氏名 よみがな 職名 本名 生没 出身地 家系 経歴 当り役・代表作
青木千八郎 あおきせんぱちろう 新派俳優   M元〜S12 下野国(栃木) 父は国学者 県庁・裁判所勤務の後、M22初舞台。川上音二郎一座、本郷座で活躍。  
青柳捨三郎 あおやぎすてさぶろう 新派俳優   安政2〜? 大坂   元壮士。川上音二郎一座の旗揚げに参加。晩年は不明。 「板垣君遭難実記」板垣。
阿木翁助 あぎおうすけ 劇作家・放送作家 安達鉄翁 M45〜 長野県   S5上京。築地小劇場演劇研究所屋→S10ムーランルージュ文芸部→吉本興業新喜劇座→S12松竹新派文芸部。戦後は放送作家として活躍。S33日本テレビ芸能部長→S44制作本部長。S40日本放送作家協会理事長。 「女中哀史」「冬の星」「長女」「青い林檎」(以上戯曲)「花のゆくえ」「花くれないに」(以上ラジオ)「徳川家康」「悪魔の侵略」(以上テレビ)
浅香光代 あさかみつよ 女剣劇スター 北岡昭子 S6〜 東京・神田駿河台   9才の時、小森昭子の名で初舞台。戦後、浅香光代で座長になり、昭和20年代浅草のの女剣劇隆盛時代を築く。タレントとしても活躍するが芸道一筋。今も浅草を本拠地に活躍する芸人中の芸人。演劇舞踊浅香流家元でもある。一時劇団に一条久枝が在籍した。 長谷川伸「瞼の母」番場の忠太郎、「一本刀土俵入り」駒形茂兵衛
秋月桂太郎 あきづきけいたろう 新派俳優 永田秀雄 M4〜T5 名古屋   日本銀行勤務後、役者となる。M26横浜蔦座の福井茂兵衛一座で初舞台。大阪朝日座を中心に活躍。S29成美団結成に参加。喜多村緑郎を相手役に関西新派隆盛期に活躍。 「金色夜叉」貫一
東辰夫 あずまたつお 新派俳優 布下信吉 M15〜? 東京   山口定雄一座→河合武雄門下・公衆劇団  
阿部洋子 あべようこ 新派俳優 安部陽子 S7     S23初舞台。S24幹部昇進。S47舞台で事故にあい、その後引退。初代水谷八重子の後継者として嘱望されていた。  
伊井友三郎 いいともさぶろう 新派俳優       養父=新派俳優・伊井蓉峰 二枚目俳優。戦後は貴重なワキ役。  
伊井蓉峰 いいようほう 新派俳優 伊井申三郎 M4〜S7 東京・日本橋 父=写真師・北庭筑波。養子=新派俳優・伊井友三郎 三井銀行勤務後、M24川上音二郎一座の俳優募集に応募、すぐに退座。浅草吾妻座で済美館運動に参加。M28伊佐水演劇。M35から真砂座を本拠地に近松やシェイクスピア劇へも芸域を広げる。M42新派大合同で座頭。T元明治座座主。新派三頭目時代を形成。S5本国劇で失敗。 「不如帰」武男。「婦系図」早瀬。「金色夜叉」貫一
生駒雷遊 いこまらいゆう 活弁士 生駒悦 M28〜S39 岡山県   伊井蓉峰門下から弁士になる。常磐座の「笑の大国」に参加後、漫談に転向。S31廃業。  
伊志井寛 いしいかん 俳優 石井清一 M34〜S47 東京 父=落語家・4代目三升家小勝。母=竹本清之助。妻=小唄・三升延。長女=テレビプロデューサー・石井ふく子 T8竹本津大夫門下で津駒大夫→T11松竹蒲田で映画俳優→S3喜多村緑郎門下。S14新生新派以降は大幹部。テレビにも出演。母・竹本清之助は榎本滋民「たぬき」の主人公のモデル。 テレビ「カミさんと私」
一条久枝 いちじょうひさえ 新派俳優 金沢久代 T9〜     初代英太郎の弟子としてS10新派入り→関西歌舞伎→浅香光代一座→S31新派復帰。  
戌井市郎 いぬいいちろう 演出家 戌井市郎右衛門 T5 京都・祇園 母=新派俳優・喜多村緑郎の子。養父=都山流尺八の師匠。 中学卒業後家族で上京。養父の弟子に秋田雨雀を紹介され、その関係でS10創作座入団、俳優や裏方をする。S12文学座創立に舞台監督として参加、修業を重ね、今や文学座はおろか新派をも支える演出家。文学座代表幹事。 森本薫「女の一生」、有吉佐和子「華岡青洲の妻」、三島由紀夫「鹿鳴館」、新派「婦系図」「日本橋」他多数。
