ノラネコ ロボットのつぶやき

2009.5.4 11:09

不安はある

まさに、寝ても覚めても



将来の生存の不安

稼ぎも貯金も無くなったら、飢え死にするしかないもんね



それも、また良いか

そう言い聞かせて、眠りにつき、目が覚めては起き上がる



なるようになるさ



なんて、言えるほど明るくもない

「お金」なんて自分ひとりで生み出せるものではないから



人間とは、やっかいな生き物だ



生きている間だけでなく、死ぬ時まで、他人に迷惑をかけなければならない

一人で自然に還ることすらできない



なんて不自由なんだろう




2009.5.3 13:49

一昨日の夜から、ずーっと同じDVDを再生している。

「the IRON giant」

泣けるから!と、会社の人が貸してくれたけど、英語版。

リージョン1

でも、なぜか再生可能。




1回目は映像と台詞の調子と英語字幕で、なんとなく理解。

泣く。

2回目も映像と台詞の調子と英語字幕で、さらに理解。

泣く。

3回目はリモコン片手に気になる部分の英語字幕を一時停止→確認 しながらで、ほぼ理解。

泣く。

あとは、生活しながら再生しっぱなし。

適当に、泣く。




こんなにも他人のことを、身体を張ってまで信じられたりって、私の人生の中では無いのかもしれない。

そして、自分のありようは自分で選ぶんだ。というメッセージ。





でね、

テレビでは世襲議員をどうする、とか

ネットニュースでは『「年金は31年度に破綻」マイナス1%成長で厚労省試算』とか

会社では正社員がバイトに、「最初に切られるのは、私じゃなくてあなたなんだから、さっさと他の仕事探しなさいよ」とか




なんかね、暗くて不安で理不尽で心をえぐられるような話ばかり。




いずれは、私も家やDVDプレーヤーを無くして、

昔、the IRON giantを観て泣いたっけ... なんて空の下で思うんだろうな。




理想は映像の中だけに...



2009.5.3 13:23

この世に誰もアクセスしないページがあっても良いじゃないか。

心情を吐露するだけのページがあっても良いじゃないか。  



以上