マカーの皆さん こんばんは。

世の中にはたくさん「Windows マシンでのFlash保存の仕方」等の説明がありますが

マカー用に説明しているページが少ないナー なんて思ったりしたもので

もの凄い勢いで余計なお世話をしようかなーと。

間違った事を言ってたとしたら、なるべく早く忘れて下さい。(簡潔版はコチラ)


ここでは 主なプラウザは IE 5.0 以上 、OS X.2.4 までを対象に説明っぽくします。(NN・safari対応も有ります)

分かりやすいように、DLする時「最初の」保存先はデスクトップをお薦め。

そもそも見られない、なんて時は最新のプラグインにしてみましょう。

なお、OS X.x+IEでは一部の事(ソースを見る等)がマウスホールド出来ないようです。コントロールキー+クリックして下さい。

(ボタンが二つあるマウスでは、右クリック、またはメインじゃない小さなボタンクリックで可能)

'03 2月現在の私の動作確認 可の環境

(OS 8.6 、9.04、 9.2.2、X.2.4、IE4.01、IE4.5 (Plug in 5)// IE5.0、IE5.14、IE5.16 、IE5.22(Plug in 6)// ネスケ 4.04、4.7、6.0、6.2.1、7.02 / safari β)


自分でも呆れるほど見にくいです、このページ。 改訂しますからね!

基本は二つです。

1. .swfお持ち帰り用があれば、それをマウスホールド、またはコントロールキー+クリック

2. .swfの場所が分かっていれば、アドレスバーにurlを打ち、optionキーを押しながらreturnキー

これや他の方法を回りくどく説明しているのが以下です。(簡潔版はコチラ)


1.お持ち帰り用   2.キャッシュから見る   3.ブラウザで見る   4.何にも無い   5.簡単 DLについて

<< BACK


1-a. あ!このFlash欲しい! お持ち帰り用って書いてある! 

そんな時は、素直にそのリンクに向かって「ありがとう!」と言いながらマウスホールドしましょう。

マウスホールドっつーのは、マウスを押しっぱなしにするアレです。(Windowsでは「右クリック」)

コントロールキーを押しながらクリックしても、マウスホールドと同じ事ができます。これはNetscapeでも同じ事ができます。

そうすると、ホラ!

リンクをディスクにダウンロードって出てきたでしょう?

それです、それ!

で、さっそくデスクトップかなんかに保存しちゃいましょう。

リンク先が .swfの場合はコレで頂けちゃうわけです。

試しにやってみますか? 

お持ち帰り用。

いらないですね。

テストしたら即こんな物はゴミ箱へ入れてノートン先生でも復活は無理なほど遠くへ捨ててしまいましょう。


1-b. お持ち帰り用がない! でも欲しい!

目的の「.swf」の場所を見つける事ができたら、そのurlをIEのアドレスバーに表示させ、

optionキーを押しながら、returnキーを押す。詳しくはコチラ

swfの見つけ方や、ブラウザでの見方は下のどっかに書いてあるっす。


1-c. お持ち帰り用がない! でも欲しい!

残念。でも欲しいし、作者さんも許可している場合は、.swfの場所と名前を見つけ

さくっとテキストエディタ(SimpleText等)でhtml書類を作ればOKっす。

<A HREF="http://www.geocities.co.jp/Milano-Cat/5428/tanabata.swf">七夕</A>

リンクはフルパス=httpから始まるURL全部が素敵。

そして適宜、××.htmlという「.html」の名前を付けて保存して下さい。(.htmでも可)

青文字の所は何でもいいです。ローカルでの作業なので自分が分かりやすいものが吉。

これをブラウザで開いて見てみましょう。

んで、青文字部分をマウスホールドでリンクをディスクにダウンロードしましょ。

DLが無事出来たら、このhtmlは捨てても構わないです。


2. キャッシュから見る 

あなたのIEの初期設定、どうなってますか?

知らない?  

OK!それなら答えは簡単です。

まず、Macintosh HDをタンタン!とWクリックして、軽やかにシステムフォルダを探して開いたら

更に鼻歌混じりに初期設定フォルダを開いちゃったりするわけです。

そうすると、Explorerというフォルダがあるはず。あるって絶対。

で、その中の Temporary Files というフォルダを開けると

あ!あったーー!  Wクリックー!

