霊界五大宗教指導者セミナーでの五大宗教代表者たちの決意文採択と宣言


 この報告は霊界の李相軒先生から送られたものを、リポーターの金英順女史が2001年12月19日から27日に鮮文大学牙山キャンパスで受けたものです。

 霊界では、特別な儀式が行われ、五大宗教代表による宣言文が採択・宣布されました。


 1.キリスト教:イエス・キリストと12人の代表
 2.儒教:孔子と12人の代表
 3.仏教:仏陀と12人の代表
 4.イスラム教:マホメットと12人の代表
 5.ヒンズー教:3人(12人のうち)の代表


 式順
 日時:2001年12月25日正午
 司会:李相軒先生


 一、開会宣言:五大宗教代表たちの決意文採択と宣布式を挙行いたします
 二、家庭盟誓:一同
 三、決意文宣布:イエス
 四、代表祈祷:イエス
 五、万歳三唱:マホメット
    神様万歳、真の御父母様万歳、五大宗教万歳、最後に一同拍手


 座席配置
 @前列 五大宗教代表
 A12人代表
 B120人代表


 イエス様の祈祷

 私たち五大教団は、上には天のお父様に侍り、横的な真の御父母様に侍り、誤った歴史のすべてを正すために、絶対従順の道を行くことを誓い、宣布いたします。
 祝福中心家庭イエスの名によって報告し、お捧げいたします。アーメン。アーメン。アーメン。


 霊界五大教団代表決意文


 一、神様は人類の父母であられることを決意し、宣布します。

 二、文鮮明先生は人類の救世主、メシヤ、再臨の主、真の父母であられることを決意し、宣布します。

 三、「統一原理」は人類救援のための平和のメッセージであり、成約時代の福音書であることを決意し、宣布します。

 四、天宙平和統一は、真の愛を中心として超宗教、超国家、超人種の「ために生きる生活」を通して完成することを決意し、宣布します。

 五、五大教団代表たちは、真の父母に侍り、神様の国と世界平和のために和合、統一、精進することを決意し、宣布します。

                                               2001年12月25日
                  キリスト教、儒教、仏教、イスラム教、ヒンズー教 五大教団代表
                                                      一同
                                                代表者 イエス


T.キリスト教 


  イエス

 成約時代の再臨の主! 文鮮明先生!
 我がキリスト教の歴史に負債を残した120人は、救世主、メシヤ、文鮮明先生の指導と成約のみ言、「統一原理」で武装し、原罪のない本郷の園、理想郷を目指して前進することを決意し、真の御父母様のすべてのことに参画することを誓います。

(2001年12月19日)


 1.ペテロ(弟子)
 ペテロは、イエス様の弟子12人を代表して再臨の主、文鮮明先生をメシヤ、救世主として侍ることを誓います。

 2.パウロ(宣教師)
 パウロは、ダマスコで復活のイエス様に出会った時のその熱意をそのままもって、再臨の主、文鮮明先生をメシヤ、救世主、真の御父母様として信じ、侍るつもりですし、「あなたの聖徒を救いなさい」というみ言を天命と思い、胸に抱き、生きていくことを誓います。

 3.ジャン・カルヴァン(宗教改革者)
 神様は人類の父母であられ、文鮮明先生はメシヤ、救世主、再臨の主であられるので、主の教えに従って生きていき、いまだに主を待つ人たち、固陋(ころう)な思想で悩む人たちのために先駆者となることを、ジャン・カルヴァンは誓います。

 4.マルチン・ルター(宗教改革者)
 神様は人類の父母であられることを信じます。文鮮明先生は再臨の主であられることを信じます。「統一原理」は人類の新しい福音であることを誇り、宣布します。マルチン・ルターはこのような事実を信じ、侍って生きるつもりですし、人類の先駆者になることを宣誓します。

 5.ジョン・ウェスレー(宣教師。復興師)
 ジョン・ウェスレーは、文鮮明先生が人類の真の御父母様であられることを宣誓し、真の御父母様の教えと指示を受けて生きることを誓いに誓います。

