[↑index]

タイトルのバーチャル日記というのは二つの意味が込められてます。
  1. ネットという仮想空間に置かれた日記
  2. バーチャル女性(^^;;としての行動などを記した日記

なお、この日記はウケ狙いが主な目的ですので、内容のすべてが実際に起きたこととは限らない、ということをあらかじめ断っておきます。


2006年1月14日

今日は、今年初めての女装外出。去年の年末に注文した眼鏡を受け取ってから、本を数冊、スカートを二着買いました。
デパートAの入り口前で女の人に声を掛けられ「すいません、デパートBはどこですか?」と尋ねられたので、教えました。
パスとかリードとか、気になるのは確かです。しかし、そういったことを抜きにして、私の見た目が、道に迷っている人にとって、声を掛けるのがためらわれるような状態で無い事が確認できたのは、うれしいです。
誰だって、見るからにアヤシイ人や恐い感じの人は避けて尋ねますからね。

あと、スカートを買った時、デパートの割引カードをしきりに薦められたけど、そのカードは入会時に身分証明書が必要なようなので、断りました。
美容院のお客さまカードとか、今回眼鏡を買ったチェーン店のカードは、身分証明要らなかったのにね。

2004年1月6日

今日は、病院に行きました。小学生ぐらいのときから悩まされてきたことだけど、最近症状がひどくなってきていたので、ついに病院に行くことを決意したのです。
で、ホルモンを処方されました。副作用があるとか、ある程度続けていると止めたときにリバウンドが有るとか、恐い一面も知っていたのでこれまで避けてきたのです。

薬は確かに効果が有りました。
ひどくなっていた湿疹が治まって、痒みも減りました。
処方されたのは副腎皮質ホルモンでした(^^;;

2002年4月13日

今日は、秋葉原に出かけた。黒のジャケットに白いニット、黒の膝下ぐらいのスカート。
そう、いま話題の(^^;;ゲーム「トランス」を買いに「女装して出かける」わけです。
(ゲームした人はわかりますね(^^;;)
ポイントカードもあるし、駅から近いということでLaoxのゲーム館へ、パソコン用ゲームのフロアに行こうとエレベーターに乗ったら、上りと下りを間違えて、地下へ、、18才未満立ち入り禁止なフロアだったんです、、恥ずかしかった。
で気を取り直してパソコン用ゲームのフロアで発見。マニア向け(^^;;で出荷数もあまり多くないと言う話でしたが、4月4日(^^;;発売の新作だったせいか結構たくさん置いてありました。でもポイントカードはゲームでは使えないとか言われてがっかり。
で、まだ26通りあるエンディングのうち3つしか制覇してない私が言うのもなんだけど、前に買った某社会現象にまでなったアニメのゲームよりずっと面白いです。

2002年3月16日

今日は、久しぶりに昼間の渋谷に出かけた。(いつもデパHで夜中と朝方ばかりだから)黒のジャケットに水色のシャツ、黒の膝下ぐらいのスカート。
ハチ公前のスクランブル交差点でいきなり「そのメガネ素敵ですね」とか声をかけられた。美容院だかなんだか分からないけど、イメージキャラクター(?)にならないかとか言われた。でも「学生さんですか?」は無いでしょう(^^;;かぞえで30才の人に、、
結局「あれ?おねえさんですよね?」とか言われてバレたし、信号も緑色になったので逃げた。
からかわれただけかな?

2002年1月20日

黒のコートと黒の膝丈スカートでお出かけ、今日は

内山 怜也さん サイン会
開催日:1月20日(日) 午後1時〜 (於:書泉西葛西)

『少女美少年☆怜也15才』  本体価格 1、905円  三和出版 発売

*整理券は西葛西,ブックマートにて受付します。
*写真撮影可(予定)

ということで、早めに行って場所を確認、近くのド○ールで昼食をとってから本屋に戻る。
しばらくマンガとかを見繕っていると「サイン希望の方はこちらのレジで、、」とか聞こえてきたので、レジで写真集代2000円を払って引き換え券(?)を受け取る、で怜也くん登場。
うん、写真通りかわいい。声も普通にちょっと低い声の女の子。
サインを書いているところとピ−スをしている写真2枚撮った。
怜也くんと同じ年頃の女の子、私と同じ歳ぐらいのヲタクくん、おばさまからが多かったかな。でもおじさんやおじいさんおばあさんもいた。
怜也くんと同じ歳ぐらいの男の子がいなかったのが、ちょっと残念かな、、

2001年11月11日

黒のジャケットと黒の膝丈スカート、足首までのブーツでお出かけ、駅の改札口で通勤に使っている定期券がつまってしまい、駅員さんが機械を開けて、取り出してくれた。本名と「男」と書いてあるのを見られた、、
美容院に行った。今回も前髪を切ってもらって後はそろえる程度。その後マンガを買ったりスカートを買ったりした。あとコンビニで2ちゃんねるとか兄ちゃんねるで話題の健康食品(?)を買ってみる。

