日本教育史学会夏季特別会報

  
 盛夏の季節となりましたが、会員の皆さまには、ますますご清栄のことと存じます。8月は例年にしたがい、研究例会は休みとし、この「夏季特別号」をお届けいたします。 〔石川松太郎〕
───────────────────────────────────────────────────── 
【関連学会等】
*日本教育学会
 本年度の研究大会を、9月2〜4日(金〜日)の3日間、玉川大学を会場として開催。
*教育史学会
 本年度の研究大会を、10月2日、3日(土、日)の2日間、北海道大学を会場として開催。
*日本教育社会学会
 本年度の研究大会を、10月1日〜3日(金〜日)の3日間、東京大学を会場として開催。
*日本生涯教育学会
 本年度の研究大会を、10月9日、10日(土、日)の2日間、安田女子大学(広島市)を会場として開催。
*教育哲学会
 本年度の研究大会を、10月16日、17日(土、日)の2日間、東北大学を会場として開催。  
*図書館情報学会
 本年度の研究大会を、11月6日、7日(土、日)の2日間、大阪市立大学を会場として開催。
────────────────────────────────────────────────────── 
【お知らせ】
*「第420回 例会ご案内」中の「教育史関係図書紹介」において、論文「学習者からみた八代伝習堂の性格」(后次複苅魁法治沓院法,涼者を卜部朋とすべきところ、卜部朋子と誤記しました。深くお詫びして訂正いたします。
*前回の月例研究会において、小田嶋悟さん(明星大学〔院〕)が報告された「「生活台」をめぐる「北方教育」の研究」で配布された資 料を保管してあります。ご希望のかたはお申し出ください。実費(送料を含む)500円です(切手でも可)。
*9月の月例研究会は、手打明敏さん(筑波大学)による近代農業教育史・農民教育史に関するご報告を予定しています。日時は9月25 日(土曜日)午後3時〜5時です。
日本教育史学会事務局
  〔文責:高野 俊〕
───────────────────────────────────────────────────── 

〜 機セ駑繊ι刻・目録・年表 〜
  【(1)一 般】
1. 『日本の仕事唄 1』『同上 2』 宮内 仁 近代文芸社(東京) 1999.6 244p 251p A5判           各巻1800円
【(3)近現代】
2. 『新修 森有禮全集 第4巻』 大久保利謙監修 上沼八郎・犬塚孝明編 文泉堂書店(東京) 1999.4.30 603p
A5判 21000円
3. 『旧制高等学校の青春ー旧制高等学校記念館資料集ー』 松本市教育委員会社会教育課編 松本市教育委員会 1998.10       183p A4判 
 
〜 供ザ軌藥亡愀犬力席検Φ事を収める機関誌・紀要類 〜

1. 『教育哲学研究 第79号』 教育哲学会(早稲田大学教育学部市村研究室内) 1999.5.10 164p A5判
〔備考〕教育史関係所収論文については「検次複粥法廚鮖仮函
2. 『教育学研究 第66巻 第2号』 日本教育学会(東京) 1999.6.30 163〜258p B5判
〔備考〕教育史関係所収論文については「后次複隠院法廖岫察次複機法廚鮖仮函

〜 掘ヅ繊ゝ・自 伝 〜
『(1)前近代』
1. 『菅茶山略年表(草稿)ー菅茶山生誕250年祭記念ー』 広島県神辺町教育委員会、菅茶山記念館 1998.10 88p 
A4判
2. 『林羅山年譜稿』 鈴木健一 ぺりかん社(東京) 1999.7 254p A5判 4700円
【(2)近現代】
3. 『高瀬竹江さんの八十八年ー生涯教育の先駆者高瀬兼介先生の妻の記録 口述の生活史ー』 坂本紀子編著 岩本譲刊(八千代市)    1997.10 235p 図版8p A5判 1700円
4. 『留岡幸助:自叙/家庭学校』 留岡幸助 日本図書センター(東京) 1999.2 193p B5判 1800円 

