるが、60年以降は低迷してしまう。しかし、彼の演技には円熟の魅力を加わるようになり、69年の『ワイルドバンチ』の撮影中、仲間の救出に向かうホールデンが馬に揺られて砂漠の彼方に消えてゆくシーンを見て監督のサム・ペキンパーは「あの背中を見ろ!哀愁がにじみ出ている」と叫んだという。83年に急死するが、遺体は死後数日してから発見された。

紹介作品

サンセット大通り(50)

出演

麗しのサブリナ(54)

出演

喝采(54)

出演



MAIN | FILMS | STARS & MAKERS | DICTIONARY | HISTORY | BBS | OTHRES