dot.pngdot.pngdot.png
dot.png
dot.png
dot.png
□ BGA BATTLEについて

BGA BATTLEとは、一つのBMSに各メンバーがBGAを作成し、お互いのBGAスキルを競い合うCIA UNIONの本質とも呼べる企画です。勝負において最初に作成期間と課題を決め、作品発表後にその BMS制作者を含めた複数の審査員による結果で順位が決まります。優勝者は次回勝負作品と課題の決定権、また最下位のメンバーには罰ゲームを用意し行って貰います。
勝負における課題とはBGA作成時の制約です。例としまして「枚数は何枚以内」「容量は何MB以内」「必ず青系の色を使う」などです。
製作期間は基本的に3週間とします。

□審査方法

可変絶対評価。各審査員が評価対象&値割り振りを自由に設定できる。ただし値の最大値は100に固定し、BGAによって値の割り振りの最大値を変更することはできない。


dot.png

音楽 : hazel phase -RePsyCle mix-(B.J.さんのLibraryにて代理アップ中) / 作成期間 : 2000年 2/19〜3/11
課題 : 無し、容量無制限で各の技術をフルに発揮する / 審査員 : シガスカオ $W β(敬称略)


 KJ 284points / 総BMPファイル数:150 / 圧縮時ファイルサイズ:2.84MB / 解凍時ファイルサイズ:7.39MB
コメント「ブレイクビーツに合わせた激しい動きと、適当に作ったわりに、なかなかいい動きをするタイポがお気に入り…。」

 ダウンロード


審査結果:シガスカオ

スネアのロールのときに、色んな文字が「ガーッ!」って なるのが、とってもとってもカッコイイです。 曲の終わり方もオレのイメージと一致してます。 シンバルが強く意識されていて、叩きとの相性も良いです。

全体に抽象的なBMPで攻めてたのも、面白かったです。 でも、アタマの悪いオイラには、ちょっと物足りないかな(笑)。

<曲とのシンクロ度 28/30 全体 62/70 計90点>


審査結果:$W

何やらシュールな感じのBGAですね(笑)そして、その雰囲気が曲とマッチしています。 ダイナミックに動くアニメーションが、曲の方の高速ブレイクビーツと見事に調和していますね。 個々のBGAのクオリティも高いですね。特に踊りまくるタイポグラフィには圧倒されました。 どのようにしたらこのようなBGAが着想するのかと、驚くばかりです(笑) 個人的にVERY RECOMMENDEDなBGAです。

技巧:25
展開:25
印象:25
総合:25‥‥‥100pts.


審査結果:β

譜面とBGAのシンクロ具合 5
楽曲とBGAのシンクロ具合 4
素材のおもしろさ、出来 5
その他(加点減点対象)5

さすがKJさんおいしいところをわかってらっしゃる。 弾いててきもちいいです。

76から77小節目にかけてcircleからtに変わるところが急でとまどってしまいました。 もうちょっとスムーズっていうかワンクッション欲しいところです。 タイポグラフィ具合は楽曲の変化に合わせた感じで良いと思いました。

なんて言うか減点加点対象外のコメントなんですけど 嫌な言い方をすると「良い」よりも「悪くない」だとおもいました。 こう 胸にキュンってくるようなかんじが今ひとつ無かった気がしました。 良い意味でも悪い意味でも「安定」だと思いました。

以上 25+24+25+20=94点と評価させていただきました。


その他の結果 (審査結果は割愛させて頂きます)

 G 270pts  

 逆凪 257pts 

 Tail 254pts 

音楽 : ANGEL (score attack edition) / 作成期間 : 2000年 6/15〜7/7
課題 : 走馬灯のように蘇る数々の記憶のかけらを表現する / 審査員 : POM にっち〜 myu Tail(敬称略)


 G 282points / 総BMPファイル数:237 / 圧縮時ファイルサイズ:3910kb / 解凍時ファイルサイズ:9.91MB
コメント「どうにも圧縮率悪いBGAですが、お時間に余裕がありましたらどうぞ:-)」

 ダウンロード


審査結果:POM

「語り」…この要素を取り入れることによってTVでよく放映される人物背景をテーマとする映像を見ている印象が残りました。 この作品が俺の中では一番以外でして、音に対して「静」と「動」を見事に調和させ、シックでありながらCGと実写を巧みに使い分けて仮想現実感を十二分に引き出していますね。 音と映像の融合、視聴者を想像の世界へと導く力は圧倒されました。

気になったのが文章による表現が多すぎる為、「読み物」という印象も拭えませんでした。

発想:25/30
演出:30/30
融合:40/40
計 :95/100


審査結果:にっち〜

Gさんの手がけた他の作品である「santuario」からの使いまわしやん!って言うのが最初の印象ですが、本当に予備知識があるのが苦しかったです。 美しい物や神秘的な素材を主に使って、非常に曲との同調がいい感じでした。 教会等の画像に関しては天使の持つイメージとの関連性はあるものの、今回のGさんの構成では曲のストーリーを訴える物にはなりえていないと思いました。曲に合わせて流れる単純なBGAとしてだけなら十分過ぎると思いますが、言葉による世界観の演出も使っておられるので、そちらの観点から見ると、どうしても今一つと言う感じがします。特に女の子は意味があまりないと思います。 ただ映像の出し方や綺麗さは十分にあると思いますし、聞いていてとてもしっくりくる展開と言う点が、とてもいい感じに仕上がってると思います。 今回用いた素材が他の曲にでもまた使いまわせると思える所が最大の-点でした。

同調性[9]表現性[6]印象性[7] 73Point


審査結果:myu

教会の美しく冷たい雰囲気にかなり圧倒されました。 叩いたときの反応も心地よく、楽しくプレイできました。 ただ、私がはじめてこのBGAを見たときから少々違和感がありました。天使というより人間の聖職者のイメージが浮かんできたのです。使われてる写真が、教会の写真だけだったからでしょう。

あと、ちょっと気になりましたが、 "sph*.bmp","phtn*.bmp","light*.bmp"ですが、 3つとも似たような形なのはちょっと勿体無い気がします。 違う絵ということが解っていても、少し飽きてしまいそうなので。

使いまわしが結構あったのが残念ですね。 この作品だけに集中したいのに「santuario」のイメージが浮かんできてしまいやや審査しづらかったです。

曲との融合:(35/40) 印象:(34/40) 叩き心地:(20/20)
総合:(89/100)


審査結果:Tail

氏のスタイルカラーというべき青をふんだんに用いて、全体的な構成やBGAと曲とのシンクロ率は今回のBGAで一番高いと思います。BGAの変化をキー音でなくバックのドラムなどで変化する部分などなかなか良いと思います。ある意味手法の原点回帰ですが、なんだかんだ一番シンクロ率が良い手法ですね。

天使=教会という発想は悪くないのですが、氏のBGA 「SANTUARIO」での素材を使い回す部分など少々マンネリ感が拭えない部分があります。発想から表現にかけてのアプローチの方法がほかには無かったものかと思います。

課題部分の「走馬燈〜」の印象をプレイヤに印象づける力がちょっと薄いと感じられました。

技術点2/10 印象点3/10 25points


その他の結果 (審査結果は割愛させて頂きます)

 KJ 282pts 

 逆凪 251pts 

dot.pngdot.pngdot.png