 6.カール・バルト(現代神学者)
 文鮮明先生に捧げます。
 カール・バルトは遅くはなりましたが、再臨の主、救世主であられる文鮮明先生に侍りつつ、指導を受けて生きようと思います。真の御父母様、メシヤの思想を伝授してもらおうと思います。御指導ください。真の御父母様に侍り生きることを誓います。

 7.デイヴィド・リヴィングストン(アフリカ宣教師)
 文鮮明先生! 再臨の主! 真の御父母様にお捧げします。
 リヴィングストンは小さな所であっても、神様の創造理想の地をつくってみようと思います。どこかを御指定いただけないでしょうか。再臨の主のみ意(こころ)に従って指導を受け、生きることを誓います。

 8.ジョナサン・エドワーズ(アメリカ大覚醒運動の指導者)
 文鮮明先生! 主よ! 本当に感謝します。真の御父母様の寛容でアメリカをお許しくださり、お救いください。アメリカは、神様のエデンの園です。地上の永遠なるエデンとして残るようにしてください。主の思想が、すなわち神様の思想であり、「神主義」だけがアメリカ人の生きるべき道だと思います。ジョナサン・エドワーズは、再臨の主に侍る気持ちが常に変わらないことをお約束いたします。

 9.ジョン・スミス(バプテスト教会創始者)
 尊敬する文鮮明先生! 全人類に新しい出発の生のために祝福の恩賜をお許しくださり、人類が一日も早く原罪のないエデンの園で、一兄弟姉妹として生きていける道をお開きください。ジョン・スミスは主が共にあるなら、どこにでもまいります。

 10.ジョン・ハーバード(ハーバード大学後援者。清教徒)
 ジョン・ハーバードはハーバード大学だけではなく、世界のあらゆる大学の若者たちが「統一原理」で武装し、文鮮明先生の指導を受けることを懇切に望みます。私は、文鮮明先生の世界平和運動に積極的に参与することを宣誓します。

 11.聖アウグスティヌス(ヒッポの司教。カトリック神学の教父)
 アウグスティヌスは、全人類がメシヤ、文鮮明先生に侍り、「統一原理」を真理として成約時代の理想を実現するにおいて、力強く前進しようと思います。私は、文鮮明先生のすべてのみ言、思想を尊敬し、信じ、頼り、私のすべてを主と共に行うことを両手を挙げて宣誓し、誓います。

 12.ホリス・グラント・アンダウッド(アメリカの長老派宣教師。韓国最初の宣教師)
 アンダウッドは東方礼儀の国、韓国に再臨の主が来られたことを、この上なく祝いつつ、メシヤの前に両手を合わせて敬拝を捧げ、文鮮明先生に侍る中で、私のすべてをもって献身することを誓い、宣誓します。


U.儒 教 


  孔子

 儒教の代表人物120人は、「統一原理」を真理とし、文鮮明先生を成約時代の救世主、メシヤとして信じ、侍ることを宣誓します。

(2001年12月19日)


 1.冉伯牛(ぜんはくぎゅう)(徳行に秀でる)
 わが師、孔子様を中心として、「統一原理」を真理とし、文鮮明先生を真の父母として侍ることを宣誓します。

 2.子路(しろ)(政治に入門し成功した)
 我が師、孔子様を中心として、「統一原理」を真理とし、文鮮明先生を真の父母として侍ることを宣誓します。

 3.閔子騫(びんしけん)(徳行に秀でる)
 一生の間、孔子様を信じ従ったので、今、孔子様が行かれる道を信じてまいります。文鮮明先生、真の御父母様、わが師に侍り、同じ道に従っていきます。お誓いします。

 4.宰我(さいが)(子貢と共に弁舌にたける)
 文鮮明先生! 人類の真の御父母様!
 わが師、孔子様に侍り、人類の真の御父母様のみ意と共に歩むことを誓います。

 5.冉有(ぜんゆう)(政治的な手腕が多才多能)
 文鮮明先生、万歳! 人類の真の御父母様、万歳! 救世主、メシヤ、万歳! 冉有は誓います。新しい時代、救世主、再臨の主を信じ、侍りつつ、孔子様と共にこの道をまいります。

