ホワイト・クリスマス White Christmas
公開:
1954年
ホワイト・クリスマス
製作:
パラマウント・スタジオ

ロバート・エメット・ドーラン
監督:
脚本:
ノーマン・クラスナ

ノーマン・パナマ

メルビン・フランク
撮影:
ロイヤル・グリッグス
音楽:
アービング・バーリン
出演:
ビング・クロスビー

ダニー・ケイ

ローズマリー・クルーニー

第二次世界大戦後、恩人のデイヴィスとコンビ組んで大きな成功を収めた人気歌手のウォレス。 戦友の姉妹と知り合った二人はバーモントでクリスマス休暇を取るが、彼らが泊まった山荘ホテルのオーナーは戦時中の恩師ウェイバリー将軍だった。 雪が降らずに山荘の経営が悪化していることを知った二人は、お客を集めるために山荘でのショウを企画する。 ビング・クロスビーとダニー・ケイの二大ミュージカル・スター共演による、心温まるクリスマスの定番ミュージカル

パラマウント社は、ビング・クロスビーとフレッド・アステアの共演に、 ヒットソング・ライター、アーヴィング・バーリンの音楽を加えた『スイング・ホテル』(42)『ブルースカイ』(46)に続く3作目のミュージカル映画として 『スイング・ホテル』のテクニカラーリメイクを企画。 アステアは病気になって出演出来なくなり、彼に代わって『雨に唄えば』(52)のドナルド・オコナーを起用したが、 オコナーも病気でダウンしたため、最終的にゴールドゥイン社からパラマウントに移籍したばかりのダニー・ケイが抜擢された。 ヒロインのヘインズ姉妹役には、現在ハリウッドで活躍する男優ジョージ・クルーニーの叔母ローズマリー・クルーニーと、 『ダニー・ケイの天国と地獄』(45)と『ダニー・ケイの牛乳屋』(46)でケイと共演したヴェラ=エレンが抜擢され、 ウェイバリー将軍役には『頭上の敵機』(49)でオスカーを獲得した名バイプレイヤー、ディーン・ジャガーが起用された。 また、61年の『ウエスト・サイト物語』でブレイクする前のジョージ・チャキリスが、 「Mandy」と「Love, You Didn't Do Right by Me」のナンバーでバック・ダンサーを務めた。 脚本はノーマン・クラスナーと、シリーズ最高傑作と評された『アラスカ珍道中』(45)の脚本を手掛けたノーマン・パナマとメルビン・フランクが担当し、 監督には『汚れた顔の天使』(38)や『カサブランカ』(42)などの名作を手掛けた職人監督マイケル・カーティスが起用された。 バーリンはこの映画のために『スイング・ホテル』でクロスビーが歌って大ヒットしたタイトル曲「ホワイト・クリスマス」や、 最初のトーキー『ジャズ・シンガー』(27)でも歌われた「ブルー・スカイ」などのスタンダード・ナンバーから、 新曲「Count Your Blessings Instead of Sheep」まで、新旧織り交ぜた14の曲を提供。 今作はパラマウントが新たに開発したワイド・スクリーン方式 「ビスタビジョン」で撮影され、先発のシネマスコープのように横長すぎず、より鮮明な画面は好評を持って迎えられた。 「ビスタビジョン」の記念すべき第1作として公開された今作は絶大な人気を得して、 1200万ドルもの配給収入をあげて54年度の興行収入第一位となり、50年代に公開されたミュージカル映画の中でも5位の好成績を記録。 主題曲「ホワイト・クリスマス」 も再び大ヒットして、42年から87年までに全米だけで1億7000万枚以上の売り上げを記録してクリスマス・ソングのベストセラーとなった。 第27回アカデミー賞では、「Count Your Blessings Instead of Sheep」が歌曲賞にノミネートされたが無冠に終わった。


MAIN | FILMS | STARS & MAKERS | DICTIONARY | HISTORY | BBS | OTHRES