〜 検ッ書・論文・編纂(時代別) 〜
【(1)一般・通史】
1. 『教育思想史』 中内敏夫 岩波書店(東京) 1999.10.15 199p A5判 2000円  
2. 『大学史をつくるー沿革史編纂必携ー』 寺崎昌男他2名編著 東信堂(東京) 1999.6 432p A5判 5000円
【(2)古 代】
3. 「聖徳太子と遣隋留学生高向玄理」 井上 薫 (聖徳太子奉讃会『とみのおがわ(1)』所収) 1997.2
【(3)中 世】
4. 『金沢文庫と『吾妻鏡』の世界』 末廣昌雄 岳書房(東京) 1999.5 301p B6判 2500円
【(4)近 世】
5.☆『幕末維新期における漢学塾の総合的研究 機戞愼云紂´供戞癖孤省科学研究費補助・基礎研究報告) 幕末・維新期漢学塾研究    会(代表:生馬寛信) 1998.3.30 1999.2.20 76p 70p B5判 <生馬氏より受贈>  
6. 「佐久間象山における「東洋道徳西洋芸術」」 小林 寛 (つくば国際大学<土浦市>『研究紀要(4)』所収) 1998.3
7. 「朝鮮算書「黙思集」と日本算書「割算書」の比較」 王 青翔 (四日市大学学会『環境情報論集(1−1・2)』所収) 1998.3
8. 「伊藤仁斎における教育思想の構造についてー「孔孟の意味血脈」を視座とする教育思想の特質ー」 山本正身 (『供治院拿蠎)    44〜58p
【(5)近現代】
9.☆『学校行事の成立と展開に関する研究』 山本信良  紫峰図書(横浜市) 1999.3.25 399p A5判 6000円
<山本氏より受贈>
10☆『東京大学物語ーまだ君が若かったころー』 中野 実 吉川弘文館(東京) 1999.7.1 212p B6判 1700円    <中野氏より受贈>
11.『青年団と国際交流の歴史』 大串隆吉 有信堂高文社(東京) 1999.2 215p A5判 6200円
12.『わが国の学校放送史の研究』 磯辺武雄 北樹書院(東京) 1999.6 221p A5判 2900円
13.「野村芳兵衛の一人称の語りとその変容ー実践記録の記述を中心にー」 浅井幸子 (『供治押拿蠎) 183〜192p 

〜 后ッ書・論文・編纂(地域別)〜
【(2)青 森】
1. 『千古の心友ー平賀町読書運動推進協議会二十周年記念誌ー』 同協議会 1998.2 106p A4判
2. 『創立半世紀記念誌』 青森県立岩木高等学校(岩木町) 1998.10 2册 A4判
【(3)岩 手】
3.☆「近世盛岡藩士の和算教育」 佐藤 環 (中国四国教育学会『教育学研究紀要 第44巻 第一部』別刷) 1998 117〜    122p B5判 <佐藤氏より受贈>
4. 『盛岡工業高校百年記念誌』 岩手県立盛岡工業高等学校(盛岡市) 1998.10 2册 A5判
5. 『岩手医科大学七十年史』 岩手医科大学(盛岡市) 1998.6 744p A5判
【(8)茨 城】
6. 『水戸の彰考館ーその学問と成果ー』 福田耕二郎 水戸史学会(水戸市) 1991.8.20 168p B6判 2060円  【(11)埼 玉】
7. 『魅力ある学校づくりー「埼玉教育」巻頭論文に見る戦後教育五○年の歩みー』(「埼玉教育」創刊五○周年記念誌) 埼玉県立南    教育センタ−(浦和市) 1998.10 198p B5判
8. 「村落における教育費負担の意味構成〜埼玉県一村落の教育費負担形態の変容過程を事例として〜」 柏木 敦 (『供治押拿蠎)    173〜182p
【(13)東 京】
9. 『中央大学史紀要(9)』 中央大学広報部(八王子市) 1998.3
〔備考〕「私立法律学校特別監督条規と英吉利法律学校(1)」(松崎彰)、「東京法学院浅野弁一郎「明治二十五〜二十七年 学資 及ビ小遣帳」」(風間康紀)の論文を掲載。
10.『創立40周年記念誌』 国立市立国立第三小学校 1994 40p B5判
【(14)神奈川】
11☆『神奈川の近代学校史の研究』 永野勝康 社会評論社(東京) 1999.6.30 378p B6判 4800円 <永野氏    より受贈>
12.『学徒勤労動員の記録ー戦争の中の少年・少女たちー』 神奈川の学徒勤労動員を記録する会 1999.7 高文研(東京)      281p B6判 1800円
【(16)長 野】
13.『松本市民生児童委員活動のあゆみー制度創設八十周年記念』 松本市民生委員・児童委員協議会 1998.10 358p 
B5判
【(23)愛 知】
14☆『岡崎高等師範学校五十年誌』 名古屋大学岡崎高等師範学校同窓会〔黎明会〕(豊川市) 1999.5.28 353p B5    判 <同会より受贈> 
【(25)滋 賀】
15.『滋賀県立盲学校創立90周年記念誌』 滋賀県立盲学校(彦根市) 1998.10 104p A4判
16.『滋賀県立八日市高等学校創立90周年記念誌』 同高等学校(八日市市) 1998.9 312p A4判  
【(26)京 都】
17.『双ケ丘中学校創立50周年記念誌』 同中学校(京都市) 1998.11 83p B5判
【(30)和歌山】
18.『固有ノ元気ー和歌山県立田辺中学校創立百周年記念誌』 同中学校同窓会(田辺市) 1997.3 512p B5判
【(36)徳 島】
19.「徳島県西部における石門心学の展開」 名倉佳之 (徳島地方史研究会『史窓(28)』所収) 1998.1
【(41)佐 賀】
20☆『明治〜大正期 佐賀県学事例規目録』 尾形徳之・生馬寛信(佐賀大学)1999.2 165p B5判 <生馬氏より受贈>  【(42)長 崎】   
21.『長崎県立盲学校100年のあゆみー創立百周年記念誌、明日の盲教育を見すえてー』 同盲学校(時津町) 1998.11     287p B5判 
【(44)大 分】
22.「大分県における専門学校誘致についてー高等工業学校と医学専門学校ー」 吉田豊治 (大分県地方史研究会<大分大学教育学部   内>『大分県地方史(167・168)』所収) 1998.1
【(47)沖 縄】
23.『喜名小学校創立50周年記念誌』 同小学校(読谷村) 1998.2 199p A4判