 6.仲弓(ちゅうきゅう)(心の広い人。度量と徳が高い)
 我が師、孔子様が行かれる道に従ってまいります。

 7.顔淵(がんえん)(孔子の一番弟子。学問的資質と徳行に秀でる)
 今まで、我が師、孔子様は、正しい資質と正しい学問の道を私たちに教えてくださいましたし、文鮮明先生は我が師に正しい真理の道をお導きになったので、顔淵も文鮮明先生を信じ、侍っていくことを約束します。

 8.子貢(しこう)(外交力に秀でる、魯の国と魏の国の政治に参与)
 子貢は、「統一原理」は全人類の心霊を揺り動かし得る偉大な真理であることを信じます。ですから私は、「統一原理」で武装し、儒教徒たちを新しい革命の道に導こうと思います。そして、我が師、孔子様は最後まで私たちの霊魂をお救いくださったので、孔子様と共に統一運動の先駆けとなることを決意します。

 9.子夏(しか)(武人的な資質と文学に秀でる)
 我が師、孔子様は、真なる真理を謙遜な姿勢で受容なさり、真なる真理を選択なさったので、子夏もやはり文鮮明先生のみ旨の道に従うことを誓います。

 10.子游(しゆう)(文学に秀でる、戦国時代に有力な学派を形成)
 我が師、孔子様が選んだ道であるなら、子游もやはり惜しみのない情熱を捧げます。

 11.曾子(そうし)(儒学に孝道、修養、仁愛学説を広める。四書五経のうち「大学」の著者)
 「統一原理」は、我が師、孔子様の教えと徳行と学問を凌駕する人類の救世書であることを信じますので、我が師と共に「統一原理」の教えと文鮮明先生の御指導を受けることを覚悟します。

 12.有子(ゆうし)(孝道を重視した)
 全宇宙と人間の創造主であられる神様が人類の父母だという事実に、とても感動し、感激しました。このように偉大な真理を明らかにされた文鮮明先生、尊敬し、我が師の義理と勇断に感謝し、すべての儒教徒たちをこの真理の前に導こうと思います。

 13.子張(しちょう)(忠誠と信義を主張)
 人として生まれて、真なる真理を見いだしたので、それが苦難と逆境の道だとしても、一片丹心で従っていくのが忠誠の道だと思いますので、我が師と苦難と喜びを共にすることを、文鮮明先生に誓います。

 14.孟子(もうし)(人性の根源は天だと教えた)
 私たちの父母が神様であられるなら、父母に侍って行く道が天道の道であるので、文鮮明先生に惜しみのない情熱を捧げ、侍って生きることを誓います。これよりもっと大きな真理はございません。

 15.旬子(じゅんし)(教育と礼節を重く考えた)
 「統一原理」は、人間の生の方向を確かな道に導いてくれ得る真理だと思います。文鮮明先生、感謝し、尊敬します。そして偉大な真理の前に無条件で順応することを約束します。


 3.仏教

 釈迦:
 文鮮明先生! 真の御父母様! 仏教の百二十人は、人類の父母であられる神様を上に仕えて、文鮮明先生を真の父母として仕え、『統一原理』と『統一思想』で武装して、人類にとって新しい方向に導く平和運動に向けて、前進することを確かめ誓います。(2001.12.20)

 (1)舎利弗(釈迦の十大弟子、知恵に秀でる)
 真の御父母様、文鮮明先生、私たち十二人はお釈迦様の徳行と教えを尊敬するゆえ、お釈迦様が行かれた道が天道の道と考えて、文鮮明先生の教えに順応することを決意しました。

 (2)目健連(十大弟子、神通力に秀でる)
 お釈迦様の教えを信じて仕えたゆえ、一片丹心で行きます。成約時代の救世主、メシヤ・文鮮明先生、お釈迦様と一緒にみ旨の道に従うことを決意いたします。

