仏像彫刻と法話の世界仏像の霊験記集トップ仏師、瑞雲の法話最新版仏像ドットコム・東洋仏所仏像事典(写真画像付き)仏師、松田瑞雲の略歴
千手観音菩薩 聖観音像 全観音
長谷寺十一面観音
千手観音霊験記 観音霊験記1
危難救助編
観音霊験記2
除病編
観音霊験記3
幸福な結婚

観音菩薩 幸福な結婚編
(仏像霊験記 観音像、観音様集)

聖観音像 瑞雲作
瑞雲作 聖観音像 瑞雲作アート仏像 聖観音像

観音菩薩、観音様霊験記6

越前の国、敦賀に住む孤独な女が観音の霊夢で幸福な結婚をした話。
 
 今は昔、越前の国、敦賀に住む孤独な女がいた。結婚運がなかったので、娘を守ってくださるようにと家の後ろにお堂を建て観音像をお祀りしていたが、まもなく両親とも死んでしまった。
 そうして、家だけは広かったが、衣食にも困るほど貧乏になったので娘は観音像に「父が良い結婚をと祈願していたかいあるようにお助けください」と念じていた。
 ある夜、夢に老僧が現れ「明日、夫になるべき人が現れるから、その人が言うとおりにしなさい」とお告げがあった。次の日の夕方、馬の足音と共に70人くらいのものが宿を借りたいと来て泊まることになった。
 夜中になって、男が娘の寝間に忍び込んできたが、娘は「その人が言うとおりにしなさい」という夢のお告げなので断れず、実は、この男は美濃の国の勢力も財力もある豪族の一人っ子であったが愛する妻を失って、妻に似た女でなければと再婚相手を捜していたのであった。この家の娘が愛する妻に生き写しであったので、その夜の内に契りを結び、その後、ねんごろに観音にお仕えし夫婦仲むつまじく暮らしたと伝える。
(今昔物語巻16の7)
 

観音菩薩、観音様霊験記7

大和の国、敷下郡の郡司の娘が貧乏で孤独になるが植槻寺の聖観音に祈願し幸福な結婚をした話。
 今は昔、大和の国に敷下郡の郡司がいて娘をかわいがり近くの植槻寺の聖観音をお参りしていたが、両親とも早く他界してしまった。
 その後、娘は孤独になり一人で住んでいたが田畑もなくなり途方に暮れていたおり、植槻寺の聖観音像の御手に糸をかけ「聖観音さま、どうぞ私にお慈悲をかけ福を授け給え」と祈っていた。
 ところで、隣の郡の郡司になかなかの好男子の息子が一人いて、妻に早く先立たれ再婚相手を捜していたが、
たまたま、この敷下郡の郡司の家に泊まることになった。
 夜中になって、男は娘の部屋に忍び入り、身をすり寄せて抱き寝をした。娘は年も若く美しい気品があるので気に入られ、二人は夫婦となってこの家に住み豊かな人生を送った。娘は「観音様がお助けくださったのだ」と気づいて前にもまして聖観音を敬いお仕え奉ったと伝える。
 この霊験あらたかな聖観音像は今でも植槻寺にご安置されているので、必ずお参りしていただきたい。
(今昔物語巻16の8)
一口知識
薬師如来
正式名は薬師瑠璃光如来。東方浄瑠璃界の教主で、衆生の病気を治し衣食を与えるというような大願を立てられました。他に病気を治される仏様には、薬師八大菩薩のうちの薬王菩薩、薬上菩薩が知られています。

不動明王
梵語でアチャラ、動かないことを意味する。不動使者ともいいお不動さん、お不動さまと呼ばれ親しまれている。
不動明王は大日如来の使者で、右手に剣を持ち左手に羂索(けんじゃく)を持つ。
孔雀明王
インドではコブラなどの毒蛇を食べる孔雀を益鳥として大切にしていました。毒蛇は人の世の煩悩や汚れにたとえられるので、毒蛇を退治する孔雀は神格化され孔雀明王になった。実は女性の明王
癒しの仏像かわいい仏様 こちらの作品群はお仏壇はもちろん、気軽にリビングルームや寝室に置いて、鑑賞と癒し、信仰が出来ますよう現代風にアレンジした瑞雲作オリジナルかわいい微笑仏集です。また、美術コレクションとしても注目度が高い創作芸術で、思わず微笑がこぼれるような愛らしさがあるお顔に自然と心が和み、殺伐とした現代にふさわしい癒し効果抜群の作品です。



仏像彫刻ワールド アート仏像 仏師、瑞雲の微笑仏 BIWCC仏像彫刻通信講座
[仏師、瑞雲の法話集][仏師、瑞雲のイベント][法味言上と信仰相談][仏像初詣][お問い合わせ]
Copyright 2010-2020 東洋仏所 仏師 松田瑞雲 無断転用禁止
仏像販売