十世湖十 卜窓

 十世湖十(生没年不明)。
※勝峯晋風『子規以前の明治俳諧』291頁に「十世木者庵湖十・桐淵氏」とあり、同深川座の項には「老鼠肝山夕・小林氏 碌々庵石腸・野上氏 三世霜柱菴戀稲・明田氏」とある。十世の生没年や氏名をはっきり確証できる資料というものが、現在、見つかっていませんが、「八世を晴窓湖十、九世を稲窓湖十、十世を卜窓湖十」とした資料はあり、十世を卜窓とする次第です。