'08/5 ギャルミ!
in 乙女の森キャンプ場

(左からちっち、にんにんさん、じゅごんさん、銀ちゃん、junちゃん、ゆうさん)

今回のギャルミ、開催地は御殿場の乙女の森キャンプ場です。乙女ですよ、オトメ。ギャルミにぴったり!
けど実はこのキャンプ場を使おうと言いながら既に2回も雨などで延期になってきたのです。「オトメなんて私たちにぴったり!」とか言い張ってる我々に対する神さまのお怒りなんじゃないかという不安がふとよぎるものの、そんなものに負けてはいられないので無理やり開催です。

予報では雨は大丈夫そうだったのに、箱根峠に向かう付近で何やら怪しい雲行きです。
これは「うす曇」程度ではなく明らかに「雨雲」。うーん、やっぱり神さまの・・・

不安になりつつここまで来たら進行方向が例え雨雲の真下であろうとも(;_;)向かわないわけには行きません。
途中でやはりシールドに水滴が・・・。カッパを着るほどではないけどこれから回復する見込みもなし。しばらくしらんぷりしていたけど、道路横にちらりとツツジの咲き誇った庭園が見えます。何やら看板も出てるし路肩に寄せてバイクを停めてのぞいてみると、どこかのホテルのツツジ祭りとか。道路から細い通路で中に入れるようだったので写真だけ撮ってきました。さてどうせ停まったし雨は止んできているけどいつまた降るかわからない雲行き。路面もかなり濡れてるので仕方なくカッパを着込み出発します。

大体カッパを着ると雨は止むもの。半分お守りみたいなものですが、このお守りがよくききます(笑)
特に降られずキャンプ場に向かっていたけどだいぶ時間も早いのでお茶でもしていきましょう。

国道沿いにはそれなりにお店もあるけどイマイチな雰囲気なのでどうしようかと思っていたら道端に小さな看板発見。手作りっぽい看板に従って少し入っていくと雰囲気のいいカフェがありました。
ここでおしゃれに(無理やり)ギャルっぽく手作りケーキなど頂いているとぢごんさんから到着メールがきます。
もうしばらくぐだぐだしようかと思ったけど、ぢごんさんがコワイので早々に出発。ここからキャンプ場は10分程度のはずです。

(ギャルの皆様へのお土産。朝っぱらから脚立に乗ってがんばってとったよ!
でもツーリング中にこういうもの渡されても結構困るんだよね〜(^^;)


キャンプ場に到着するとじゅごんさんとにんにんさんが既に到着してます。二人ともいつも早いねぇ。
にんにんさんは今回無念の車参加だったけど、無理は禁物です。まだ動きも少しおかしいし(いつもとは違うおかしさだし)完全復活をお待ちしてます。

来る途中に買出しできる場所がなかったので荷物だけ降ろしてスーパーへいきます。
キャンプ場に戻るとjunちゃんも到着。私はテント設営。あああ、これが面倒なんだよね。
ようやくテントをたててくつろぎ始めたところでゆうさんから電話です。国道からキャンプ場への入り口がわかりにくいみたい。すぐそこなのでお出迎えに行きます。戻ってくると銀ちゃんも到着。今日は御殿場ICくらいまで送ってもらった?
今回ギャルミは初参加のゆうさん。そしてゆうさんのハーレーも初めて見ます。かっこいいね〜。今はまだそんなにハーレーに興味はないけど883ならちょっと乗りたいかも。

ゆうさんと銀ちゃんがテントをたててる間にすっかりくつろいで・・・・ばかりもいきません。なんせコロとは言えダッチで何か作る気だし。
まずは炭をおこすのに相当な時間がかかります。ラクしようと思ってもってくるつもりだったバーナー忘れた上に、ファミキャンの子供が乱入して「手伝う!」と言いながらかなりの邪魔をしてくれるのでようやく炭がおきたときには料理する気もないくらい(^^;
けど肉を買ってきてるので作りますよ。
悩んだわりには簡単なレシピです。手羽元に塩コショウをして切ったじゃがいもとにんじんと一緒に焼くだけ。できればバターくらいいれたかったけど、いつもの癖で誰か持ってるだろうとあてにしていたら誰ももっていませんでした(^^;
塩コショウだけでいいのかなー。まぁいいか。
約20分後、ダッチを火からおろします。お、何やらいい匂い!
開けるとじゅーじゅーいい音がしてるじゃありませんか!火の通りもちょうどよくてほくほくの野菜がおいしい!
いや〜、なんか初めてダッチの良さが身にしみた(笑)
以前に2度ほど使ったときも悪くはなかったけど、「さすがダッチ!」と実感したのは今回が一番でした。
焼き物が一番いいのかな。また挑戦しようっと。

