国際仮装行列

ザ・よこはまパレード 国際仮装行列

毎年ゴールデンウィークに行われる国際仮装行列
第1回は昭和28年(1953年)「戦後からの復興・再建」を契機にスタート
横浜開港記念みなと祭りのオープニングイベントとして横浜市内だけではなく
全国からの観光客でにぎわいを見せる。



毎年5月3日に山下公園をスタートして伊勢佐木町までパレートします。
第60回(2012年)の仮装行列は山下公園を出発して赤レンガ倉庫、万国橋を経て馬車道
伊勢佐木町を通って坂東橋までのコースでした。
例年地元団体、企業、中高校、大学のマーチングバンド、ダンス、パフォーマーが
パレードに参加します。ここ数年はフロートの数が減ったのが残念です。

神奈川県警察音楽隊
先陣を切るのは神奈川県警察音楽隊です。
さすが警察官だけあって姿勢も視線もキリリとしています。
蒸し暑い中、顔色一つ変えずに行進しています。

県知事と市長
毎年神奈川県知事と横浜市長がパレードに参加します。
オープンカーに乗って笑顔で手を振ります。

陸前高田市から参加
今年は、昨年の東日本大震災からの復興を祈願して陸前高田市から氷上太鼓の参加がありました。
力強い太鼓のリズムに感動します。



各地のミス
各地のミスが集います。
函館、新潟、長崎のお嬢さんがオープンカーに乗って凱旋です。

カメラを向けると明るい笑顔が帰ってきます。
ずーっと笑顔でいるは大変でしょう。



在日米軍陸軍軍楽隊
本場のアーミーマーチングバンドです。
体格のいい軍人が規律正しく行進します。
マーチングバンドのスネアドラムの「カラカラカラ♪」というリズムが耳に残ります。

海外からの参加
横浜マニラ友好委員会のパレード
国民衣装を着てにこやかに歩いています。

往年の名車
フェアレディ2000と117クーペです。
フェアレディは1970年代、117は1980年代の名車です。
ナンバープレートが付いていて、まだ現役のようです。
赤いボディーカラーがまぶしい!



高校生チーム
市内の高校生のマーチングバンド
バトンさばき、フラッグの扱いも鮮やかです。
蒸し暑い中、給水係が水を補修しながら頑張っています。
通過した後、高校生の若々しい空気が漂っていました。



神奈川朝鮮中・高級学校
鮮やかな民族衣装で登場です。
女性の笑顔が素敵です。
ここには複雑な国際関係は存在しません。

Samba!
強烈なラテンのリズムが聞こえてきます。
打楽器、パーカッションの激しい音色と拡声器から聞こえてくる掛け声!
サンバホイッスルの響き。自然と足でリズムをとってしまいます。
水着のような衣装で踊る女性に男性の目はくぎ付けです。

横浜市ダンススポーツ協会
Shall we dance?
社交ダンスのグループです。
よーく見ると皆さんかなりの年配の方ばかりです。
まだまだ現役!という勢いで踊っています。

横浜中華学院校友会
横浜と言えば中華街。獅子舞と竜の踊りが威勢良く通過していきます。
爆竹を鳴らしながら進みます。爆竹の量が半端ではありません。
安全のため籠の中で破裂させるのですが「パンパンパン・・・・・」としばらく耳がマヒしました。

国際仮装行列の詳しい情報はこちらから

アクセス
電車
  • JR京浜東北線 関内駅
  • 京浜急行線 日ノ出町駅
  • みなとみらい線 日本大通り駅
  • 首都高速横羽線-横浜公園出口


TOPへ戻る