私達の船での失敗談

あ〜ぁ、ここの自白欄が増える度に、自分が情けなくなっていきます。
ここが更新される回数が他のページサイクルより速いと言うのは…ある意味私達
は問題児???
こんな私達に呆れず、これからもお付き合い下さいね。

憧れの海底神秘
あれは芸能人も大好きなハワイへバカンスしに行った時の出来事です。
せっかくハワイまで来たのだから“海の神秘”に触れてみよう!!と言う事になり
高いOP料金を払い、『潜水艦に乗って海底散策をしよう!』に張り切って参加。
…が、潜水艦浮上地点に行くまでに酔った。き、気持ち悪い…助けてぇ。
しかも潜水艦浮上地点で潜水艦を待っている間、船は止まった状態の為、縦揺
れ(拷問?)潜水艦に乗り込んだ時には、酔いはピークに!!うぇぇぇえ。
でも、華の独身女?の意地とプライドにかけて、潮吹き鯨になるものか!!
しかも、私には任務が…「私には、日本で待っているみんなの為にビデオ撮影と
言う任務があるのよ。」
私は右手にハンディカム、左手に○○袋を握り締め任務遂行しました。
結局、日本帰国後、待っていたみんなと一緒にビデオで“海の神秘”に触れたの
でした。内航フェリーに乗船した時には酔わなかったのに、なぜ??

素晴らしき特等?!
それは、初めて船旅に(パックツアーなのですが…。)参加した時の思い出?(あ
る意味忘れられない。)
ツアー自体は2等寝台だったのですが、ちょっとリッチに♪と思い、1等(OP料金
追加)に変更。(特等にしないところが庶民…。)
船内は豪華で、映画館あり、展望レストランあり、展望大浴場、エントランスホ
ールも煌びやかで手すりもゴールド(光物に弱いのか?)シャンデリアも綺麗とい
かにも船旅をしてる!!と気分は最高潮に。し・か・も、理由はわからないがフェリ
ー会社側の都合により1等が特等へ変更になりラッキー!!
出港前船内を探索していたその時、船内アナウンスが…‘台風が近付いてる為、
船が揺れる’…と。
嫌な予感がした為、売店にて酔い止め購入をする事にした。…が、完売したのか
元から置いてなかったのか酔い止め入手できず。(一抹の不安を残しつつ出港。)
不安的中!!酔ったぁぁぁ〜あ☆☆でも、これ以上酷くなる前に入浴を済ませて置
こうと思い、大浴場へ。(特等だったのでバス付きだったが、ため湯時間を考える
と)大浴場の湯船も揺れのお陰で津波状態。
部屋に戻ったがもう限界極限。結局、特等のベットとトイレのみを満喫し下船。
下船後、バスに乗船したが揺れが残った状態が続き…。(半日使い物にならなか
った)教訓“船旅には大丈夫と思っても、酔い止め持参の乗船!!”

代休の行方
この失敗はもう、誰の失敗かご存知の方がいらっしゃると思います。(『船のウェ
ブ・サイト』のオーナーさんにはメールで自白しちゃいましたので…そうです。
みぃなのです。PC操作できるのが1人しかいなくてメールでゲロした。と言ったら
☆は限定されますね。)笑
みぃは仕事の関係で冬場出張が多いのです。(春・秋も多いのですがこの時期
は時間の問題で飛行機を利用しています。)
‘出張費を浮かして、出張先で美味しい物を食べてこよう!’と先輩と片道フェリー
利用を決め出航。
船内では、のんびりお風呂に入りスウェット&すっぴん姿(誰だかわからない別
人28号?)ジュース片手に(みぃはお酒が飲めない。←人生の2/3損してるとみぃ
自身思う)お菓子ボリボリ船泊を堪能。
そして、無事出張先の仕事も終了し、当初の目標でもある‘出張先で美味しい物
を食べる’も達成。
お土産を持って職場に行ってみぃは愕然?!としました。(出張後の事務手続きをし
に事務センターに書類提出しに行って…。)
フェリー利用だったので、出張日数を1日多く(代休利用)申請していたのに、有休
が消化されているではないか!!なにぃぃぃい、貴重な有休がなぜ??
みぃは出張申請書提出(出発前)の際、代休ではなく有休欄を○で囲っていたので
す。使ってしまった有休を嘆いても仕方ない、こうなったら代休も使ってやるぅ!と思
ったのですが、職場の状況がそれを許さなかった。あぁ〜みぃの代休は何処へ…。

