舞岡公園



横浜市戸塚区舞岡1703
港南区上永谷にまたがっています。
公園区には豊かな緑と湧水があり首都圏横浜市内において、昔ながらの田園風景が残っています。
広さは258,000u 

水田耕作などの体験ができます。
問い合わせ:
小谷戸の里045-824-0107

谷戸地区への入場は野生動物保護のためワンちゃんを連れての入場はできません。

夏時間(4−10月) 8時30分―19時
冬時間(11−3月) 8時30分―17時


舞岡公園案内図
横浜市戸塚区と港南区にまたがっています。

北側入り口は市営地下鉄舞岡駅から徒歩25分。
南側入り口はJR戸塚駅、上永谷駅から京急ニュータウン行きバスで行きます。
近隣には住宅街が広がります。
近所には明治学院大学横浜キャンパスがあります。
全体をゆっくり歩いて1時間から1時間30分くらい。
高低差もあり、かなりいい運動になります。

              クリックで大きい地図へ→



駐車場
70台ほど駐車できます。
2時間まで300円です。その後は20分ごとに50円。
近くの住宅街への違法駐車はやめましょう。

緑の小路
駐車場から少し歩くとこんな緑の小路になります。
ここは売店も自動販売機もありません。
自然があるだけです。
ウグイス、カワセミはじめ多くの野鳥の鳴き声が聞こえます。ここを進むと谷戸へと続きます。


田園風景
8つの池と谷戸に広がる田園風景が広がります。
昔の記憶がよみがえりました。
田んぼの泥の匂い。草の匂い。

この日はボランティアの人々が田んぼの雑草取りをしていました。

野生動物保護のためワンちゃんを連れての入場はできません。

夏時間(4−10月) 8時30分―19時
冬時間(11−3月) 8時30分―17時



水辺の生き物
田んぼにはオタマジャクシ、カエル、ザリガニ、メダカなど多くの生き物が住んでいます。

ここには昔ながらの自然があります。
谷戸にある田んぼを歩くにはスニーカがいいでしょう。

生き物も草花も持ち帰りは禁止されています。



古民家
戸塚区品濃町にあった旧金子家の古民家を舞岡公園へ移設して保存してあります。
立派な藁ぶき屋根です。七夕の飾りが綺麗です。

釜戸から煙がでていました。

旧金子家の詳しいご紹介はこちら




カワセミなどの水鳥が訪れます。周りは多くのカメラマンでにぎわっています。
タコ糸にスルメを付けてザリガニを釣る親子連れもいます。



木陰のベンチ
ところどころに休息できるベンチがあります。お弁当も食べられますが、ゴミ箱はありませんのでゴミは必ず持ち帰りましょう。




舞岡公園のHPはこちら
電車
  • 北側入口:市営地下鉄舞岡駅から徒歩25分
  • 南側入口:JR戸塚駅、地下鉄上永谷駅からバスで京急ニュータウン下車1分
  • 横浜横須賀道路 港南台IC経由 環状3号線 飛石

TOPへ戻る