というわけです。

Macintosh HD → システムフォルダ → 初期設定 → Explorer → Temporary Files → (゚д゚)ウマー

当然、前に見た事のある物に限りますけれどね。ええ。

ただし。ただしですよ。

IEの初期設定 → webブラウザ → 詳細設定 → キャッシュ→ 場所

を変更しているとですね。ここにはありません。

そんな時は、その場所を確認するか、Temporary Filesをシャーロックで探してくれ。

また、私のようにキャッシュの設定を限りなく少なくしている人は空っぽの可能性も有ります。

OS Xでは「初期設定」ではなく「環境設定」です。

Macintosh HD → Users → ユーザ名 → Library →Preference → Explorer → Temporary Files → (゚д゚)ウマー

ここになかったら「検索」でTemporary Files を探してくだちい。


3-a. ブラウザで見る 

swfファイルを頂いてきたら、IEを立ち上げ、

左上のりんごマークの横の「ファイル」からプルダウンして、「ファイルを開く」→.swfを選択。

ショートカットを使うなら、コマンドキー(りんごマークのついてるキー)+O(openのoと覚える!)

またはドラッグ&ドロップ。

(ファイル=この場合「.swf」 をクリックしたまま「引きずり」=ドラッグ、ブラウザの画面の中でマウスを「離す・落とす」=ドロップ)

非常に簡単。


3-b. HTMLで見る (.swf DL後)

作者がHTMLで公開している、閲覧される方がスタンドアローンプレイヤーをお持ちでない場合、

作った者としてはこの方式で見ていただきたいなと思うわけです。

ブラウザで見ると、自分が指定した大きさより大きく表示されたり、コマ落ちしたり、何かと不都合が生じます。

まずはhtmlソースをコッソリ見て、必要な部分を自分のテキストエディタ(SimpleText等)にコピーし

xxx.html等、名前をつけて保存し、上記の方法で「ファイルを開く」→ xxx.htmlを選択。

.swfを今作った htmlを通して見る場合はデスクトップ等 同じ場所に置きませう。

これは面倒な方法なので「できれば」って事で、おまいらご理解下さい。

もうイヤってほど「七夕」で記述例。

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>七夕</TITLE>
</HEAD>
<BODY BGCOLOR="#000000">
<CENTER>
<EMBED SRC="tanabata.swf" QUALITY=high BGCOLOR=#000000 WIDTH="380" HEIGHT="260"> </EMBED>
</CENTER>
</BODY>
</HTML>

3-c. HTMLもDLしちゃう (.swf DL後) 

いちいちそんなモン書いてられっかよ。

ごもっとも。私もそう思います。

そんな場合は作者さんの書いたhtmlごと頂いてしまいます。

七夕ですが何か?

このリンク先はhtmlですが、マウスホールドしてリンクをディスクにダウンロードして下さい。

そうすると、htmlの記述もDLできちゃうって寸法。

無料サーバー等で公開している場合、広告までついてくる特典付き。

「IEマーク」のhtmlがデスクトップに出現!

それをWクリックすれば、見えたー!

もちろん、.swfもDLしないとダメですよ。デスクトップ等 同じ場所に置いておきませう。


4. ダウンロードもできないし キャッシュもないし スタンドアローンプレイヤーもない 

困りましたね。諦めましょう。

じゃなくて。

なんとかしてローカルで見たい場合は、Quick Timeのお出ましです。

Quick Time Playerを起動、りんごマークの隣の「ファイル」からプルダウンし「URLを開く」を選択。

そこに.swfのurlを入力しましょう。 htmlのソースを堂々と拝見しますと、

<EMBED SRC="tanabata.swf" QUALITY=high BGCOLOR=#000000 WIDTH="380" HEIGHT="260" TYPE="application/x-shockwave-flash"

PLUGINSPAGE="http://www.macromedia.com/shockwave/download/index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash"> </EMBED>

こんな記述があるはずです。赤い所が.swfの名前ですね。

またまた「七夕」ですが、試してみますか?

http://www.geocities.co.jp/Milano-Cat/5428/tanabata.swf

これをコピーしてQuick Timeで見てみて下さい。DLしていますよね?

