「ドラえホン」

2月23日放送の「トゥナイト2」で紹介されていたPHS「ドラえホン」(NTTパーソナル)を、下平さやかアナ(以下"さやかちゃん")がとっても欲しがっていたので、この「ドラえホン」の主な機能と実際使った感想を紹介します。

これが「トゥナイト2」での会話です。

最新ハイテク商品の話題で「ドラえホン」を紹介。
リポーターの菊池美緒が「前から言ってましたよね、ドラえホン」
さやかちゃん「そう!みんなに欲しいでしょ?って言うと、
使うのちょっと恥ずかしいって言う人が多かったんですけど、
でもそれ以上に機能満載だから、すごいですよね!」
・・・・・・・・・・・・
最後にさやかちゃんが「でも今、手にはいるんですか?」と聞くと、
菊池「今、待ちみたいなんですよ!」
さやかちゃん「そっか、あー欲しい〜」。


「データ」

身長:111mm(アンテナ突起部除く)
:約53mm
厚さ:約22.3mm
体重:約82g
容積:約85cc
連続待受時間:約550時間
連続通話時間:約6時間


〜「ドラえホン」だけの機能〜


〜その他の主な機能〜


ドラえホンの表示価格は(トゥナイト2によると)20.000円だが、実勢価格は7.000円から8.000円ぐらい。
買い替えだと、もっと安いと思う。
これに、手数料が3.000円ぐらい。

毎月の基本使用料は「2.700円(プラン270)」と「1.980円(プラン198)」の2通りがある。
「プラン270」の3分間の通話料金は、区域内、隣接および20Kmまでが、平日昼間は40円。
「プラン198」の通話料金は「プラン270」の1.5倍。

携帯電話、自動車電話にかけると、距離、時間帯にかかわらず10秒10円。

「32Kデータ料金プランF5」に申し込むと、1カ月2.900円(5時間まで)で32Kデータ通信を利用できる。
5時間を超えた部分は通常の通話料金がかかる。

最近は携帯電話の料金値下げなどで人気のないPHSだが、このドラえホンは人気があるらしい。

実際に街中でドラえホンを使ってみたが、以外と注目されなかった。 地域性かもしれないが・・・(札幌)


ホームへ