仏像彫刻と法話の世界仏像の霊験記集トップ仏師、瑞雲の法話最新版仏像ドットコム・東洋仏所仏像事典(写真画像付き)仏師、松田瑞雲の略歴
十一面観音 全観音菩薩
長谷寺十一面観音
霊験記2
千手観音霊験記 観音霊験記1
危難救助編
観音霊験記2
除病編
観音霊験記3
幸福な結婚

長谷寺の十一面観音菩薩1
(仏像霊験記)


長谷寺式十一面観音菩薩像
瑞雲作 長谷寺式十一面観音菩薩像

長谷寺の十一面観音菩薩霊験記1

「わらしべ長者」 1本のわらから物々交換を重ね、ついに長者になれたのは長谷寺の十一面観音さまのお告げに従ったからだったという話。
 
今は昔、貧乏で身寄りのない青侍(あおさぶらひ 奉公人のこと)が長谷寺の十一面観音さまに「ご利益がいただけるなら夢で示して欲しい」と願をかけ、21日目の次の日の明け方、夢に僧が現れ「かわいそうだから授けものを与えてやろう、お前が寺を出て手に触れた物があったら捨てずに、たとえどんな物でも観音様から賜った物だと思うが良い」とお告げがあった。
 青侍がお寺の大門を出ようとしたとき、けつまずき、わらしべを手にする。それから不思議なことに、わらしべを身分のある女とミカン3個に交換し、出会う人ごとに、ミカン3個を布三反と、布三反を名馬1頭と、名馬1頭を田一町と米少しに次々と交換し、その後、田一町を近辺の人に小作させ家など建てて、ついに資産家になったのは長谷寺の観音さまの御利益である。観音の霊験はこのように全くあらたかなものである。
(今昔物語巻16の28)

長谷寺の十一面観音菩薩霊験記2

京に住む貧しい生侍(なまさぶらひ 奉公人のこと、青侍よりは年長)が長谷寺の十一面観音さまに3年間も参詣し祈願したところ、満願の日に死体を運ぶ人夫にさせられるはめになるが、その死体が黄金に変わって富裕になった話。
 
今は昔、ひどく貧乏な若侍が、長谷寺の十一面観音に「私のような前世の因縁が悪く貧乏な者にも、観音様の大悲の御利益を持ってお救いくださいと祈った。
 その後も毎月参詣して、このように願をかけたが何の霊験もなかった。男の妻は「こんなに熱心にお願いしてもご利益がないのは、観音様にご縁がないからでしょう。お参りはやめなさい。」と止められたが、3年間は毎月参詣してみよう」と決意し、はや満願の3年になろうとする12月最後の参詣をすませ、「前世の報いだから観音さまのお力でもどうにもならないことだろう」と思いながらの帰路、どうにも悲しくて涙が雨のように落ちた。
 ちょうど九条のあたりで役人に死体を運ぶ人夫にさせられるはめになり、死体を川へ運ぼうとするが、ひどく重いので不思議に思い、よく見ると、それは黄金であった。男は「なんとこれはひとへに長谷寺の観音様が哀れんでお与えになったのだ」と感謝した。その後、男はいつしか並ぶ者がないほど裕福になったということである。観音のご利益はまことに尊いものである。
(今昔物語巻16の29)
一口知識
聖徳太子
推古1年、推古天皇即位 太子30才、摂政となるお姿が聖徳太子摂政太子像。冠位十二階や十七条憲法を制定して政治の基礎も作ったことで知られています。
不動明王
梵語でアチャラ、動かないことを意味する。不動使者ともいいお不動さん、お不動さまと呼ばれ親しまれている。
不動明王は大日如来の使者で、右手に剣を持ち左手に羂索(けんじゃく)を持つ。
孔雀明王
インドではコブラなどの毒蛇を食べる孔雀を益鳥として大切にしていました。毒蛇は人の世の煩悩や汚れにたとえられるので、毒蛇を退治
癒しの仏像かわいい仏様 こちらの作品群はお仏壇はもちろん、気軽にリビングルームや寝室に置いて、鑑賞と癒し、信仰が出来ますよう現代風にアレンジした瑞雲作オリジナルかわいい微笑仏集です。また、美術コレクションとしても注目度が高い創作芸術で、思わず微笑がこぼれるような愛らしさがあるお顔に自然と心が和み、殺伐とした現代にふさわしい癒し効果抜群の作品です。



仏像彫刻ワールド アート仏像 仏師、瑞雲の微笑仏 BIWCC仏像彫刻通信講座
[仏師、瑞雲の法話集][仏師、瑞雲のイベント][法味言上と信仰相談][仏像初詣][お問い合わせ]
Copyright 2010-2020 東洋仏所 仏師 松田瑞雲 無断転用禁止
仏像販売