今回は、じゅごんさんのスモークもおいしかったし、にんにんさんのペンネもおいしかったし、食べ物ではそれほど衝撃的な事件は起こらなかったけど、このキャンプ場、かなりたちの悪いカラスがいます。なぜか(よりによって)集中攻撃を受けたじゅごんさん。夕食時はそれほどではなかったけど朝食時には今まさにこれから使おうとしていたニョッキのソースを奪われてました。レトルトパックを奪っていくとはな〜。ビールのアルミ缶も突き刺しちゃうらしいしカラスおそるべし。ちなみにファミキャンの人たちのまとめておいたらしいゴミ袋も翌朝壮絶な状態になってました(^^;

ギャルらしく甘いお酒が出てきたり、焚き火でマシュマロ焼いたり、ギャルなのか?と思うような濃いバイク話もあったりしながら夜も更けていきます。
心配してた雨も降らず本当によかった!神様もそろそろあきらめてくれたかもしれません(笑)

(ギャルっぽいお酒。何気に後ろにセロー♪)

場所が変わると眠れないはずなのにこの晩はなぜか爆睡。二度寝してふとおきたらもう6時半!!
今日はゆうさんが仕事のために7時出発と言ってたので慌てて起きます。既に撤収を始めているゆうさん。じゅごんさんとjunちゃんも既に朝食を始めています。あれ?いつも私が起きる頃には朝食1回目が終わってるにんにんさんは?「まだ起きてこないんだよね〜」とのこと。それはおかしい。絶対おかしい。心配になって車に見に行ってみたけど何やら動いている気配がしたので一安心です。

みんながそろった頃ゆうさんの出発準備も完了。残念ながらバイクをみんな並べる余裕がなかったけど集合写真はちゃんと撮れました。ゆうさん、またね〜!次回はもう少しゆっくりできるといいね。

残ったメンバーも朝食をすませつつ、撤収して9時ごろにはバイクを並べてまたまた記念撮影。
にんにんさんはどこやらにツツジを見に行くとのこと、junちゃんは直帰、銀ちゃんがほったらかし温泉に行くというので私もそれに乗っかります。またまたうまいものを食べに行くじゅごんさんも時間があるので途中まで温泉組に合流。
ということでキャンプ場を出発時点でにんにんさん、出てすぐにjunちゃんとも別れて3人で山中湖方面に向かいます。

(キャンプ場で私のセローとゆうさんのハーレー。
もう少し木漏れ日でもさしてれば・・・)


それにしても今日は天気がいいと思っていたのになんだかまたしても向かう方角に怪しい黒雲。なんかなー。というか、そんなことよりも深刻な事態発生です。
前から調子の悪かったセローがものすごく調子が悪くなってきています。しばらくはがんばってみたけど、とてもとても回り道して温泉に入ってるなんてのんきなことをしていられるような状態ではなくなってきました。
仕方なく途中で進むのを断念して銀ちゃんとじゅごんさんと別れ、高速で帰ることにします。

それほど進んでいない間に戻ったので、もしかして高速でjunちゃんに会えるかな〜と思っていたら富士川SAからの合流車線に見覚えのある緑のオフ車!おおっ!これは運命の赤い糸か!?喜びつつjunちゃんと並んで走りだしたのはいいけど、ふとミラーを見ると無数のヘッドライト。な、なに?確かにjunちゃんの後ろに2,3台のバイクは見えてたけど、ミラーに写っているのは2,3台どころではありません。2,30台の大集団ですΣ( ̄ロ ̄lll)

実はハーレーのディーラーミが富士スピードウェイあって土日の間、見かけるバイクの8割くらいがハーレーじゃないかというくらい、あっちにもこっちにもハーレーだらけだったんだけど、そのミーティングから帰る団体さんのようです。それにしてもハーレーの大集団の先頭になっちゃったよー!ひー!

ものすごく落ち着かない気分になったけどこちらは調子の悪いセロー、80km/h巡航しているのでどば〜っと抜いていってくれました。よかった〜。
それにしてもこの日追い越していったバイクのほとんどがハーレー。ミーティングの影響とは言え、ハーレーってこんなに多いの?

その後せっかくjunちゃんに会ったので昼食がてら寄ったSAでもセローの調子は相当悪くてjunちゃんにも「迎えにきてもらったら?」と心配させてしまいます。エンジンのかかりは異常に悪いけど走り出せばなんとか走ってるのでとりあえず行けるところまでは行ってみるつもり。
もう一回くらい休憩しようと思っていたけど、高速を走っていたらものすごい眠気に襲われてふらふら路肩によってしまいます。これはまずい。いくらなんでもまずい。予定していたより手前のPAに寄ると「バイクの調子が悪くて路肩によって停まろうとしてるのかと思いました(;_;)」とのjunちゃんの言葉。無駄に心配させてごめんなさい(^^;

さらにここでも休憩して、さらにセローの調子は悪化し(T_T)本当に帰り着けないんじゃないかと思ったけど、なんとかだましだまし家の近くのバイク屋さんまでたどり着きました。
セローはそのまま入院。満載していた荷物を降ろして迎えにきてもらい、そのまま買い物に行って帰宅。
いやはや帰ってこれたからよかったけど、精神的にはかなりハードなツーリングでした。
早めにセロー直すのでまたみんな遊んでね〜(T_T)


オフミトップへ]  [ちっちのおもちゃばこへ