『チェア・アンパイア』(CU)ハンディーマニュアル

審友会  

ラインアンパイアのついた試合でチェアアンパイアをやるようなことは全日本選手権など極めて限られた大会でしかチャンスがありませんが、そのようなチャンスに恵まれたことも考慮して「チェア・アンパイア」についてのハンディーマニュアルを作成しました。主としてチェア・アンパイアとして注意すべき点を箇条書きにしたものです。参考になれば幸いです。
細かなノウハウなどを盛り込んだマニュアルも機会があれば新しいページを設けたいと考えています。

「ここは実際と違うのではないか」というようなご意見、アドバイスがあればメールいただければ幸いです。改訂版の参考にさせていただきます。

(1)試合前
コートに入る前
・試合方式(セット数、タイブレーク等)、使用ボール数、ボールチェンジの確認。
・バインダー、ストップウォッチ、メジャー、コイン、消しゴム付き鉛筆2本、(これらは少なくともチェアアンパイアが自前で準備すべきもの)
 スコアカード、必要数のニューボール、ユーズドボール(セットボール)の確認
・プレーヤー名の確認(特に、外国人プレーヤーの場合は発音の仕方,日本人プレーヤーの読み(発音)など)
・スコアカードの予め記入できる箇所は埋めておく。
・当番コートの進行状況に注意を払い、前の試合終了後、速やかにコートに入場できるように待機する。

(2)試合直前
コート上で
・ネットの高さ、テンション、シングルススティックのチェック。
・コートのコンディション、スコアボード、プレーヤーのタオル、飲み物等のチェック。
・ラインアンパイア、ボールパーソン等の配置。
・試合のコールから10分近く経ってもプレーヤーが現れないときは、レフェリーにその旨連絡する。

  プレマッチミーティング
できるだけ手短に,必要事項だけ伝える。
・プレーヤーをセンターストラップ付近で待つ。
・プレーヤーの名前を確認し、服装違反などがないかチェック。
・プレーヤーに試合方式、使用ボール数、ボールチェンジなど試合に関する情報を伝える。
・コインをスピンさせ、かつ十分高くトスする。
・トスの勝者にサーブ/レシーブ/エンドの選択をさせ、コインを拾う。
 サービスラインアンパイアに,どちらのプレーヤーがサービスするかをハンドシグナルで合図する。
・プレーヤーにボールを渡し、「Five minutes for warm-up」とアナウンス後、ストップウォッチを作動させ、審判台に上がる。

(3)試合中
・ポイントが決まった時、直ちに、大きな声で、はっきりと、スコアをアナウンスし、ポイントルーザーを見てからスコアカードに記入。
(スコアカードに記入しながら下を向いたままスコアアナウンスをしない)
・サービスレット、ネットタッチ、その他のファウルショットをコール。
・ラインアンパイアがいないライン(3人制以下のとき)のイン/アウトをコール。
・ベースラインアンパイアがいないときは、フットフォールトもコール。
・プレーが連続して行われるように20秒、90秒ルールを怠らないこと。
・ラインアンパイアの「明かな」ミスジャッジは「直ちに」オーバールール。
・スコアカードにマークするなどしてボールチェンジを間違えないように。
・観衆のコントロール。
・ラインアンパイアとのコミュニケーション(エンドチェンジの時、オーバールールの時など)。

(4)技術上の注意事項
・頭を上げる
・ボールから目を離さない。
・サーバーがサービスする直前に、レシーバーが準備しているかどうかチェック。
・コート上で起こっているすべてのことに、いつも注意を払う。
・コートの状況や侵入物等に気を配る。
・プレーヤーから質問があった時は、身を乗り出して言い分に耳を傾け、はっきりと明確に答える(感情的にならず、冷静に)。
・コールやアナウンスは大きな声ではっきりと、しかも威圧的にならないよう注意。

(5)試合後
・できるだけ早くコートを去る(試合終了時間の記入を忘れないこと)。
・プレーヤーに話しかけない。
・スコアカード、ポイントペナルティーカードを完成させ、大会本部に提出。




トップページ
ハンディーマニュアル

ルールその他、審判関係についてのお問い合わせは、
ゲストブック(読者のページ)へまで。