こんな環境でやってます。

似た環境で製作し、素晴らしい作品を生みだしている方は大勢いらっしゃいます。

のに、私には駄作しか作れないのは環境じゃなく、全てはセンスと勉強不足のせい。下手の横好き。

お立ち寄りのついでに、これを読んで貰えると嬉しいな。Live Motionについて

OS

Mac OS 8.6/G3 233MHz 800*600 32bit

Mac OS 9.04/G3 500MHz(Power Book)1024*768 32bit

Mac OS 9.2.2/OS X.2.5/G4 800MHz (iMac) 1024*768 32bit

TOOL

Adobe LiveMotion (J) 1.02

Adobe LiveMotion (J) 2.0('02/6月初旬アップグレード (喜))

その他

Adobe Photo Shop LE 4.0 / Quick Time 6 Pro key / iMovie 3/ iTunes 3

Sound Effects 0.9.2 / Virtual Drummer 4.1.2

マカーなのでText to speech持ってますが、ほとんど使わない理由。実は案外つーか、かなり面倒だから。

<< BACK


以下、どうでもいい駄文。


【Macと私】

Mac歴「だけ」は長いです。最初に触ったのは1986年頃。仕事の関係で。(歳バレるな)

まだファインダーも全て英語。モニターももちろん白黒。HDは200MB位だったかな。

その当時、カラープリンターが100万以上しました。

Macと向き合う毎日。しばらくブランクがあって(MacやPCそのものから離れていました)OS 8.5で再びMacを手に。

起動音、起動画面とか、アイコンパレード、Quick Timeのアイコン等、変わってなくて嬉しかったなぁ。

トラブルが多いのも変わってなかった・・・。


【webと私】

過去の運営サイトは数知れず。作っているときが一番楽しい。作っただけで公開しなかったのも多数。

現在なんとか稼働中と言えるのは3つほど。どれも更新が滞っています。(偉そうに言うなと。)

お客さんがたくさん来る人気サイトのわけじゃないし。とか言い訳。

ここも調子に乗ってサイト風にしてしまいました。


【Flashと私】

Flashを作ろうなんて、だいそれた事を考えたのは、2000年5月にG3 Power Bookを買った時に

早いCPUに嬉しくなって、発売されたばかりのAdobe LiveMotion 1.0をはずみで購入。

簡単なオブジェクトを作ったりして遊ぶだけで、アニメーションなんて考えもしていなかった。

2002年3月に、ちょっとしたキッカケで30秒ほどの簡単なアニメーション?を作ってみた。

楽しい楽しい!なんで早くやらなかったんだろう!

しかし・・・

LM 1.0は音同期ができず、無理矢理ぶちこんでたけどやはり環境によりズレまくりにがっかり。

そうなると意地でも同期させたくなり、Flash5購入を考えている矢先、

LM 2.0と、Flash MXがほぼ同時期にリリースされると聞く。でもLM 2.0はOS 9.1以降対応。

こりゃやはりFlashだろうなと思いつつ、Mac MX体験版が出るのを待ちながら、友人のFlash5に触らせてもらう。

LMでは手作業でやっていた事が、Flash5にはデフォルトであったりしてジェラシー。

LMのインターフェースと似ていても、やはり勝手が違うしFlash5かMXで一から勉強し直しだな。

とか思いつつ、LM 2.0への未練を捨てきれず体験版をDL。そしたら動いたー。音同期もできるー。

今までの苦労は何ー。Action Scriptも書けるー。Adobeユーザー登録してるから半額で買えるー。

体験版DLして五日後購入。

LiveMotion 2.0 体験版で初めて作ったのは、元々1.0で作成していた「G-team」勝手に応援Flashの作り替え。

これを作っていて、「2.0は買いだ!」と決めました。

本気で取り組むには、やはりMacromedia Flashなんでしょうけれど、使い慣れたLMで粘ってみます。

嬉しかったのは、モンキーパンチ氏のサイトで公開されているアニメーションがLiveMotionでの製作だった事。

TVでモンキーパンチ氏が、タブレットで不二子ちゃんを書いている所を見た事を思い出す。勝手に嬉しくなる。


【2ちゃんねると私】

1999年の夏あたりから出入り。できてすぐだった模様。くさちゅー語とか、固定HN自動作成とかがTOPにあった記憶。

「名無しさん」の次の名無しのデフォルトは「名無しさん@そうだ選挙に行こう」だった気が。

「一周年」が先?「お腹いっぱい」が先? 忘れました。

最初の板名、忘れたけどヲチ板一筋。


【LiveMotion 2.0 J】

私はAdobe社に関係があるわけじゃないです。Apple社も。ただ「リンゴ売りの熟女(ババァ)」?等とは言われますが。

LiveMotion 2.0 Jは、定価\24,800。もちろん体験版も有ります。

エデュケーションはGoLive 6.0とのパックで\8,700、(GoLive6.0の正規価格は\34,800)


私が作った駄作の数々は、ツールを使いこなしていないだけであって、決して「使えない」ソフトではありません。

ASも書けますし、エクスポート=.swfへの出力も「Macromedia Flashファイルを生成」と出て

バージョンはFlash 5ファイルです。LM 1.0が「あまりにも使えなかった」ために、使えないイメージがありますが

どうか私の駄作をご覧になって、LM2.0がダメだとは思わないで下さい。


一番の難点は「重い」。パワーとメモリをうんとくう。CPUは早いに越したことなし。

「CHINKO ONDO -utsu AFRICAN-」は、.swfにエクスポート(パブリッシュ)するのに2時間かかりました。ヒー。

最初の「一文字ずつ落ちる、動く」所に一時間という感じでした。まぁ、OS 9.2以降対応なので仕方ないですけれど。

圧倒的にMacromedia Flashのユーザーが多いですが、これからソフトを買おうかな?と思っている方、

体験版で試してみて下さい。PhotoShop等、Adobe社製品を何か一つでもお使いなら、かなり入りやすいです。

だからといって、押し売りしているんじゃないですよー。試す価値は有りですよーという事です。

Flashとツール名など違えど、出来ることはほぼ一緒だと思います。Flash板で色々勉強させてもらっています。

Flashのツール名と、LMのツール名、その他、何がイコールか分かればLM用に説明が無くても充分理解できます。

どうしてもイコールが分からなかったら、Google等で意味や役割を調べて

LMに照らし合わせれば、ほーら分かった、という具合。


インターフェイスが似ているとmacromedia社を訴え、勝訴した後に和解 (?)したようですが、見てみますか?

(1024*768のモニタ解像度そのままの大きさで、別ウィンドウgifが開きますのでご注意下さい。)

インターフェイス  ASの記述  コンポジションにグリッド表示 (スクリーンショットするなら「ちんこ」じゃないのにすれば良かった)

デバッガ

インターフェイスは1.0とほとんど変わりません。変わったのはスクリプト表示ぐらい。

中身は大幅に変わりました。ASが書ける、音がストリーミングできるようになりました。その他もろもろ。

サウンドは「イベント」「単独イベント」、それに「ストリーミング」が加わりました。

ただ、音の波形がタイムラインに出ないので、同期タイミングを取るのがちょっと面倒かもです。

(サウンドの対応ファイル形式は、mp3、wav、aif、sfil)


<< BACK