仏像彫刻と法話の世界仏像の霊験記集トップ仏師、瑞雲の法話最新版仏像販売の店、仏像ドットコム・東洋仏所仏像の購入が出来る仏像事典(写真画像付き)仏師、松田瑞雲の略歴
吉祥天 アート仏像吉祥天

吉祥天(仏像霊験記)

瑞雲作 吉祥天像

瑞雲作 吉祥天像

吉祥天霊験記1

貧乏で仲間王族のために宴会を開けない王族の女が吉祥天女像に祈願し富貴になった話。
   
 今は昔、聖武天皇の御代に王族の間で順番に宴会を開く習わしがあった。さて、ここに貧乏で宴会を開けない王族の女がおり、奈良の左京にあるお堂の吉祥天像に「宴会の食膳をととのえる資材もありません。どうぞ、私を哀れんで資材をお恵みください」と祈った。
 すると、何日かして以前王族の女を養育した乳母がたくさんの宴会用の食物、食器など38人の使いの者に担がせて持ってきた。女王族は大変喜び王族を招待して宴会を開いたが、今まで以上に立派な宴会だったので、皆喜び、ある者は着ている衣裳を女に与え、ある者は銭、絹、布など贈った。女王族は「これも乳母のおかげ」と思い、もらった衣裳を乳母に与えると乳母はこの衣裳を着て帰って行った。
 その後、女王族は「天女像にお礼参り」と思い参詣すると、乳母に与えた衣裳が天女像に着せてあった。不思議に思い、帰ってから乳母に尋ねたが、乳母は飲食を贈った覚えはないと答えた。これを聞いて女王族は涙ながらに「さては天女様が私をお助けくださったに違いない」と思い、いっそう吉祥天像を信仰するようになった。
 これ以後、女王族は大変富裕になり、これを聞いた人は「まことに不思議なことだ」と天女さまを尊んだという。
(今昔物語巻17の46)

吉祥天霊験記2

貧乏役人が吉祥天像に祈願して取れども尽きぬ米袋をもらい富貴になった話
  
今は昔、越前の国に生江世経(いくえのよつね)という貧乏役人がいた。生江世経は若い頃、食べる物にも事欠く有様だったが、吉祥天像に「天女さま、どうかお助けください」と祈願した。
 しばらくして美しい女性が尋ねてきて、「米三斗」と書いてある文書を持ってきた。美しい女性の言葉に従い北の高い峰に昇り、角が一本生えた恐ろしい鬼から、取れども尽きぬ米袋をもらった。この米袋は一斗を取って使うと、また米が出てきて尽きることがなかったので、いやというほどの資産家になった。
 真心込めて吉祥天にお仕えする人はこのとおりである、と語り伝わっている。
(今昔物語巻17の47)

一口知識
賓頭盧尊者
十六羅漢の第一尊者で説法が得意でライオンのように他の反論を許さなかったので獅子吼第一といわれた。賓頭盧尊者像を病のある部分を撫でると、その病気が治るとされ、なで仏の風習が広がった。
弘法大師
真言宗の宗祖で、護岐国多度郡、現在の善通寺市に誕生。幼名は真魚(まお)。延暦10(791)年、虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)の修行する。弘法大師空海を名乗る。中国密教を日本に伝えた。
癒しの仏像かわいい仏様 こちらの作品群はお仏壇はもちろん、気軽にリビングルームや寝室に置いて、鑑賞と癒し、信仰が出来ますよう現代風にアレンジした瑞雲作オリジナルかわいい微笑仏集です。また、美術コレクションとしても注目度が高い創作芸術で、思わず微笑がこぼれるような愛らしさがあるお顔に自然と心が和み、殺伐とした現代にふさわしい癒し効果抜群の作品です。



仏像彫刻ワールド アート仏像 仏師、瑞雲の微笑仏 BIWCC仏像彫刻通信講座
[仏師、瑞雲の法話集][仏師、瑞雲のイベント][法味言上と信仰相談][仏像初詣][お問い合わせ]
Copyright 2010-2020 東洋仏所 仏師 松田瑞雲 無断転用禁止
仏像販売