さんふらわあ違い
更新前なのですが、“お勧めリンクのご案内”に『さんふらわあこがね』さんをご紹
介させて頂いていたのですが…みぃは大変失礼なご紹介をしてしまいました。
“みぃが個人的に好きなフェリー会社(商船三井フェリー:旧BHL)なので載せてしま
いました。”などと書いてしまいました事をこの場を借りて訂正をもってお詫びに変
えさせて頂きます。ご、ごめんなさい、オーナーさん。
『さんふらわあこがね』は‘さんふらわあ’でも商船三井フェリーではないのです
ね。関西汽船フェリーだったんですね。
知らなかったんです。みぃは‘さんふらわあ’=商船三井フェリーだと…。
でも、船のデザインもほとんど同じなんですね。(よく見ると、ひまわり?の色が若干
違うらしいです。)
もし、同じ港に2隻停泊していたら、みぃなら間違えて乗船してしまい到着後「あぁ〜
ぁああ!!ここはどこだぁあ!」と言う事になりかねない…実際2隻並んで停泊と言う事
もあるのでしょうか?ご指摘して下さいました3/Oさんありがとうございます。
ひらにぃぃ。

打倒!!霧!!!
私達がこのHPを開設して、はや6ヶ月になる。
当初の目的…そうHP名にもなっている“航海士さんとお友達になりたい会”(今
だからバラすが、みぃ意外の管理人の目的)確かにたくさんの船乗りさんがこの
様なダサダサHPに遊びに来て下さり、お友達とまではいかなくともお知り合い
程度にはなった。でも、人間と言うものは欲張りなのです!!もっと船乗りさんに
近付きたいと言う欲望が…心の奥底にしまっておいた欲望がドアを突き破ろう
としだしたのです。
私達は考えました。欲望が暴走する前に程々に欲望を満たして上げればい〜
んじゃない??と。船に乗船してしまったらどうなるのだろう?!突然現れた私達を
船乗りさんは拒否しきれるだろうか?
そして…“結婚し仙台に住む友人A子の所へ遊びに行く”と言う大義名分をつけ、
私達は太平洋フェリーに乗り込みました。
乗船前、私達は綿密に計画を練り、いざ!!案内所に行き、

「あのぉ…私達仙台から乗船したんですけど…(もじもじ)ブリッヂを1度から見学
してみたいんですぅ。」

…と年甲斐も無くブリブリに訴えてみました。
すると予想外の答えが案内所の方から。

「あぁブリッヂ見学ですね。翌朝7:30からなら構わないですよ。」

えっ!!私達は計画が上手く行き過ぎて驚きながらも、この案内所さんの答えに大
満足でした。そして心行くまで船旅を堪能し、床につきました。
翌朝7時に起床し全力で若作りを決行!!そして今旅1番の目的達成の為、案内所
へ…。

「あのぉ〜昨日ブリッヂ見学お願いした者なんですが…。」(満面の笑顔)
「あぁ申し訳ありません…(何が??)今朝は大変霧が凄いので、見学は出来なくな
りました。」
「…………。」

うわぁぁぁぁぁああん!!!!!
私達の綿密な計画がぁぁあ…天気あぁ天気は計算に入ってなかったぁあ!!
そしてフェリーは30分送れて入港し、私達の大義名分旅行は終了したのでした。
諦めるもんか!またチャレンジしてやる!!と心に誓う3人でした。