井上正夫 いのうえまさお 俳優 小坂勇一 M14〜S25 愛媛県・砥部村 父=陶磁器の仲買人 大阪で陶磁器商に奉公後成美団に感動、旅回りの一座に入門、小坂幸二。矯風会→大成団(酒井政俊一座)で井上正夫と改名→M37上京、真砂座出演、M43新派を離れ新時代劇協会を組織、翻訳物や新作を演じるが不評→新派復帰、連鎖劇、映画出演→井上演劇道場発足(中間演劇) 「酒中日記」、「大尉の娘」
岩尾慶三郎 いわおけいざぶろう 新派俳優 岩崎仙之助 M元〜M36 京都   川上音二郎一座→成美団  
岩崎蕣花 いわさきしゅんか 劇作家・脚色家   元治元〜T12 江戸   3代目河竹新七門下で河竹信三。川上音二郎一座の座付きになる。晩年、日活のシナリオも書いた。 「意外」、「又意外」、「又々意外」、「楠政成」、「乳姉妹」、「金色夜叉」
岩田庄之助 いわたしょうのすけ 新派俳優   不詳     川上音二郎一座旗揚げに参加。後、歌舞伎に転じ嵐寛車。  
岩田祐吉 いわたゆうきち 映画俳優   M20〜S55 岐阜   公衆劇団→T9松竹蒲田。新派もの映画でスターになる。  
梅島昇 うめしまのぼる 新派俳優 福島卯三郎 M20〜S18 東京   川上音二郎のお伽芝居で初舞台→高田実門下→水野好美一座→女芝居・井上正夫一座・成美団にも加わる。S17新派正劇を起すが失敗、引退する。 「婦系図」早瀬。「金色夜叉」貫一。「不如帰」武男。「滝の白糸」欣弥。
榎本滋民 えのもとしげたみ 劇作家・演出家・演芸評論家   S5〜 東京   S36新派「花の吉原百人斬り」でデビュー。川口松太郎の後継者とも呼ばれた。演芸に造詣が深く、商業演劇、歌舞伎脚本も書く。昭和・平成を通じた演劇界の才人。独歩の人。 「花の吉原百人斬り」「たぬき」
大矢市次郎 おおやいちじろう 新派俳優   M27〜S47 東京・浅草 養子=新派俳優(女形)・大矢秀雄 M40真砂座で初舞台。苦労を重ねた後、伊井蓉峰や水野好美一座に出演、藤原六輔門下で藤原宗六。旅興行を経て東京の新派に定着。S14新生新派結成に参加。 「日本橋」五十嵐伝吉。「婦系図」酒井俊蔵。「鶴八鶴次郎」番頭佐平。「風流深川唄」利三郎。「明治一代女」巳之吉。
小川虎之助 おがわとらのすけ 新国劇・映画俳優 小川寅次 M30〜S42 東京・浅草   新派の子役から新国劇に入団、大幹部となる。S21退団、映画俳優に転向、溝口健二や黒沢明の作品など多数に出演。 黒沢明「七人の侍」
金泉丑太郎 かないずみうしたろう 新派俳優         M24川上音二郎一座旗揚げに加わる→三友会。  
金田龍之介 かねだりゅうのすけ 俳優   S3〜  東京  父=興行師 5才で大阪天満・八千代座で初舞台。学校を卒業、化粧品会社で働きながら青猫座で演劇活動。S31上京、劇団新派で伊志井寛の弟子になる。テレビに出演多数。  
上山草人 かみやまそうじん 映画俳優 三田貞  M17〜S29 仙台   新派→文芸協会→近代劇協会→T12渡米、ハリウッド入り→S4トーキーの出現で帰国→松竹 「バグダットの盗賊」
河合武雄 かわいたけお 新派俳優(女形) 内山武次郎 M10〜S17 東京・築地 父=歌舞伎俳優・5代目大谷馬十 父に反対され独力で俳優となる。M26山口定雄一座で初舞台。様々な劇団に出演、沢村百之助として4代目源之助の巡業にも加わる。M31浅草常磐座に出演した頃から人気が出る。新派全盛期の大看板。新派三頭目時代を築く。近松や翻訳劇もこなしローシーの指導も受ける。 「仮名屋小梅」小梅。「「己が罪」環。「「乳姉妹」君江。
川上磯二郎 かわかみいそじろう 新派俳優       娘=川上鶴子(映画俳優早川雪洲の妻) 川上音二郎の欧米巡業団に加わった俳優。アメリカ公演の時、娘鶴子をもうけるが、置いたまま日本に帰国した。  
川上音二郎 かわかみおとじろう 新派俳優・興行師   文久4〜M44 博多 父=藩主黒田家の御用商人。妻=川上貞奴 新派の大立者。元壮士。自由民権運動に関わった後、壮士芝居を始める。時代を見るに聡く4度の海外公演を行い、日本演劇の輸出(歌舞伎と思われていた)欧米演劇の輸入、劇場の西洋化、女優の養成も行い、戦争劇で当りをとるなど改良時代の寵児。M40引退、興行師に専念。 「板垣君遭難実記」。「以外」三部作。「義血侠血」。「オセロ」他多数。