2001年6月17日

昨日買ったスカートを履いてお出かけ、膝丈で黒に花柄なんだけど黒の薄手のカーディガンとのコーディネート、どういう色が私に合うのか把握して無いので無難な色になりがち。

以前から行きたかった東京都美術館の「アール・ヌーボー展」に行った。
私はアルフォンス・ミュシャの絵が大好きで、それを目当てに行ったのだけど、ミュシャの作品は5点ぐらいしか無かったのは、ちょっと不満。
でも日本の花器や印篭、着物に見られる昆虫などのモチーフやイスラムのガラスの器などに見られる植物を元にした紋様などを取り込んでいった様子が分かって興味深かった。
売店でミュシャの作品集を購入。

2001年6月16日

今日はあても無くお出かけ。出かけるちょっと前にTNJで知り合った人から電話をもらう。特に用事ってわけでも無く、近況報告って感じ。そう言えばTNJの催しもしばらく無いし、3月のGID研究会以降会ってないなあ。

で、CDや本を買って美容院(今回初めてのお店)でカット。前に置いてもらった雑誌も女性誌だし、女性としてあつかってもらったようだ。
レディースのシャツに膝丈のタイトスカート、メイクもしていたし、受け付けでも男女どちらでもあり得る名前を書いたから、まあ、当然でしょう(^^)

横や後ろの毛はそろえる程度、とオーダーしたせいか「髪の毛、伸ばしているのですか?」と聞かれた。
しがらみが無ければロングにしたいのだけど、普段はサラリーマン(^^;なので、あまり長くはできないかなあ。
その後スカートやら化粧品やらいろいろ買ってしまってお金が減ってしまったので、晩御飯は節約のためカレーライス、、

2001年5月5日

今日は春物のジャケットとサンダルを購入、どちらもベージュ系の色でそろえた。
茶色の膝丈スカートとあわせて、デパHに出かける。
なぜか今日は女装の人が多い。女子高生風の女装のひとに声をかけられる。
「女装の方ですよね」
「ええ、まあ(^^;」
「一瞬(男って)わかんないですね」

一瞬かあ、、うーん、まだ修行が足りないのかなあ

2001年3月3日

今日は、デパートメントHのある日、その前に昼御飯を食べてから美容院に出かける。
あ、、先月と全く同じパターン。
今日も混んでいて、1時間ぐらい待たされる。今回は前髪をちょっと短かめにしてもらったので、オトコとしては怪しさ1.2倍(当社比)

そのあと、King CrimsonのCDを購入、CDショップの会員カード(購入金額に応じたポイントをためると割引になるの)を作ることになって、身分証がいらないのをいいことに、女性名義で作ってしまった。
あとでよく見たら、「本人しか使用できません」とあった。電気屋のカードは「本人または御家族でも、、」というのがほとんどなのにね。
男性モードでその店に行った時はどうしよう、、

その後おなじ建物の洋服屋とか見てたら、けっこう安かったので試着して、買ってしまいました。ジャケットとスカートとパンツとノースリーブのワンピースの4点セットで10000円(^^)Y

いったん家に帰って、着替えてみたら、ワンピースがちょっと短いかな(私が女性にしては(^^;背が高いから)という感じで、しかも両サイドにスリットがあって、座る時に気を遣う。
オーソドックスなデザインのを選んだつもりだけど、このワンピースはかしこまった場所にはちょっと、、なので、今夜のデパHに来て行くことにして、ワンピースにジャケットを重ねていざ出発。

入り口で男の人に声をかけられる、二言三言かわしたあと、「オトコでしょ?」とか聞かれる。
声を出さなければバレなかったのかな?とか考えるけど、「関係者受け付け」(女装やコスプレの人は、受け付けのおねえさんのお眼鏡にかなえば500円で入場できる)で受け付けを済ませたからバレバレか、、

で、ショーが終わって会場内でぶらぶらしてたら、男の人に「最近よく来てるよね」とか声をかけられて返事してたら「えっ!オトコ?」とかびっくりされた。
私が、デパHによく集団で来てる「女装させてくれるお店」とかの出身(?)ではないことにもびっくりしていたみたい。その人とはメールアドレスを交換しました。
まあ、自己流でもそこそこ出来るものなんですよ。
自己流を20年ぐらいやっていて進歩しない人もいるみたいだけどね(藁)(^^;;

そのあと、別の人に「写真撮ってもいいですか」と聞かれた。ゴージャスな人とかドラァグな人とかを撮っているのかと思ったけど、初めてそのように言われてちょっとびっくり、でも「ごめんなさい」と言って断っちゃいました。

2001年2月3日

今日は、デパートメントHのある日、その前に昼御飯を食べてから美容院に出かける。
土曜の昼間ということで、けっこう混んでいたので、ちょっと時間潰しにウィンドウショッピング。

