仏像彫刻と法話の世界仏像の霊験記集トップ仏師、瑞雲の法話最新版仏像ドットコム・東洋仏所仏像事典(写真画像付き)仏師、松田瑞雲の略歴

大黒天(仏像霊験記)

   
 大黒天 三面大黒天 

大黒天霊験記1

徳川家康公は大黒さまを崇敬していたというお話
 太閤秀吉が三面大黒さまを福の神として信仰したことは、秀吉の念持仏としたと伝わる京都、円徳院の三面大黒天像秀吉型などが伝わり、よく知られているが、徳川家康公にいたってはあまり知られていない。
 徳川家康は、ある時大黒さまの夢を見てこれは吉夢だとして、奈良の甲冑師に命じて大黒頭巾形の兜(かぶと)を用いた具足を造らせ、これを御霊夢形といって大切にしたという。天正十二年(1584)に家康が羽柴秀吉と小牧、長久手で戦ったとき、勝川という所でこの具足を着けて戦い大勝利したので勝川の具足と名付けられた。
 また、家康は天正十年に信長に招かれ上洛した帰りに、明智光秀が本能寺で信長を襲ったでのあるが、身の危険を感じたのか、三河に帰る途中に漢国神社に大黒頭巾形の兜がついた具足を奉納している。
 晩年の家康は肥満していて自分を大黒天のように福々しく描かせ耳も大黒耳のように福相として頭巾を被らせている。二百七十年も続いた天下泰平の江戸時代を開いた立役者には大黒様のイメージが似合ったのであろう。
 家康の大黒崇拝は、大黒様が、そのルーツがインドの神様で、全てのものを破壊し、また救うマハカラ、シバ神の化身という忿怒形(ふんぬぎょう)の恐ろしい顔をした神であったが、日本に伝わってにこにこ顔の福徳を強調した福の神に変わっていく過程での中世頃の戦闘神として信仰された例である。

大黒天霊験記2

江戸時代、大黒に祈ったら床下から金が出てきた話
  
江戸時代の後期、下級武士から勘定奉行・町奉行まで出世した根岸肥前守鎮衛(やすもり)が書いた随筆「耳袋」の中に「大黒に祈りて福を得し事」というのがあります。
 元禄の頃、浅草に善五郎という大変正直な者がいて、大黒様を念じていたが霊験がないままでいた。あるとき、夢に大黒さまが現れ傍らに金銀財宝がたくさんあるのを見て、「私は長年大黒天を祈念しているから少し私にも恵んで欲しい」と頼みました。
 その後、夢のお告げに随って色々なことがあり家の床下の土中から金三百両が出てきました。夫婦はこの金を元手として懸命に働きましたので程なく裕福な身となったということです。
 大黒天霊験記3
鼠が大黒の木像のお顔をかじるほど金持ちになったという話
  明治時代の話ですが宮城県のとある村に山村喜七郎という農民がいました。素は大変貧乏な家の出でしたが、あるとき隣村から家に帰る途中たまたま木像の大黒天を拾いました。喜七郎は「福の神を得たり」と大いに喜んで、それからというもの朝に夕に大黒様を信心して仕事に精を出し今は村で一番の裕福な身となりました。 これもひとえに、大黒のご利益なりと立派な神棚を作りご安置申し上げ益々前にも増して崇敬しているらしい。
 ところで、鼠(ねずみ)は大黒さまのお使いものとて鼠の暴れるまま放置していたところ、鼠が大黒の木像のお顔をかじったといいます。このようなことは平成の世でも良くあり得ることですから、大切なご木像を守るには鼠やゴキブリの駆除はしましょう。

(■引用文献 大黒天信仰と俗信 笠間 良彦 雄山閣出版)
一口知識
阿弥陀如来
西方極楽浄土の主である阿弥陀如来さまは、アミタ(無量)アミターユス(無量寿如来)、アミターバ(無量光如来)と訳し、阿弥陀とは「計り知れない」という意味で極楽浄土に導いてくださる仏様。
不動明王
梵語でアチャラ、動かないことを意味する。不動使者ともいいお不動さん、お不動さまと呼ばれ親しまれている。
不動明王は大日如来の使者で、右手に剣を持ち左手に羂索(けんじゃく)を持つ。
鬼子母神
初めハーリティ(訶梨帝母)といい、他人の子供を奪って食べてしまう鬼神でしたが、お釈迦さまが彼女が一番可愛がっている末子を隠して、子を失う母の悲しみを諭しました。これより、鬼子母神(訶梨帝母)は仏教に帰依して、子供の守り神となった。
癒しの仏像かわいい仏様 こちらの作品群はお仏壇はもちろん、気軽にリビングルームや寝室に置いて、鑑賞と癒し、信仰が出来ますよう現代風にアレンジした瑞雲作オリジナルかわいい微笑仏集です。また、美術コレクションとしても注目度が高い創作芸術で、思わず微笑がこぼれるような愛らしさがあるお顔に自然と心が和み、殺伐とした現代にふさわしい癒し効果抜群の作品です。



仏像彫刻ワールド アート仏像 仏師、瑞雲の微笑仏 BIWCC仏像彫刻通信講座
[仏師、瑞雲の法話集][仏師、瑞雲のイベント][法味言上と信仰相談][仏像初詣][お問い合わせ]
Copyright 2010-2020 東洋仏所 仏師 松田瑞雲 無断転用禁止
仏像販売

1