川口松太郎 かわぐちまつたろう 劇作家・小説家   M32〜S60 東京・浅草 妻=三益愛子。長男=川口浩。 久保田万太郎に師事。S15新生新派の主事。新派演劇を代表する劇作家の一人。 「鶴八鶴次郎」。「風流深川唄」。「愛染かつら」の作者でもある。
川田芳子 かわだよしこ 映画女優   M28〜s45 新潟市   新橋芸者を経てT3初舞台。主に新派の舞台に立つ。T9松竹蒲田撮影所第一回作品「島の女」に主演。女形中心だった映画界で初のスター女優となる。  
川原市松 かわはらいちまつ 新派俳優(女形) 川原浅太郎 M24〜T14 東京   歌舞伎の子役からM41伊井蓉峰に入門。関西新派で活躍。  
川村花菱 鷯かわむらかりょう 劇作家・演出家 川村久輔 M17〜S29 東京・牛込   藤沢浅次郎の俳優学校の教師から、M45有楽座の土曜劇場、芸術座の実務を経て新派の脚本演出に携わる。  
河村黎吉 かわむられいきち 映画俳優 河村石五郎 M30〜S27 東京   新派の舞台を経てT10松竹蒲田へ転じる。 「酒中日記」、小津安二郎「懺悔の刃」、社長シリーズ、他。
喜多村緑郎 きたむらろくろう 新派俳優(女形) 喜多村六郎 M4〜S36 東京・日本橋 薬種商の伜 芝居好きが高じてM25北村みどりで初舞台。伊井蓉峰の妹役。多くの劇団で経験を積んだ後、M29大阪で成美団結成。M39帰京、本郷座時代を築く。大正昭和期も活躍。新派三頭目の一人で常に第一人者だった。 「婦系図」お蔦。「日本橋」おこう。他多数。
木村猛夫 きむらたけお 新派俳優(女形)   ?〜T13     川上音二郎一座・福井茂兵衛一座を経てM29大阪で成美団結成に参加。  
霧立のぼる きりたちのぼる 女優 島田ミキ T6〜S47 東京   宝塚少女歌劇から東宝映画へ。ヒロインを演ずる。戦後舞台に転じ、S30新派入団。 山中貞雄「人情紙風船」
久保田万太郎 くぼたまんたろう 小説家・劇作家   M22〜S38 東京・浅草   慶応大学在学中に作家の頭角を示す。文壇で確固たる地位を築いた後、大正中期より新派の為に脚色・演出をする。S13文学座創立。演劇協会会長。  
郷田悳 ごうだとく 劇作家 前田徳太郎 M38〜S41 大阪 袋物商の伜 家業をしながら劇作を始め、白井松次郎に見出される。S11関西新派「愛欲」で劇作家デビュー。 「船場の夢」、「春雷」他多数。
幸徳秋水 こうとくしゅうすい 壮士・社会運動家 幸徳伝次郎 M4〜M44 高知   中江兆民の書生時代、角藤定憲一座旗揚げの演目「勤王美談上野の曙」国野民平獄舎の場を執筆。後、大逆事件で処刑される。  
小織桂一郎 さおりけいいちろう 新派俳優 西巻行蔵 M2〜S18 新潟   川上音二郎一座でM24中村座で初舞台。M29成美団旗揚げに参加。公衆劇団→松竹家庭劇。関西新派全盛時代の代表的名優。  
桜緋紗子 さくらひさこ 宝塚女優・新派俳優 小笠原不二子 T3〜 広島   S5宝塚歌劇で初舞台、ヒロインとして活躍後、S15退団、新生新派入団。花柳章太郎の相手役になる。舞台を退いて宝塚ファン相手の土産物屋に携わっていたが、交通事故に遭ったのをきっかけに仏門へ入る。法名は小笠原日凰。  
佐藤歳三 さとうとしぞう 新派俳優   M2〜? 鳥取   巡査から自由党壮士になる。M24角藤定憲一座で、角藤の代役を勤め初舞台。その後上京して、伊佐水演劇を結成。歌舞伎役者に立会演劇を要求するなど、元壮士らしい熱血漢。晩年は消息不明。 「金色夜叉」荒尾。「不如帰」片岡中将。
沢田正二郎 さわだしょうじろう 新国劇俳優   M25〜S4 滋賀   早大在学中、逍遥の文芸協会に入りM45「ヴェニスの商人」で初舞台→芸術座で松井須磨子の相手役→美術劇場→桝本清と新時代劇協会結成→芸術座復帰→T6新国劇旗揚げ、関西で成功する。東京凱旋後も活躍、映画にも進出。新派とは直接関わらなかったが、同時代を生きた大俳優。 「月形半平太」、「国定忠治」、「大菩薩峠」他多数。
