TOKYO UNDER GROUND


2001.3〜2001.7

東京生まれの東京育ちでも、まだまだ知らないTOKYOがある。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 自分の家

自分ラジオ大ブーム今だ治まらず。増え続けるラジオ軍団。
70年代のラジオってカッコイーなー。
って事でクーガが2台になりました。SONYのスカイセンサーもよろしく。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 福生

アメリカ軍基地のある街、福生。
カフェも代官山界隈とは違って広々。でも、この店渋谷にもあるなぁ。
バイク屋もいい感じに寂れてる。カッコイイ。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 福生

アメリカ軍基地のある街、福生。
フェンスの向こうのアメリカ。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 福生

OH!あの伝説のニコラさんががここに。
『TOKYO UNDER WORLD』を読んだ人にはお馴染みの六本木裏社会のドンだったニコラさんですよー。
中に入りたかったけどお腹いっぱいだったんで断念。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 目黒

なんで福生まで行ったかっていうと仕事でアメリカ物の椅子を探してたから。
でも結局いいのがなくって目黒のアクメで購入。意味ねー。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 目黒

椅子椅子椅子。こんなに集中して椅子を探したのは初めてだ。
自分の家にも欲しくなってきた。買おうかなぁ。
けど、いったい何処に置く…………。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 鴬谷

東京の古い建物大特集。
グランドキャバレーですよ、お客さん。
カッコイイなぁ。こんな所で豪遊してみたいもんだ。いよっ、大統領。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 鴬谷

築65年の居酒屋『鍵屋』。
木造の普通の家みたいだが中に入ると時代劇の登場人物になった気分。
飲み物は日本酒とビールしかない。澁いぜ。また行こうっと。


TOKYO UNDER GROUND 夜のレインボーブリッジ

ゴールデンウイークに唯一出掛けた友だちのマンションからの眺め。
酔っぱらった頭に気持ち良い風。うぷ。
ご馳走様でした。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 日比谷の未確認物体

左は水飲み場。下の写真のビル内にある。渋い。
右はオフィス街のゴジラ。誰も見てない。ハチ公に負けてるぞ。ほれ。



TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 日比谷の古い建築物

左は60年代(多分)に丹下健三が設計したビル。
カッコEー。いかすぜ。こんなビルに事務所を持ちたいもんだ。
右はテーラー。勿論、今も営業中。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 日比谷の古いオフィスビル

ビルの天井。とてもここが日本とは思えない雰囲気。
日活映画のヒロイン気分。ジョー!!



TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 日比谷の古いオフィスビル

左は探偵事務所みたいだ。が『警察友の会』とかいう事務所。なんだろう?友の会って何?
右はこのビルのエレベーター。本物な感じがむんむん。
日比谷にはこういう古いビルが沢山あって楽しい。


TOKYO UNDER GROUND 原宿表参道

洋服屋にでっかいラジカセ。ディスプレイなのか。
ラジカセ好きの血が騒ぐ。近くで見たいがすでに閉店時間。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 原宿表参道

一人でクルマに乗っている犬。
よく見たらポルシェ。なんかハラたつ。
夜の原宿で何してるんだこの犬。


TOKYO UNDER GROUND 青山

ここでちょっと一杯。おしゃれな和食バー。
でも、いくら食べてもお腹がいっぱいにならないからヤダな。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 青山 246沿い

とあるバーの入口。赤いネオンに誘われて。
ここでも一杯だけ飲んだ。なぜ、一杯だけだったのかというと‥‥。


TOKYO UNDER GROUND 青山 246沿い

上と同じバー。怪しい個室もあって、『時計仕掛けのオレンジ』風。
と、思ったら客がいっぱい入って来て、それがみんなサラリーマンの合コン。
で、すぐ出た。見かけ倒しだ。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 原宿表参道

すでに取り壊しが決まっている同潤会アパート。
昔はそれぞれの入口に生活があった。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 原宿表参道

同潤会アパート。代官山も同潤会アパートが無くなってただの観光地になった。
これが無くなった原宿の風景はどう変わるんだろう。


TOKYO UNDER GROUND 原宿表参道

夜のキディランド。みどり色。
昼間とは違う大人の顔。夜はこんなライティングだったのか。


TOKYO UNDER GROUND 原宿表参道

原宿の移り変わりをずっと見て来たブティック。
川久保玲もここからスタートした。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 青山

ネオンが少ない夜の青山。大人の時間帯。
暗くないと本当のあかりのキレイさって分からない。


TOKYO UNDER GROUND 原宿駅前

ファッションの街原宿。なんて大昔の話し。
今は駅前に回転寿司。下はブティックだけど寿司屋の方が目立ってる。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 目黒川

最後の桜。普段は汚い川だが、夜はとてもキレイだ。
やはり桜の木の下には死体が埋まっているのでせうか。


TOKYO UNDER GROUND TOKYO UNDER GROUND 目黒川

満開を過ぎてもう散り始めている。
水面に散った花びら。うーん、これでもう一杯酒が飲める。って感じ。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷ハチ公前

大雨で寒い。でも桜は満開。繁華街の僅かな生き物。



TOKYO UNDER GROUND 渋谷HMV

何処に行っても街中に浜崎あゆみ。
なんだ?っと思ったらベストアルバムの発売日。
浜崎あゆみ始めました。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷

古くからあるバー。気が付いたらこんなもんがいた。入口に左右いる。
なんか、間違った方向に行ってる気がする。
モアイが渋谷のシンボルなのか?