 (3)大迦葉(十大弟子、教団の一番弟子)
 『統一原理』と『統一思想』は、仏教人だけでなく全人類の偉大な教えだと考えます。お釈迦様の教えと『統一原理』の細部の教えをよく調和させ、人類の父母であられる神様と真の御父母様であられる文鮮明先生のみ旨を支えていくことを誓います。

 (4)阿那律(十大弟子、天眼第一)
 文鮮明先生! 人類の永遠なる未来を明らかにして導いてくださることを心より感謝申し上げ、お釈迦様とともに新しい人生の道を開拓して、永遠なる場でお会いすることを約束いたします。

 (5)須菩提(十大弟子、解空第一)
 お釈迦様を信じて仕えて生きたら、文鮮明先生に仕えられるようになり、『統一原理』を勉強するようになりました。この点に深く感謝申し上げます。人間は生まれて死ぬまで、自分との闘いで勝利する者が勝利者であり、それが道の道であると考えます。今や偉大な『統一原理』に出会ったので、過去の考え方から勇敢に抜け出し、新しい師の指導と教えに従って、新しく出発することを決意して誓います。

 (6)富楼那(十大弟子、説法第一)
 人間がこの世に生まれて死んで生きるのは、人間の力ではなく神のみ旨によるものだった。神とは、すなわち神様であり、神様は私たちの父母だと悟らせてくださったので、これよりも偉大な師がどこにいましょうか? 文鮮明先生、色々な面で不足して微弱ですが、お釈迦様に仕えて真の御父母様のみ旨に従って支え、仕えて生きていきます。私たち仏教徒は、共に決意して誓いました。

 (7)迦旃延(十大弟子、議論第一)
 『統一原理』の中に授受作用という題目がありました。それは真に感嘆して敬服する内容でした。『統一原理』のすべての内容は、とても組織的であり、人間を救済するための特別な真理です。授受作用をみるとき、それはとても平凡なようですが、私たちはそれが偉大な真理であることを知らずに生きてきました。そこには神様のみ旨に従うにあたり、とても大切で意味深い内容が多いです。『統一原理』を明かされた文鮮明先生に従っていく道は、天道の道であると考え、私も天道に従うことを約束いたします。

 (8)優波離(十大弟子、持戒第一)
 お釈迦様は、常に多くのことを忍耐され、教えるよりは、まず遂行されるのを私たちにお見せになりました。『統一原理』は、私たちにはとてもなじみがうすいですが、お釈迦様がまずすべてを覚えられて体験なさった後、私たちを導かれたゆえ、『統一原理』を絶対に信じるしかありません。文鮮明先生は、人類の真の父母であられ、メシヤであられることを信じて従い、すべての宗教を超越して、神様の平和世界に進んでいくことを固く決意いたします。

 (9)羅侯羅(釈迦の息子、十大弟子、密行第一)
 羅ご羅は、『お釈迦様は、私の父親ではなく私たちすべての父親』と考えて苦行の道をありがたく考えました。今や、永遠なる天国の理想郷に向け、『統一原理』に接することができる機会を下さったお釈迦様に感謝し、文鮮明先生を真の父母として仕え、人類の恒久的な平和世界を具現できる神主義によりまとまることを固く決意して誓います。

 (10)阿難陀(釈迦の従兄弟、十大弟子、多聞第一)
 『統一原理』は、お釈迦様が私たちに教えられた根本の理致がすべて内在しているゆえ、文鮮明先生を成約時代のメシヤとして仕えるのは当然です。神様は縦的な私たちの父母であられることも固く信じて、今やひたすら一つの道に向けて前進することを誓います。

 (11)龍樹(大乗仏教を研究宣揚、空の思想の始祖)
 文鮮明先生は人類の真の父母であり、メシヤであり、救世主であられることを固く信じます。そして、『統一原理』はすべての人類の救世の書であることを信じて、すべての宗教を超越し、神主義を中心にまとまる運動の先頭に立つことを決意します。

