GISHI presents
谷汲線を行く最終更新1999.05.29
GISHI presents
ENTER
健やかに走れ   黒野北口−黒野   1998.04.19
 
ローカル線が次々と消え行く中、谷汲線は美しい沿線風景の中を走り続けています。沿線風景の美しさはまさに日本の鉄道の宝であるといっても良いでしょう。この章では谷汲線の沿線風景を510形とともに表現してみました。
今までは名鉄という大きな傘に守られてきた谷汲線も、いよいよ廃止問題が浮上してきました。この写真集を御覧になったら、是非現地へ行って美しい風景を体感して下さい。またその際は電車に乗って、少しでも谷汲線の収入が増えるようにしましょう。

サムネイルへ電子写真集−MAIN PAGETOP PAGE名鉄600V 掲示板

終着駅谷汲   谷汲駅   1998.04.19 春色の中を   長瀬−谷汲   1998.04.19 れんげ咲く   稲富−豊木   1998.04.19 健やかに走れ   黒野北口−黒野   1998.04.19 さよなら700形   北野畑−更地   1998.04.05
稲穂を横目に   谷汲−長瀬   1996.10.06 まもなく黒野   黒野北口−黒野   1998.11.08 モニュメント   赤石−長瀬   1998.11.08 冬枯の道   長瀬−赤石   1998.02.11 Pure form   赤石−北野畑   1998.02.11

電子写真集−MAIN PAGE先頭へENTERTOP PAGE名鉄600V 掲示板メール下さい