*Megahurtz

links = [ blog , packages.txt ]

news = {
'02/15/2009': ebdict(eb.l) 0.5。 mercurial.l 0.2。
'07/31/2007': ebdict(eb.l) 0.4。
'07/11/2007': ebdict(eb.l) 0.3。
'06/04/2007': ebdict(eb.l) 0.2。iswitchb 1.1。
'04/07/2007': ebdict(eb.l)を公開。py-mode 0.97。
'03/21/2007': mercurial.lを公開
'03/19/2007': py-mode.l を更新
'05/29/2006': xyzzy用のiswitchb.lとsudoku.lを更新。packages.txtからどうぞ。,
}

iswitchb 2007/06/04

バッファの切り替えを簡単にする。netinstallerからインストールすると標準のC-x b のバインドを書き換えます。

iswitchbから「最近使ったファイル」を開きたい場合は.xyzzyかsiteinit.lに

(setq elisp::iswitchb-use-virtual-buffers t)


と書きます。

参考サイト(emacs用iswitchb@Meadow/Emacs memo)
download iswitchb 1.1

py-mode 2007/04/07

python用メジャーモード。netinstallerからインストールした場合は、*.pyファイルを開けば自動的にpy-modeになります。
下のアーカイブからインストールするにはpy-mode.lの「インストール」の章を参照してください。


0.97 の修正点

逆インデントがおかしかったのを修正(thanks to shuu)
開き括弧の後のインデントがおかしかったのを修正
その他こまかい修正

download py-mode

uniquify 2005/07/23 screenshot

バッファが重複しないように変更する。
"index.html"とか"makefile"みたいなファイルを複数開くと、自動的にバッファ名が
index.html|megahurtz, index.html|subfolder みたいに変わる。xyzzyのデフォルトでは
index.html <1>, index.html <2> になるのでどのディレクトリのファイルだか分からなくなる。

.xyzzyかsiteinit.lに

(setq elisp::uniquify-buffer-name-style 'elisp::post-forward-angle-brackets)


と書くと表示スタイルを変えられる(screenshot参照)。

参考サイト(emacs用uniquify@Meadow/Emacs memo)

download uniquify

sudoku 2006/05/29 screenshot

数独で遊ぶ。M-x sudoku。それだけ。

.xyzzyかsiteinit.lで

(setq sudoku-font-color 4) (setq sudoku-font-error-color 7) (setq sudoku-font-bold t) (setq sudoku-difficulty 'ed::medium)


などの4項目を設定できます。


download sudoku

mercurial 2009/02/15

分散型版管理ソフト Mercurial のためのスクリプト。

アーカイブ内のファイルをsite-lispに入れてバイトコンパイルしたあと、どこかに

(require "mercurial")



と書いて評価するか再起動すれば使えるようになります。ヘルプや使い方はこれから書きます。

repoのparentとのdiffを表示しているところ
ファイルのアノテーションを見ているところ
変更履歴を見ているところ

参考サイト(satolog) Mercurial と Trac のメモ

download mercurial-mode

ebdict 2009/02/15

EPWING辞書をxyzzyから。

イントロダクション
マニュアル

EB Libraryのダウンロード。このライブラリのDLLを使います。


0.5 の変更点:

Appendixファイルのサポート。
結果表示画面でエンターしたときの挙動を変更。
ヒットがなかった辞書は非表示にするオプションを追加。

download ebdict 0.5



screenshot1 2006-05-29 screenshot2 2006-05-29

old news = {
'07/28/2005': iswitchb.l ライセンスの文言を修正。thanks to r-393。フレームを使うときにエラーがでないように。バッファを選ぶときに対象となるバッファの情報を表示。,
'07/28/2005': uniquify.l ライセンスの文言を修正。thanks to r-393,
'07/28/2005': py-mode.l 0.96 backspaceやcolon関係のバグを修正。py-describe-mode()を追加。いくつかの関数でリージョンを反転するように。,
'07/21/2005': iswitchb.l emacs用iswitchbをxyzzyに移植。アルファ版です。,
'07/21/2005': uniquify.l emacs用のuniquifyをxyzzyに移植。アルファ版です。,
'07/21/2005': py-mode.l 0.95 py-shellを使いやすく。色を無理矢理付けてみた。コマンドの履歴操作ができるようになった、など。 ,
'05/15/2005': py-mode.l 0.94 continuation lineをインデントするとおかしかったのを修正。,
'04/30/2005': py-mode.l py-shell, py-execute-string, py-import-or-reload移植。,
'04/17/2005': py-mode.l pychecker対応。pydoc対応。その他細かい修正。,
'04/13/2005': py-mode.l メニューを実装。その他細かい修正。,
'04/12/2005': py-mode.l を公開してみる。,
}

xyzzy用commonlispスクリプトサイト
last updated on 07/31/2007
Written by Deecay.