 (12)世親(大乗仏教の教勢拡張に寄与する)
 『統一原理』を地上に明かされた文鮮明先生は、真の父母であられ、メシヤであられることを信じます。そして、『統一原理』がすべての仏者たちに伝えられることを祈願して、統一運動に積極的に協助することを固く誓います。


 4.イスラム教

 マホメット:
 マホメットは、『統一原理』に接して文鮮明先生に出会った後、マホメットの人生観が変わりました。すべてに自信があります。すべてが新しいです。すべてが楽観的で希望的です。それは神様の根本のみ旨を知って、神様は人類の父母だったという事実を知ったためです。今やマホメットは、その道に向かって行けばよいのです。人間が縦的な父母と横的な父母に仕えて生きていくことが、人生の最も根本的な道です。
 マホメットは叫びます。神様、万歳! 文鮮明先生、真の御父母様、メシヤ、救世主、万歳! イスラム教徒たちよ、マホメットの志に従いなさい。あなた方が仕えていたアラーの神は、まさしく主なる神様であられました。人類にはただ一人の神様だけ存在したし、神様は私たちの父母であられました。マホメットは誓います。永遠なる神様のみ旨に向けてすべてを信じていくことを誓います。(2001.12.26)

 (1)アブーバクル(第一代カリフ)
 私たちが仕えたアラーの神が、まさに神様であられました。アラーの神と神様は、同じ方でありました。文鮮明先生は、人類の父母が神様であられることを明らかにされたお方です。この方は人類の真の父母であられます。『統一原理』を通して、あまりにも感動的な真理を発見しました。この方は、人間の根本と歴史の方向を正しく悟られたゆえ、師の道に従っていくことを誓います。ありがとうございます。

 (2)オマルビンアル・ハッターブ(第二代カリフ)
 マホメットは、だれより情熱的で義理のあるお方であります。私たちに『統一原理』と『統一思想』と文鮮明先生を紹介されながら、今までマホメットを信じたならば、最後まで従うようにと勧告されました。そして、『統一思想』と『統一原理』は、マホメットが紹介したものよりはるかに大きな感動を与え、私たちが神様は私たちの父母であることを悟るようになるとき、本当に胸が痛みました。神様は一人であられ、宗教ごとに叫ぶ神の根本目的も一様に同一です。にもかかわらず、各宗教が部分的なことにすがって互いに闘ってきたという事実に驚きました。文鮮明先生、私は行きます。人類の真の御父母様に仕えて、その方のみ旨に従うことを誓います。

 (3)ウスマン・ビン・アファン(第三代カリフ)
 『統一原理』はなじみがうすいですが、本当に人間に新しい変化をもたらす貴い真理であると悟るようになりました。長い歳月の間、人類のために神様が待たれたこととその痛みを切実に悟るようになった。文鮮明先生は、成約時代のメシヤの資格、人類の真の御父母様の資格を十分に持って来られたお方です。私は偉大なる師を信じて従うことを誓います。

 (4)アリー・イブヌ・アビー・ターリブ(第四代カリフ)
 『マホメット万歳!』と叫びたいです。マホメットに従ったので、『統一原理』を知るようになり、文鮮明先生に出会えました。私たち皆は、お二人に感謝申し上げます。『統一原理』は、人類が行く道を非常に正確で明白に導いています。イスラム教徒たちよ、あなたたちの苦労と精誠は、虚しくならなかったゆえ、あなたたちも文鮮明先生の教えを受けることを願います。そのお方は、成約時代の偉大なる師であり、メシヤであり、救世主であられます。人類が行くべき最後の来世の問題を明白に導かれています。『統一原理』を信じて勉強するよう願います。文鮮明先生、お疲れさまでした。真の御父母様を信じて従います。