澤村源之助 さわむらげんのすけ 歌舞伎俳優(女形) 沢村清三郎 安政6〜S11 大坂 養父=歌舞伎俳優・3代目澤村源之助 4代目。M3森田座で初舞台。清三郎→2代目清十郎。M15新富座で4代目源之助を襲名。団菊の相手役に抜擢されるが、緞帳芝居に出勤したため締め出される。小芝居の人気者となり後、大歌舞伎にも復帰。田圃のの太夫。悪婆物で知られる。明治一代女花井お梅の役者買いの相手。 「切られお富」、「蟒お由」、「鬼神のお松」
静間小次郎 しずまこじろう   静間小二郎 慶応4〜S13 山口   小学校教師→巡査→M24川上音二郎一座旗揚げの東京中村座「板垣退助遭難実記」で初舞台。翌年、京都で金泉丑太郎・木村周平と三友会結成。30年代後半から40年代にかけて新京極・明治座で常打興行。静間演劇とも呼ばれ、新派全盛期の京都の座頭的存在。  
実川延若 じつかわえんじゃく 歌舞伎俳優 天星庄右衛門 M10〜S26 大阪 父=歌舞伎俳優・初代実川延若 2代目。父は中村宗十郎と二枚看板で明治前期の上方劇壇を背負って立った人。父の死後M19中村宗十郎一座で初舞台。芸域が広くM30年代後半、新派に触発されて「乳姉妹」「不如帰」を上演。M38朝日座の新派興行に単身出演するほどの行動派だった。 「夏祭」の団七、「すしや」の権太、「乳貰い」の四郎二郎、他多数。
柴田善太郎 しばたぜんたろう 新派俳優   M8〜S15 東京   M24新聞広告の募集を見て川上音二郎に入門。その後、自らも一座を率いて活躍した。  
菅原謙次 すがわらけんじ 新派俳優 小松原重政 T15〜H12 東京 父=常磐津勝蔵。妹=スペイン舞踊・小松原庸子。 俳優座養成所卒業後、S25大映入社、二枚目で活躍。「七人の刑事」でテレビでも人気を得る。S42〜新派に客演、S48劇団新派正式入団。花柳章太郎亡き後の貴重な二枚目として新派を支える。晩年は老役でも味を見せた。  
角藤定憲 すどうさだのり 新派俳優   慶応3〜M40 岡山 士族の出身 壮士芝居の開祖とされる。巡査から自由民権運動に身を投じ自由党壮士として演説会や寄稿活動をする。M21大阪新町座で、中村宗十郎の弟子に指導を受け中江兆民らの後援で一座を旗揚げ。これが新派の嚆矢ともいわれる。晩年は不遇だった。 「快男児」
瀬戸英一 せとえいいち 劇作家   M25〜S25 大阪・曽根崎 父=作家・瀬戸半眠。弟=新派俳優・2代目瀬戸英一。 初代。岡鬼太郎に師事し劇評をした後、伊井蓉峰一座の作者→松竹文芸部で新派脚本の創作・脚色をする。花柳界物が得意とする新派の重要な作家。 「二筋道」
瀬戸英一 せとえいいち 新派俳優 瀬戸日出夫 M34〜S37 東京 父=作家・瀬戸半眠。兄=劇作家・初代瀬戸英一。妻=新派俳優・瀬戸よう子。 2代目。伊井蓉峰門下。子役で歌舞伎・新派の舞台に上がる。初代没後、S102代目襲名。S14新生新派結成に参加。2代目村田正雄と組む。養女で新派俳優の瀬戸よう子と結婚。  
瀬戸英一 せとえいいち 新派俳優 奥村洋       3代目。初代水谷八重子門下。S52襲名。後、廃業。  
千石規子 せんごくのりこ 映画俳優 森礼子(旧姓酒井) T11〜 東京・北多摩   ダンサー・新派・新劇を経て、S22東宝入社。黒沢明作品で脚光を浴びる。テレビでもお馴染の個性派女優。 黒沢明「酔いどれ天使」、「静かなる決闘」、「生きものの記録」など。テレビ「雲のじゅうたん」
曽呂利新左衛門 そろりしんざえもん 落語家 猪里重次郎 弘化元〜T12 大坂・北堀江 大坂新町の悉皆屋倉橋屋与兵衛の子 幼少期より素人落語に熱中し18才で勘当され幇間になるが失敗。紆余曲折浪々の末、M29客分として加入した三友派で後、会長になりM43引退。一時、一座旗揚げ前の川上音二郎らが弟子入りしていた。 「三枚起請」、「下の関水」、「虱茶屋」


ホームへ 前のページへ