スーツとか見てたら、店員さんに声をかけられた。

「スーツをお探しですか?」
「ええ」
「通勤で着られるのですか?」

会社には男として通ってる私は、この言葉に弱い(^^;;
で、試着したのだけど、スカートは大丈夫なんだけど、上着の肩のところがきつくて、、

で、美容院でカットを済ませて、いったん家に帰り、晩御飯を食べてごろごろしてからデパートメントHに出かけた。
知らない人に声をかけられたと思ったら、ちょっと前に2、3回会ったことのある人だった。
実は私は名前を教えてもらうまで、誰だか分からなかったのだけど、私の事を覚えていてくれて、うれしい。

2000年6月25日

夏物の服を買おうと思って新宿まで出かけた。

マルイで水色のワンピースと同じ色のファスナーのジャケットを見ていたら店員さんにしきりに薦められて、試着した。9号のトールサイズでサイズ的にはきつく無かったけどお値段が私にはきつかった。

その後、無印良品に行って黒のノースリーブワンピースと黒のカーディガンを試着してみた。
透けるのが気になったのでスリップも購入した。

帰りに新宿駅の地下でいきなり女の人に声をかけられた

「新宿西口の○○美容室の者ですが、おいくつですか?」
(むむっ!エステの勧誘かな?)「2○才です」
「お仕事は?」
「会社員です。」(サラリーマンと言いそうになって、あわてた)
「お肌の悩みあります?」
「いえ、特に」(ヒゲが生えるんです、とか言ってみるのも面白かったかも)
というやり取りの後、解放してくれた。

うーん、、女の人と思われていたのか?からかわれていたのか?わからない、、

2000年4月9日

今日はレディースの服を着ている(黒のスーツ)わりには、女の子らしく無く(^^;神田で古本漁り、Keith Emersonの載っている雑誌やマンガをたくさん購入。

神保町駅前で美容院のビラをもらって、私はある決意をした。
そうだ、髪も少しのびて来たことだし、この恰好で美容院へいこう!

家の近くのちょっと大きめの駅の駅ビルに美容院があったのを思い出して、その駅まで行く、でも駅ビルの美容院のあるフロアでうろうろ、、
レディースの服を買うときとは違って、途中で逃げることが出来ないし、かなり近付かれるし、生え際とか見られるので、間違い無くバレるだろうし、、

で30分ぐらいベンチに座ったりして迷ってたかも、、で美容院に入ってみると、初めてだということで「お客さまカード」を書かされた。
名前は男でも女でも通用しそうな名前を書いてみる。住所、電話番号、生年月日、血液型まで書く欄がある。でも性別欄はあえて埋めなかった(^^;;

一応女性として扱ってくれたようで、渡される雑誌も女性自身とか、MOREとかの女性誌。料金もレディース料金(男性よりちょっと高い)。

バレバレなんだろうけど、女性として扱ってくれて一安心。まあ、ヒールのある靴履いて、タイトスカートはいてて、メイクもしてる人が来たら、女性扱いするでしょう。会員カードももらったし、また髪がのびたら行こう。

2000年1月16日

新宿南口の東急ハンズの1階で、ムーぽんのマグカップとか眺めていたら、いきなり肩をたたたたかれた。振り返ってみると30代ぐらいの女性がいた。

知っている人かと思ったが、記憶に無い。

「すいません。もし、間違っていたらごめんなさいね」とか言われたので、
オトコだとバレれたのか?
それにしても、わざわざ言ってくるのも変だな?と思っていたら、

「私、霊感とか強いんですけど、最近、身の回りに亡くなった方いません?」
と聞かれた。

「いません」
「あ、そう、本当にごめんなさいね」で会話は終わったのだが、、

私は、霊も魂も気も電波も見えないので(電磁波の一部は見えます、可視光線)良く分からないのだけど、「オトコの気」とかが取り憑いていたのかも知れない。(^^;;

1999年12月11日

ボーナスも出たし、服とか靴とかほしい!というわけで、新宿に出かけた。

アルタの前で男の人に「伊勢丹はどちらですか?」と尋ねられる。びっくりして「わかりません」とだけ答えて逃げる。
まっすぐ歩いていけばいいだけなのに、わざわざ尋ねるのも変だなあ?ナンパの一種?

これまでユニセックスなスニーカーみたいな靴しか無かったので、ワシントン靴店で、ハイヒールついに購入。
サイズは25.5です。
2丁目のおねえさま御用達だからか、店員さんもふつうに対応してくれる。

伊勢丹でロングスカートを見ていたら、店員さんに「どうぞ試着して下さい」と言われて、断ることもできず試着した。ウエストのサイズは64 cmだったが、きつく無い。店員さんは腰のあたりを確かめて「サイズはこれで大丈夫ですね」といった。
同じ生地でできた上着も一緒にどうですか?と勧められたが、値札を見て、、スカートだけにした。

テレクラの(女性専用の電話番号のかかれた)ティッシュももらえるし、コンビニで支払いの時にピンクのボタンを押されるのだけど、自分が女として見られているかどうか確信が持てない、、
さすがに指差して笑う人はいないけど、すれ違う人がそう驚く顔をすることも無い。


[↑index]