 (5)アブドラ・ビン・アッバス(サハバ時代の学者、コーラン解説学者)
 マホメットは私たちに大きな勇気と情熱を示してくれました。絶対者に対する過ちは、一切容赦しませんでした。アブドラ・ビン・アッバスは、マホメットが決定したすべての事件や内容について、まったき信仰を持って従うでしょう。そして、『統一原理』を何度か聞いたわけではありませんが、それは体系的で組織的です。このような論理展開が、マホメットの心中を泣かせたのでしょう。私もやはりそれを認めて信じ、縦的な神様と横的な真の御父母様を信じながら、イスラム教徒の宣教に力を注ぐことを誓います。

 (6)アブドラ・ビン・マスウッド(コーラン学解説学者、マホメットと同時代の人物)
 『統一原理』は、イスラム教徒たちにかなりの感動を呼び覚ますものと信じます。すべてのイスラム教徒たちは、成約時代の救世主、真の御父母様、文鮮明先生の活動に関心を持って、『統一原理』を研究するよう願います。私たちが仕えてきたアラーの神と神様は、同一なるお方です。世界は広いです。イスラム教徒たちよ、旧弊な考えと思想を少し広げてみなさい。『統一原理』を明かされた文鮮明先生、人類の真の御父母様を信じて仕えます。

 (7)アビビンカアプ(コーラン学解説学者、マホメットと同時代の人物)
 文鮮明先生! 人類の真の御父母様! 救世主メシヤを信じます。また『統一原理』は、全人類の未来と来世に責任を負う途方もない真理であることを信じて仕えていきます。これを誓って宣誓いたします。

 (8)アムハニファ(ハナーフィ学派の設立者)
 『統一原理』は、あまりにも感動的です。表現できないほど、とても偉大なる真理です。それはまちがいなく神様の啓示です。文鮮明先生、真の御父母様、お疲れさまでした。『統一原理』を通じて、全人類の将来と来世が確実に明かされたゆえ、地上と天上は『万々歳!』を叫び喜ぶべきでしょう。文鮮明先生を信じて仕えていくことを誓います。

 (9)マリク・ビン・アナス(マリーキ学派の設立者)
 マホメットは、私たちを慫慂しませんでした。『統一原理』の細心な部分も教えてくれませんでした。しかし、『統一原理』に接したマホメットの目の色と行動は、とても感動的でした。すべての天下が、マホメットのものであるかのように彼の勇気と覇気が私たちを感動させました。文鮮明先生、人類の真の御父母様、救世主を信じて、『統一原理』は、神様の啓示であることを信じます。私たちは『統一原理』で武装して、真の御父母様がなさる仕事を積極的に協助して、変わりなく従うことを誓います。

 (10)イーブン・イドリスイルシャーフィ(シャーフィ学派の設立者)
 『統一原理』は、私たち人類にくださった途方もない福音です。真の御父母様として来られた文鮮明先生! 私に与えられた時間があまりにも短くて、その感動を表現できずに申し訳ありませんが、本当にありがとうございます。神様の啓示がないならば、『統一原理』が現れることができないでしょう。成約時代のメシヤを信じて仕えることを固く誓います。

 (11)アハマド・ビン・ハンバル(ハンバリ学派の設立者)
 人類の救世主、文鮮明先生! ご苦労されまして感謝いたします。『統一原理』は、すべてを立証しました。文鮮明先生を信じて仕えます。

 (12)アル・アシアリ(スンニ理論の設立者)
 『マホメット万歳!』とまず叫びたいです。これまで絶対者にすべての情熱を捧げましたので、今日の『統一原理』に接するようになったのでしょう。これから、イスラム教徒たちはマホメットを信じて、最後まで従うようお願いします。『統一原理』は、地上のある人間の頭脳から出現した理論ではありません。絶対者であられる神様の啓示によって、文鮮明先生が明かされた新しい福音です。文鮮明先生! 真の御父母様! メシヤ、救世主よ! 万歳、万歳、万歳! 真の御父母様を信じて仕え、忠誠の道、孝行の道を歩むことを固く決意いたします。