TOKYO UNDER GROUND 渋谷NHK前

よく見ると時刻表の上に大きく『3/31まで』と書かれている。
春のダイア編成。
色々な事が新しくなる季節。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷駅前

また、あゆ。あゆあゆあゆの大洪水。
本人は溺れないんだろうか。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷駅前

あゆ遠景。あゆの居る光景。何処を撮ってもあゆが居る。
居場所なんて何処にもない。とは、もう歌えない。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷駅前

さらにあゆ。あゆ大特集。
一年後には誰がこの場所を飾っているんだろう。



TOKYO UNDER GROUND 渋谷ガ−ド下

山手線ががんがん走る下にバーがある。
上とは別世界。ロウソクとミラーボールが照明。
椅子は特急列車かなんかの二人掛けシート。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷ガ−ド下

同じバー。全部手作り。というか、ほとんど拾って来た物。
わりと混んでる。流行りのカフェもどきとは異文化。
落ち着いて飲める。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷ガード下

また同じバー。来る度に内装が違う。
今度来た時に、店があるかどうかっていう点でもどきどき感がある。
大家はJR。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷

気温4℃。春なのにさみー。(寒)
昼間うかうかした格好で歩いていたヤツは今頃どうしてるんだろう。
マジでさみー。


TOKYO UNDER GROUND 恵比寿駅構内

恵比寿にもいた。あゆ。
トイレの前にデカいポスター。トイレに駆け込む酔っ払いは誰も見てない。


TOKYO UNDER GROUND 亀有

駅前看板シリーズ1。
こんな所にスターウォーズ。ロボットがサービスしてくれそう。


TOKYO UNDER GROUND 亀有

駅前看板シリーズ2。
B's。オーナーがB'Zファンなのか?スターウォーズの隣にある。


TOKYO UNDER GROUND 亀有

駅前風景。
こち亀のような、のんびりした感じじゃない。
あゆの看板もうっすら見える。ふつうに都会。


TOKYO UNDER GROUND 東京スタジアム(飛田給)

東京ヴェルディ1969のサポ−タ−席。
試合に勝ってるのにこの盛り下がり。
太鼓がうるせー。サンバ系のドラムなのにリズムが祭り太鼓。


TOKYO UNDER GROUND 東京スタジアム(飛田給)

鹿島アントラーズのサポ−タ−席。
試合に負けてるのにこの盛り上がり。
凄く統率がとれている。どっかで全員で練習してるのか?


TOKYO UNDER GROUND RUM69家

いきなり、家にあるもの。手近なモノで済まそうとしている訳ではない。と、思う。多分。
デジカメを買ってまず最初に撮ったものがコレなのだ。ジョーと戦うガシャポンライダ−達。
隣にあるのが自慢のラジオ、『クーガセヴン』。70年代のヘヴィデューティ。
他にもガシャポンタイガーマスク、ガシャポンガッチャマンなど色々なヒーローが住み着いている。


TOKYO UNDER GROUND 再びRUM69家

また、家にあるもの。玄関を入ってスグにいるグラサン熊とスニーカー熊。
基本的にテディベアとかラヴリーなモノは嫌いだ。なのに、家にはクマが沢山居る。


TOKYO UNDER GROUND 三たびRUM69家

これがガシャポンタイガーマスク、ガシャポンガッチャマンらのヒーロー。
天井近くにぎっしり詰め込まれている。
ヒーロー満載。


TOKYO UNDER GROUND 日比谷線入谷駅

昭和30年代の家庭に突撃でお邪魔してみました。と、言うのは嘘。
実は、日比谷線入谷駅のホームにある女子トイレ入口。デジカメを買って2番目に撮ったものがコレだ。
なぜかトイレの入口に白いレースの暖簾が掛かっている。暖簾をくぐってトイレに入る。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷屋根裏

渋谷のライブハウス屋根裏にて。『The pod』のライブ。友達のやってるバンドだ。
カッコイイ音を聞かせた後に、関西弁のゆる〜い感じの喋りで落とす
おいしい。こういう時は関西人が羨ましい。どんな時でも笑いを取りに行く。男の生きざま。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷屋根裏

『The pod』のライブ。ヴォーカルのT君は、熱くなると顔がブルース・リーになる。
ブルース・リーになった瞬間を捕らえる。緊張の一瞬。
なんだか、だんだんアフリカの大草原で、ライオンが獲物を捕らえる瞬間を狙っている様な気持ちになってくるから不思議だ。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷屋根裏

『The pod』のライブ。新加入のドラマー君が突如脱いだ。って、言っても上半身だけだが。
シャッターチャーンス。
エロ丸出し。ドラマー君の写真ばかりを撮る。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷屋根裏

ライブハウスのけだるい照明。こういう感じ、なんて言っていいかわからないけど好きだ。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷屋根裏

ライブ後のゆる〜い空気。眠さと煙たさでボーっとしてるのが気持ち良い。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷屋根裏

ライブハウスの自動販売機。
いろんなバンドのスッテカーが貼ってある。
この中からメジャーになったバンドはいるんだろうか。と、ぼんやり思う。


TOKYO UNDER GROUND 渋谷駅前交差点

実物大。
ただ、それだけの為に撮った写真。
なんの実物大だったんだろう。気になる。


GO!GO!TOP

リンクバナーだよん