ロゴ エルヴァイラ
 

アイドル映画の王道

 



エルヴァイラ


1988年
アメリカ映画


監督:
ジェームズ・シニョレッリ
出演:
カサンドラ・ピーターソン
W・モーガン・シェパード
エディ・マックラーグ
ダニエル・グリーン
 


 激安ホラー番組のホステスとして一部にお馴染のエイヴァイラ。

エルヴァイラ
エルヴァイラ姉さん

 ティム・バートンの『エド・ウッド』を観ればわかるとおり、ヴァンパイラのパクりです。ちなみにヴァンパイラから訴えられ、裁判になったけど勝訴しました。

 エルヴァイラ役はもちろんこの人、カサンドラ・ピーターソン。
 胸元ぱっくり開いたドレス姿でおっぱいブルブルのお姉ちゃんが、クソつまんねーホラー映画専門番組のホステスを勤める。
 これだけツボ押さえときゃ、世のボンクラ共のアイドルにならないわけがない。ってな訳でブレイク。
 しかし、エスクワァイアあたりにポルノ女優やってた頃の過去をすっぱ抜かれた!ビッチ役の女優は実生活でもビッチだったのだ!
 俺たちのアイドルがポルノ女優だった!ファンの心に衝撃が走る。ついでにビデオ屋にも走る。
 そう。このスキャンダルはマイナスどころかプラスにしかならなかった。おっぱいブルブルお姉ちゃんの本番をみんな見たがっていたのだ。

 さて、この映画はそんなエルヴァイラのアイドル映画です。
 こんなオバサン主演のアイドル映画観てもなあ。って気もしますが、オッパイ大きいからよしとしときましょう。

 エルヴァイラに大伯母の遺産(ボロ家、プードル、料理の本)が入る事になった。
 その本を見ながら料理を作ると、怪物があらわれ、町はパニック。エルヴァイラが女ランボー風に暴れて町を救ってはいおしまい。と、アイドル映画らしく、どうでもいいストーリーが素敵です。

女ランボー
女ランボー

 ちなみに個人的な意見ですが、エルヴァイラ役じゃない時のカサンドラ・ピーターソンのほうが好みです。

素顔
素顔

 余談ですが、実は私は彼女の番組を観た事があります。
 深夜、暇ツブシにFENにチャンネルを合わせた(沖縄にはFENテレビの地上波放送があるのです。もちろん字幕なし)ら、彼女がホステスを勤めるB級ホラー映画専門番組を放送していたのでついつい観てしまったのですが、エルヴァイラはクソつまんねーB級ホラーの合間合間に出てきてベラベラ御託ぬかしたりしてました。
 観客と制作者を小馬鹿にした彼女の姿に“オッパイ大きくなかったらチャンネル替えてるぞ、てめー!”と陰惨な気分に浸った記憶があります。