8ゲームズ・プロセット

審友会  


かつては、我々アマチュア(草テニス)プレーヤーの試合でも3セットマッチは普通でした。最近では、8ゲームズプロセットがほとんどとなっています。都道府県大会の決勝や準決勝で3セットマッチが行われるぐらいです。 長引く試合を短縮されるために考え出されたのが、この8ゲームズプロセットです。最近では、サテライトサーキット(国際大会)の予選でも採用され、プレーヤーにとっては緊迫した厳しいゲーム状況が展開されることになります。 この8ゲームズプロセットについて紹介します。

JTAの「コートの友」では次のように記述されています。

8ゲームマッチ方式
(1)2ゲームの差をつけて8ゲームを先取したプレーヤーがその試合の勝者となる。
(2)スコアが7ゲームオールとなった場合には、さらに2ゲームを行い、9−7で勝敗を決する。
(3)8ゲームオールとなった場合には、タイブレークを適用し、スコアは9−8と記録される。

USTAの「Friend at Court」では次のように記述されています。

PRO-SETS
The pro-set was first used by early professional tours to shorten a match by playing one pro-set instead of the usual best of three ordinary sets. It is now used for the same purpose when emergency or other conditions so dictate.

While the number of games in a pro-set may be varied at the Referee's discretion, there are two principal types of pro-sets, an 8-game one and a 10-game one. In the 8-game variety the player who wins eight games with a margin of at least two wins the set. If the score reaches 7-all, two games are played. If a player wins both of these games he wins the set by a score of 9-7. If the score reaches 8-all a 12-point tie-break will be played with the winner of the tie-break winning the set by a score of 9-8. A similar procedure is followed for a 10-game pro-set, where the scores might be 10-8 or 11-9 or 11-10.


トップページ


ルールその他、審判関係についてのお問い合わせは、
ゲストブックへまで。