三殿台遺跡

横浜市磯子区岡村町4-11-12
入館無料
開館時間 4月−9月:9:00〜17:00   10月-3月:9:00−17:00
休館日 第3水曜日(祭日の場合は翌日)12/28〜1/4
駐車場 乗用車3〜4台分あり(無料)
注:遺跡まで車でテクニック要ります。けっこう道狭いです。
電話045-761-4571  

「さんとのだい」と読みます。
横浜市磯子区の標高50mの住宅街の一角にあります。明治40年に縄文時代後期(約3,500年前)の貝塚として屏風ヶ浦村貝塚として注目されていました。その後昭和30年代にこの遺跡は・縄文時代後期(約3,500年前)・弥生時代中、後期(約2,300〜1,900年前)・古墳時代(約1,700年〜1,300年前)の3時代に渡る集落跡の存在が確認され昭和41年に国の史跡に指定されました。250戸を超える住居跡や貴重な出土品が展示されています。遺跡や周辺の歴史について事務所の方が親切にいろいろ教えてくれます。

弥生時代住居
当時の住宅を再現。中に入れます。
藁ぶき屋根の原型?


3時代の住居
縄文、弥生、古墳時代の住居を復元、展示しています。

住居跡
写真の円形、四角の区画は住居跡を埋めた痕跡です。時代によって形が違います。数千年前に人々がここに住んでいて、現在の私達へと生命を引き継いできています。なんとも不思議な気持になります。

床の跡
展示室内で入場できません。
ガラス越しに撮影しました。
当時の地質のまま屋内に保存されています。

土器(その1)
隣接する考古館に三殿台遺跡や県内で発掘された土器が展示されてます。
数千年前の器を目の前に古代を偲んでみるのも面白いです。

土器(その)
大きな壺、器が展示されています。器用に作るものだと感心させられます。

装飾品
古代人もオシャレに敏感!
色々な装飾品が発掘、展示されてます。
異性の気を引くため?腕輪、指輪と思われる品です。

狩猟、採取具
矢じりです。人間は武器を使うことで他の動物を捕獲して生命を維持してきました。矢じりは石や骨でできています。

地図
ちょっと分かりずらいですが岡村小学校を目指して進みます。住宅街を抜け、丘の頂上にあります。


アクセス
電車
  • JR横須賀線 保土ヶ谷駅から市営バス磯子駅行きで
    天神前下車 徒歩15分
  • 京急 井土ヶ谷駅から市営バス磯子駅行きで
    天神前下車 徒歩15分
  • JR根岸線 磯子駅下車 市営バス藤棚行きで
    天神前下車 徒歩15分
  • 市営地下鉄 弘明寺駅から市バス弘明寺−三殿台遺跡循環で 
    三殿台公園下車 徒歩3分
  • 鎌倉街道の蒔田駅より磯子方面に。
    岡村小学校を目指します。

TOPへ戻る