1.BE-BOP DELUXE(w/BILL NELSON) 不完全ディスコグラフィー
 
BE-BOP DELUXEは70年代半ばポストグラムロックバンドとして英国ロック界に忽然と現れ、5
年近くの活動の結果、パンクブームに世間がわき返る中でひっそり解散してしまったグループで
ある。そのサウンドリーダーはほとんどの曲を書いていたギタリスト兼ボーカリストのビル・ネ
ルソンである。彼はBE-BOP DELUXE解散後もRED NOISEというこれまた時代に早すぎたバンドで
1枚のアルバムを制作し、その後ひっそりとソロ活動とセッションを行いながら、今日に至って
いる。かつて高橋ユキヒロのバンドメンバーとして活動していた時期もあるので、名前はご存じ
の方も多いと思う。
 
私がBE-BOP DELUXEを初めて聴いたのは、昔NHK−FMで放送していた「ヤングジョッキー」
という番組でBBCライブ特集というのがあって、彼らの演奏がON−AIRされた時であった。
その時はかっこいいバンド名だなあとは思ったが肝心の音のほうはさして印象に残らなかった。
しかし、その時のON−AIRを録音したテープを繰り返し聴いているうちにだんだん彼らの
凄さがわかり始めて、「こりゃあ、えらいこっちゃ」とレコードを買いに行ったのが、丁度大学
に入りたてのころだったように思う。ただ残念なことにBE-BOP DELUXEはこの前年ぐらいに解散し、
リアルタイムでの進行はRED NOISEからとなってしまう。というわけで初めてRED NOISEを聴いた
時は正に衝撃的だった記憶がある。(ついでにこちらも「ヤングジョッキー」で渋谷陽一が新譜
としてON−AIRしたときに初めて聴いた記憶があるなあ。)
 
というわけで、なんだかんだ思い入れの深いバンドである彼らのディスコグラフィーを作ろうと
安易に考えてしまったのである。現役時代にリリースされたオフィシャルアルバムはたかだか6枚
ほどだし(除くRED NOISE)、ボウイあたりのディスコグラフィーを作るより遥かに楽だろうと
思ったのだが、これがちょっと甘かった。ビル・ネルソンの公式HPで確認するとCD時代になって
からベストだのBBCライブだの私の知らない物がうじゃうじゃ出ているようなのだ。
はなから根気のない私はこの時点でコンプリートなディスコグラフィーの制作を諦め、手元のアナ
ログ盤だけでレビューを書こうと決意する。まあそういうことなので、あまり精緻なものを期待せず
BE-BOP DELUXEを聴いたことがない人の参考にしていただける程度のものと思って下さい。
ビル・ネルソンのソロも含めて完全なディスコグラフィーをお望みの方はこちらへ〜↓↓
 
ビル・ネルソン公式HP
 

 
・NORTHERN DREAM 8/22
・AXE VICTIM
・FUTURAMA
・SUNBURST FINISH
・MODERN MUSIC
・LIVE IN THE AIR AGE
・DRASTIC PLASTIC
・SOUND-ON-SOUND (Bill Nelson's RED NOISE)
・THE BEST OF AND THE REST OF BE-BOP DELUXE 8/22
・Do You Dream In Colour ? 8/22
 

戻る