 5.ヒンズー教

 12人のうち代表3人

 (1)シャンカラ(アドワイタ・ベダンタの創始者)
 短い期間に『統一原理』を聞いて、感想をお話しするのは、とても申し訳ありませんが、与えられた時間を有用な文で残したいです。
 今回のセミナーを通じて、人類の父母であられる神様がおられたこと、誤った歴史を正すためには、摂理的な中心人物が人間に必要であり、神様は偉大なる師・文鮮明先生を人類の救世主として送られ、人類に正道の道を教えられるための新しい真理として、『統一原理』をくださったことを新しく悟るようになりました。
 神様! 文鮮明先生! ヒンズー教自体が、神様の存在を知らなかったゆえ、ヒンズー教の宗教意識もとても複雑で、時代と環境によって土俗的、民族的に様々な宗教形態に移り変わりました。しかし、ヒンズー教人の心の中にも、ある絶対者を探そうという追求欲がありました。それが世の中で言う哲学思想であれ、土俗信仰であれ、人間の本性に内在した神の追求欲ではないでしょうか?
 『統一原理』を聞きながら、人間の内面世界に神様が介入されていたと確実に悟りました。今や、神様の根本目的を知ったため、シャンカラは過ぎし日のすべての考えをたたみました。神主義を中心として、シャンカラのすべての考え方を整理します。そして、文鮮明先生の人類救援論と神様の愛と復帰摂理歴史を胸に刻んで、すべての事に深思熟考して、真なる真理の道に従ってシャンカラのすべてのものを投入いたします。
 文鮮明先生! ありがとうございます。ヒンズー教を一宗教として記憶してくださったゆえ、とても光栄に思います。ヒンズー教を代表した責任者として、統一運動の先駆者になることを誓います。

 (2)マドワ(二元論哲学の先導者、クリシュナ寺院を建設)
 『統一原理』を聞いてみると、長い歳月の間、私たちは虚しいことにすべてを投入したようです。人間には人間を創造なさった方、原因者が厳然とおられたのに、その方を知らないため、結果の世界も分かりませんでした。長い間、数多くの瞑想と推理をめぐらしましたが、それが虚しいことだと考えると、マドワは抑鬱なることこのうえありません。このように人間に正確な教示があったとすれば、一元論、二元論などが必要だったでしょうか?
 神様! マドワは神様を見いだせませんでした。神様が人類の父母という根本的な教えは、夢にも考えてみませんでした。私たちが誤って生きましたが、永遠なる来世で真の真理に出会ったゆえ、今から神様に感謝して再び人生を始めてみます。そして、これから人類の偉大なる指導者、偉大なる師、真の御父母様であられる文鮮明先生の指導と教えに絶対従順いたします。そして、『統一原理』をマドワのものとして完全に消化するまで、渾身の力を尽くそうと思います。ありがとうございます。

 (3)ガウタマ(ニヤマ哲学の創始者、ヨガ哲学の創始者)
 神様は、私たち人類の父母という事実を悟って激しい衝撃を受けた。人間創造以後、父母と子女が一緒に暮らすべき理想郷がありましたが、今まで人類は神様に顔を背けて、非原理的な歴史を築いて生きたゆえ、今日の無神論的な哲学は、神様の前に完全に廃棄処分されるべきだと考え、心がとても苦しいです。限りなく苦しいです。どのようにすればいいでしょうか。どんな代案もありません。その心情を表現できません。後悔と嘆きと身にしみる哀しみ、それだけです。
 『統一原理』は、私たちに新しい希望を与えて、その内容は明明白白です。神様は私たち人間を複雑には創造されませんでした。神様は人間にただ一つの正道の方向だけを教示なさった。しかし、長い歳月の間、穹蒼に閉じ込められて過ごし、今になってガウタマは、新しい人間の姿に再整備、再創造されたようです。ガウタマは、嘆き後悔している時ではなく、新しい願いと希望を抱いて、神様が送られた文鮮明先生をメシヤとして仕え、新しく出発する時と考えて、固く誓いました。
 文鮮明先生! ヒンズー教をお呼びくださりありがとうございます。そして、まず新しい真理に出会ったゆえ、ヒンズー教人は雑然と生きることはないでしょう。神様に従順であることを固く誓います。(2001.12.27)