日本丸



帆船日本丸
みなとみらい21地区の日本丸メモリアルパークにあります。
1930年に文部省の航海訓練所の練習帆船として進水。
戦時中は緊急物資運搬や引揚輸送に活躍しました。
1985年に現在の場所に移り一般公開されるようになりました。
当時のままの船内が見学できます。
写真のように帆が張られるのは29枚の帆を張る「総帆展帆」の日で日曜祭日を中心に行われます。

問合せ先
財団法人 帆船日本丸記念財団 
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-1-1
TEL:045-221-0280  FAX:045-221-0277



総帆展帆(そうはんてんぱん)
帆の枚数は全部で29枚です。
全て手作業で広げます。登録されたボランティア
の方々の協力で行われます。
全長×幅×深さは97.05m×12.95m×7.85m
<入場料>
高校生以上¥600 小中学生¥300
(月曜日 休館)
土曜日は高校生以下は無料です。
<入館時間>
午前10時〜午後5時まで
但し、7〜9月の金・土・日・祝日は午後6時30分、11〜2月は午後4時30分閉館

総帆展帆のスケジュールはこのページ最下段の
帆船日本丸のHPで確認できます。



総帆展帆の始まり
まだ全く帆が張られていません。
通常はこの状態です。帆の無い姿も素敵ですが
せっかく行くなら帆が張られた状態の日本丸を見たほうが断然素晴らしいです。
10時30分に準備運動が始まります。船上で元気な掛け声が響きます。



マストに人が・・
マストの最上部にまで人が登ってます!
まさに手作業です。でも上から見るとさぞかし
高いでしょうねぇ・・・
大海原では波で揺れることもあったし命がけの大変な作業だったでしょう。




順調に・・・
下から張られていく様子です。
マストに船員が登り巻かれている帆のロ−プを解きます。船上ではウィンチを使い帆を一枚づつほどいて張っていきます。
掛け声の「ワッショイワッショイ」が印象的。
まわりはカメラマンでいっぱいです。だいぶ完成に近付いてきました。
右奥にコスモワールドの観覧車、左にクイーンズスクエアーが見えます。



完成です
すべての帆が張られました。
11時30分にきっちり終了。全員整列して一同礼!
見学者からは拍手が起こります。
今にも航海に出発できそうな感じがします。
この写真のように天気がいいと最高です。
もっとも雨天時は総帆展帆は中止となりますから
お出かけの際は帆船日本丸記念財団へ確認を。

海面に泡が発生しているのいが見えますか?
これはドックの水中に貝やプランクトンが生息していて水の循環のためポンプで空気を循環してるんですって。




夜景
上の写真と同じ場所から夜景をパチリ!
ライトアップが素敵です。
雰囲気は最高です。ぜひデートコースにどうぞ!



アクセス
帆船日本丸のHPはこちら
電車
  • みなとみらい線 みなとみらい駅または馬車道駅下車 徒歩5分
  • 横浜市営地下鉄ブルーラインン・JR根岸線 桜木町駅下車徒歩5分
  • 高速横羽線-みなとみらい出口すぐ

TOPへ戻る