信田一風 Nobuta Ippuu (1881-1943)

信田一風(のぶたいっぷう。本名:直四郎)は、明治14年、下野国(栃木県)根本(真岡市)の漢方医者の二男として生まれる。漢学を東台村の随光寺の覚菩姉に師事するも、塾内にては専ら絵筆を振り破門(当時13才)。その後、画工矢橋夫箔の門に入り、花、鳥、山水、人物、と師法を学び、明治29年の秋、江戸の鳥越に住する。その後、四条派の巨匠、松本楓湖に師事。帝展(現日展)等にも出品。
特に人物画を得意とし、歴史画、仏画の百観音なども得意とする。明治39年と43年に福島地方にて画会を開く。昭和に入り、南千住の石浜神社に「猿田彦大神天孫降臨の画」を奉納。また、現存する一風の画として新潟県の弥彦神社の皇族の間には「太平楽」「朝焼け富士の街」がある。栃木県真岡市の能仁寺本堂の間には「円頂のつる」がある。昭和18年12月没。享年63歳。

<作品>
大平楽(年代不詳)

円頂のつる(明治44年)

非理法権天 正成 (年代不詳)

(明治43年)

日廻り鯉(大正15年)と信田一風


<主な資料>
『秘録』(七星社出版 昭和38年6月発行)