大ベテラン?!
“打倒!!霧!!!”の続編と言う訳ではないが…この失敗談も太平洋フェリーに乗船
した時のお話です。
太平洋フェリーはフェリーなのにも関わらず、クルーズ船に乗っている気分に
せてくれるフェリーで有名ですよね。
私達は初乗船でしたので、船内を隈なく探検しました。(それはもうコソドロか?!
と言うくらいに。)そして、案内所の前である物を発見!!
さすが太平洋フェリーだぁ!本日の夕食メニューや船長さんやコックさんの紹介
と顔写真が出ている縦看板が置いてあると3人で感嘆。
…がそこに聞き慣れない専門職種名がそれは“マリンバ”?!
「マリンバ??って何をする人?マリンガールならわかるけど…。」
顔写真を見ると、マリンガール…ガールと言うには…ベテランの域に入ってる
感じが、マリンガールの上の階級だろうか?だとしたら…“マリンバ”はマリン
バ○ァの略と言う事???と悩み、結局わからずじまいでその場を離れ自室に戻
りお菓子タイム。
夕食後、アトラクションがあると船内放送が入ったので私達はおつまみを片手
に(まだ食べるのか?!)会場に行く事に。
おつまみ片手に待っていると、さっきの看板に出ていたマリンガール大ベテラ
ンのマリンバ2人組が登場!!そして、手には何か持っている。
何、なに、ナニ、しかもマリンバのバックには木琴らしき楽器とピアノが…ほぼ
オチがわかってきましたが。笑
そうです。マリンバは木琴の事だったのです!!
私達3人は「……。」(マリンバ○ァじゃなかったのね。だったらせめてマリンバ
奏者って書いてよ…。←バカ3人組)
大変失礼な間違いをしてしまいゴメンなさい。マリンバさん。

ジャンプして、鯨さん
もっと早くUpしたらリアルタイムで良かったのですが1.5年も経過してしまいました。
私の挙式&新婚旅行の時のお話です。
まぁ…定番と言われればそれまでですが、私達はお互い面倒くさがりや×2で披露
宴は勿論省略しました。
それで両家の親戚を皆ハワイに集合させ挙式をし、皆でハワイ観光をしたのでし
た。その観光の中に”鯨ウォッチングOPツアー”を組み込みました。
その頃、丁度アメリカはテロ直後で観光客は激減していたらしく何処に行っても歓
迎ムード♪勿論、”鯨ウォッウィング”も例外ではありませんでした。
”鯨ウォッチング”は早朝スタートで飛行機でマウイ島まで行き、空港からバスで船
着場?!らしき所まで行き、そこから小型な遊覧船いや…ボートでウォッチ ングポイ
ントまで行くのです。
遊覧船(ボート?)の中には優雅に鯨を見ながら、ランチを食べると言うコンセプトが
ありバイキング形式でサンドウィッチの具をチョイスできるカウンターとドリンクバー
がありました。
さて、何の問題なくウォッチングポイントまで無事到着しそこで船のエンジン停止し
鯨を待つ事になったのですが…。
動いている時には感じなかった縦揺れを感じ出し。。。落ちが見えそう。
私は毎度の事と思いハワイのABC店で酔い止め(アメリカ製)のを1箱購入し、乗船
30分前に服用済みでした。
なのに…なのに…。きっキボチ悪いかも?!
主人の両親は2回目で「今回は前回より波が静かでいーねぇ(^^)」
私「………。」(そうなの?結構揺れてる気がするんだけど。)
その時、大きな揺れが!!ガシャーン!!とグラスが割れる音が。
添乗スタッフ「大丈夫ですよ。まだ鯨が見えないのでポイントを変えますね。」
それを繰り返す事3回。私は事故は未然に防がなくてはと急ぎ足でWCへ。
が、WCは何の水か謎だが便座もその周りも大雨警報…私の気分はそれを見て更
に悪化。私はデッキの中心付近の階段で自分を落ち付かせる事にしました。
すると添乗スタッフが「皆さん、もうツアー時間は終了なのですが、まだ皆さんは鯨
の小さなヒレしか見てませんよね。今回は特別にツアーを無料で延長しもう少しウォ
ッチングします!!」
私(もう、やめてぇぇぇええ!!過剰サービスだぁ!!)
暫くし気分が少し良くなり皆の所に戻ると、皆美味しそうにサンドウィッチを食べてい
るではありませんか。私はとても食べる気にはなれませんでしたが…。
その時、突然近くでザッパーン!!やっと鯨が鯨様が姿を現してくれたのです。
その後は続けざまにザッパーン!で私も我を忘れて鯨ウォッチング。
結局1時間程遅れてツアーは終了したのでした。
またもやハワイでやってしまった。どうして酔い止め効かなかったのだろう?
それ以来、決まったメーカーの物しか服用しなくなりました。
私が船乗りの妻失格と言う事を証明しに行ったようなものでした。

To be continued
既に次の失敗ネタが準備できている…悲しい。