〜 東 洋 教 育 史 〜
【(1)アジア一般】
1. 「日本人移民と<国語>教育」 坂口満宏 (京都女子大学史学会『史窗(55)』所収) 1998.3 
2. 『第二次世界大戦前の在外子弟教育論の系譜』 小島 勝  龍谷学会(龍谷大学内、京都市) 1993.11.25 206p    A5判 
3. 『日本人学校の研究ー異文化間教育史的考察ー』 小島 勝 玉川大学出版部(町田市) 1999.3.10 542p A5判    11000円
4. 「関西大学草創期における清国人留学生」 大原美喜 (関西大学『年史紀要(11)』所収) 1999.3 11〜44p
5. 「「皇民化」政策期の在朝日本人ー京城女子師範学校を中心にー」 坂本和子 (津田塾大学『国際関係学研究(25)』所収)     1999.3 79〜94p
6. 「1930年代初期台湾における国語講習所の成立とその宣伝」 藤森智子 (慶應義塾大学大学院『法学政治学論究(40)』所    収) 1999.3 91〜141p
7. 「日清戦争前日本の対清人材教育ー荒尾精と上海日清貿易研究所ー」 汪 輝 (『広島東洋史学報(3)』所収) 1998.12 72〜78p8.  「大正時代の中国人女子留学生ー費達生ー」 周 一川 (お茶の水女子大学女性文化センター『年報(9・10)』所収)  1996.3
149〜164p
9. 「台湾の歴史教科書『認識台湾』と李登輝政権の歴史観」 平松茂雄  (『杏林社会科学研究(14−4)』所収) 1999.3 1〜20p
10.『ハルピン学院と満州国』 芳地隆之 新潮社(東京) 1999.3 200p B6判 1000円
11.『中国少数民族教育政策文献集』 金龍哲編訳 大学教育出版(岡山市) 1998.5 316p B5判 5000円
【(4)中国ー中世】
12.「棚民と学校・科挙」 安野省三 (『青山史学(16)』所収) 1998.3 1〜20p
【(5)中国ー金現代】
13.「旅順工科学堂における中国人教育」 竹中憲一 (早稲田大学アジア太平洋研究センター中国部会『研究シリーズ(40)』所収)   1998.3
14.「日本植民地下の台湾教育史ー『隈本繁古文書』にみる本島人中学校設立・台湾教育令制定過程ー」 川村一友 (『信大史学     (23)』所収) 1998.11 30〜62p     15.「汪精衛南京政府下の青年運動ー中国青少年団の成立と展開ー」 柴田哲雄 (京都大学大学院『社会システム研究(1)』所収)    1998.1 143〜158p 
16.「清末民国期の間島における朝鮮人教育政策についての一考察」 竹中憲一 (早稲田大学法学部『人文論集(37)』) 1999.   2 83〜120p 
17.「新生活運動の婦女工作機関誌ー雑誌『婦女新運』の内容と史料的価値についてー」 丹野美穂 (『近きに在りて(34)』所収)   1998.11 35〜45p 
【(6)朝 鮮】
18.「植民地期朝鮮における「生活改善」問題の位相ー1920年代末〜1930年代末までを中心にー」 森本 徹 (『青丘学術論   集(13)』所収) 1998.11 18〜32p
19.「朝鮮時代の郷村における儒教的教化の一側面ー郷飲酒儀礼・郷射儀礼についてー」 平木 実 (天理大学『学報(190)』所   収) 1999.2 1〜25p
20.「50年代前半期における在日朝鮮人教育の一考察〜公立学校・分校・民族学級を中心に〜」 金 徳龍 (朝鮮大学校『学報(3)』   所収) 1998.6 115〜131p 
21.「旧韓末と併合初期における韓国人の日本留学」 朴 己煥 (『近代日本研究(14)』所収)  1998.3 254〜294p
【(8)東南アジア・オセアニア】
22.「シンガポールの宗郷会館と社会教育的機能」 登坂 学 (早稲田大学大学院文学研究科『紀要(44−1)』所収) 1999.   2 179〜189p B5判
23.「インドネシアの女性政策・女性学・女性運動」 村松安子 (お茶の水女子大学女性文化研究センター『学報(9−10)』所収)   1996.3 21〜40p

〜 察ダ勝〕痢ゞ機^蕁〇法 
【(5)現 代】
1. 「1960年代西南ドイツにおける私立学校法の制定経緯とその教育史的意義」 遠藤孝夫 (『供治押拿蠎) 163〜      172p