根岸森林公園

〒231-0853 横浜市中区根岸台
入場無料
開園:昭和52年10月〈総合公園〉
特に施設らしい物は有りませんがなだらかな敷地いっぱいに広がる芝生が魅力の公園です。
面積:193,102u
電話045-641-9185  財団法人 馬事文化財団
駐車場:土・日・祝2時間400円 以降30分:100円
      平日2時間300円 以降20分:50円 (24時間)

1867年、日本で初めて洋式競馬が行われた根岸競馬場の跡地を利用した公園です。
1942年のレ−スを最後に競馬は廃止となり、戦後は米軍のゴルフ場やモ−タプ−ルになっていました。1969年から一部が日本に返却されて1977年10月公園としてオ−プン。一等スタンドのみ当時の面影を残しています。
近くにはUS NAVYの施設もあり、過去の歴史を物語っています。

広大な敷地は芝の広場、池、桜や梅の木々があり、お弁当持参でピクニック、ジョギングや散策に最適です。隣接する
根岸競馬記念公苑は馬の博物館や実際に馬と接することのできるポニ-センタ-もあります。毎週第3日曜日は無料の「乗馬デ-」で人気があります。
ご注意!春先、初夏の土日祭日、ゴ−ルデンウィ−クは、駐車場待ちが予想されるので、早めのお出かけを。

根岸不動下
首都高湾岸線の三渓園出口を出て根岸方面へ進み「根岸不動下」交差点を右折します。右は三渓園からの写真です。看板の先の信号を左折します。そこからが横浜駅根岸道路です。「根岸森林公園」の案内が見えます。横浜駅根岸道路の上り坂を進みます。

DOLPHIN
松任谷由美が歌った「海を見ていた午後」に登場するカフェ&レストラン。不動坂下から坂を登った頂上にあります。1階 カフェ2階レストラン(コ−スのみ)
夜 ライブあり
休日なし
11時〜翌2時(AM)
電話045-681-5796

Fire Station US NAVY
米軍住宅消防署です。赤い文字で”FIRE STATION No.5” 近隣に米軍の住宅があり”LEARN NOT TO BURN”なんて書かれていて日本とはチョット違う雰囲気です。消防車も日本の車両とは違います。12月になるとイルミネーションで綺麗に飾られます。

森林公園入口
横浜駅根岸道路沿いに入口があります。季節の花で飾られています。入口は下の駐車場や他にも数か所あります。自転車やバイクはこの入口に止めて公園内は乗り入れ禁止です。

駐車場
第一駐車場です。さらに山手方面に進んだところに第二駐車場があります。天気の良い春、夏には早くから満車になることもあります。早めのお出かけをお勧めします。

芝生広場へ向かう道
駐車場から芝生広場へ向かう道です。駐車場から坂を下ります。自然が残る道です。

芝生広場
広大な芝生が広がります。サッカーをする人、ボール投げをする人、犬と戯れる人で賑わいます。この写真は桜の咲く頃に撮影しました。真夏になると芝生は青一面になります。
馬場はこの広場の周りにありました。

桜の山
見事な桜です。木の下にはブルーシートを敷いた人々が陣取ります。

木陰
真夏には木陰で涼むことができます。大きな木の下にはドングリがイッパイです。


釣りをする子供たち。何が釣れるのかな?池には大きな鯉が泳いでます。

ジョギング
舗装した道をジョギング、ウォーキングする人が行きかいます。それぞれマイペースで速く走る人、ゆっくり歩く人、色々です。米軍住宅が近いせいか外国の方が目立ちます。昼間からビール片手に日向ぼっこもいいですね♪

緩やかな坂道
桜の木の下をジョギングで進みます。夏は適度な木陰のなります。ウォーキングする女性のファッションもおしゃれです。

メインスタンド
競馬場の面影が今も残ります。柵で中へは立ち入りできませんが近くへ寄ると昭和初期へタイムスリップしたように感じます。
1930年のスタンドと一等観覧席貴賓室です。当時、競馬は上流階級のスポーツだったんですネ

ポニーセンター

となりにポニーセンタがあり、サラブレッド、ミニチュアホースがいます。乗馬練習を見ているだけでも楽しいです。馬の目がとても可愛く印象に残りました。
アクセス
電車
  • 根岸駅から市バス21または103系統 「滝の上」下車
  • 桜木町駅、石川町駅(元町)、日本大通り駅から市バス21系統「滝の上」下車
  • 横浜駅東口、日ノ出町駅、伊勢佐木長者町駅から市バス103系統「滝の上」下車
  • 山手駅、根岸駅から徒歩約20分
  • 首都高湾岸線 三渓園出口を根岸方面に進み「根岸不動下」右折 坂上る
  • 山下公園、元町方面から横浜駅根岸道路経由 

TOPへ戻る