(ページ内のワード検索は、コマンドキー+Fでできます。2ちゃんねるのスレ一覧等でやるのと同じですよん。)

何度見てもつまらないですね。 とっとと宇宙の彼方に捨て去って下さい。

面白かった場合は、そのまま閉じずに「保存」→「独立再生形式」すればOKです。(Pro Key所持の場合)

ただしクイックタイムで見る場合は、作者さんの意図に反してしまったり

AS等がうまく作動しない場合がありますから、あくまで参考程度にして下さい。

お薦めはしません。

(Flash=.swfは通常DLするとQuick Time書類のFLASHとなりますが、この方式でDLし保存するとMOVIEになります。)

(Flash MXで製作された物は、私の確認した限りQuick Timeでは開けないっぽいです。(QT 6.0 J))


5. DLについて 

よくぞここまで読んでくださいました。

あんまり書くと、Mac歴の浅い方への基本使い方講座、用語講座みたいになっちゃうんで

まぁ、私は語り出すと止まらないわけで。

上記の1や3-c等で説明した「マウスホールド」ですが、一番簡単なのは実は別にあります。

正直、忘れてた。すまん。

欲しい物のリンクデスクトップドラッグ アンド ドロップすれば、一発DLです。(IE 対応)

対象が.gifでも.htmlでも.swfでも何でも。

ごめんてば。

ここをクリックしたまま引きずって行って、デスクトップで離して見て下さい。gifです。


まだあったYO!

しかもヘルプに載ってる方法という基本的なのが抜けてたYO!

欲しい物のurlをIEのアドレスバーに表示させる、または表示されている時に

そのurlが「選択」されている状態にして下さい。

選択状態というのはアドレスバーに文字入力できる状態。

分かんなかったら、アドレスバーのurlの後ろあたりをクリックすれば選択状態。

背景の色は白じゃなくて、何か色ついてる状態。

その時に、optionキーを押しながら、returnキーを押す! するとDL開始!


また何か思い出したら、加えたり引いたり足したり消したりしておきます。

なんだか足してる間にぐっちゃぐちゃになって来たので、近いうちにもっと見やすくしますです。

同じ結果を得るにも幾通りも操作方法が有るし、使う人の好みもあるので、色々試してみるのもいいかも。



作者さんによってはDLを許可していない、等ありますから、

作者さんの意志や各サイトのルールは守りましょうネ。

なお、htmlの記述や、リンクに関する記述(相対パスや絶対パス)に関しては

Windowsと何ら変わりないので、ここで「ワカンネーぞ!」と思ったら

こちらをよーく読んでみて下さいな。

FLASHの保存方法 http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/4706/


以上。


<< BACK    



現在見ているページの「htmlソースの見方」は5つあります。以下どれでも好きなやり方でどうぞ。

1. IEのボタンバー(上部に履歴や更新等と並んでいる)の「ソース」をクリックする。

2. 左上のりんごマークの並びにある「表示」をプルダウンし「ソース」を選択する。

3. ページ上のどこか空白部分でマウスホールドし、一番下の「ソースの表示」を選択する。

4. コントロールキーを押しながら、ページ上の空白部分をクリック「ソースの表示」を選択する。

5. コマンドキー+E を同時に押す。(コマンドキーはりんごマークがついているキーです。)

*「マウスホールド」とコントロールキー+クリックは同じ動作をするという事です。

* 各ブラウザ(IE、ネットスケープ、safari)では、ショートカットキーが違います。ご注意下さい。

ソースを見るショートカット 

IE=コマンドキー+E / ネットスケープ=コマンドキー+U / safari 1β=オプションキー+コマンドキー+V



見られない・・・。
要因は二つ考えられます。

1. プラグインが対応していない。

→ 最新のプラグインにするか、逆に古いプラグインのみにしか対応していない。

古い物にしか対応していない、という事実に「もの凄い勢いで答えるスレ」で過去に遭遇しました。


2. htmlの記述により、読み込まない。

→ Macの場合、HTMLの「EMBEDタグを優先して読み込みます。

HTMLを見て、<OBJECT>、<PARAM>、<EMBED>の、.swfの記述を見比べてみてください。

<PARAM>と<EMBED>に書かれているファイル名が違うと思います。

おそらくは<PARAM>でくくったタグの中に、目的の.swfが見つかるでしょう。


<< BACK