釈迦からのメッセージ(2)



 1.仏教徒の皆様に捧ぐ

 仏教徒の皆様、私は釈迦でございます。皆様は、「観世音菩薩、南無阿弥陀仏」という念仏の意味をご存じのことと思います。私、釈迦は、地上生活で肉身の快楽にひたって生きていたとき、宮廷の外にいる世の中の人たちが、ひもじさにあえぎ、病に苦しんでいることを、知ることも理解することもできませんでした。

 ところが、歳月の流れとともに、人間釈迦は生死禍福の主人が、別におられるという事実を悟るようになりました。そして、人間として生まれて死ぬまで苦しみ、解決できない多くの問題をめぐって、大いに悩み苦しみました。その結果として悟ったことは、ただ単に「自我」の発見というものでした。しかし、発見したその自我の背後にある実体に関しては、ずっと気にかかったままでした。しかし、大いなる神が存在するがゆえに、私が存在するに至ったという事実、存在界のすべての現象は、神の御手によって創造されたという事実を、釈迦は解明することができませんでした。ただ自己を発見して主管さえすれば、すべてにおいて最高の基準に達することができると考えていました。また、我々人間の一生は、究極的に極楽世界に行くためのものと考えていました。

 しかし、私の大きな過ちは、自我を発見した後、神の実存に関して正しく教えられなかったことです。今日の仏教徒が、神を正しく求めることができず、知ることができないのは、すべて私の教えに問題があると思います。

 したがって、仏教徒の皆様、自我の発見と自己の完成は、神を中心としてなされなければなりません。それがすなわち個体完成なのです。神を離れた個体完成というものはあり得ません。私は、人間は完成し、よく生きていくことによって極楽へ行かなければならないと説きましたが、その極楽というのは、神のおられる天国のことなのです。ある日、神が私を呼ばれて、「汝が深い境地で黙想しながら、すべての試験と誘惑に耐え抜いたとき、その力の源泉はどこにあったか知っているか? その力の根本は万有原力であり、その万有原力の主人が、すなわち神である」と教えてくださいました。そして、「汝が数多くの仏教徒に、神について教えてやれなかった不孝を、肝に銘じるがよい」と語られました。そして、仏教に入門する数多くの人々が、「観世音菩薩、南無阿弥陀仏」と念仏を唱えながら、釈迦ばかりを求めて神を求めていないと、叱責されました。

 仏教徒の皆様、この地球上の森羅万象は、すべて神の創造物であり、多くの人類は神の子女です。一つの天の下に、数多くの人種や宗教や様々な次元の文化は、唯一の神を中心として、一つの宗教、一つの文化へと統一されなければなりません。これが神の本来の願いであり、創造理想であり、目的なのです。

 愛する仏教徒の皆様、我々は皆、神に仕えて侍り、一つの柵の中で同じ空気を吸って生きなければなりません。そのためには、今後、皆様が釈迦を求めるのではなく、神を求めてくださるように願います。神がおられる天国の世界で、共に出会って生きるために、皆様が仕える釈迦に代わって、神を皆様の主人としていかなければなりません。釈迦の前に拝するとき、「神様!」と呼び求めながら、精誠を尽くしてみてください。そうすれば、釈迦は既に神を父母として仕える身ですから、そこには釈迦は現れないはずです。

 神は愛であるがゆえに、このような釈迦を哀れにご覧になりました。仏教徒を救済なさるために、地上人との祝福(結婚)を許し、それを通して我々仏教徒を救う道を開いてくださいました。私は霊界に来て多くの新たな事実を悟り、神の命令を受け、統一教会の文鮮明先生の指示に従って、仏教徒を救う運動に最善の努力をしています。

 仏教徒の皆様、釈迦はこちらに来て、極めて真なる真理を発見し、その真理を仏教徒の皆様に伝えようと思います。統一教会の文鮮明先生の思想について学んでください。ここにおいては、神がおられる天国の世界に共に集って生きるのが最上の生です。そこがすなわち極楽世界なのです。ですから、仏教徒の皆様は、神を中心として生きていくように努力しなければなりません。皆様の生の方向を転換しなければなりません。皆様の生が方向転換するべく、釈迦は霊界の生を伝達していこうと思います。ぜひとも、この点を肝に銘じて研究してくださることを願います。

 仏教徒の皆様のために 釈迦より

                                               − 2000.10.23 −

 2.仏教徒のとどまる所

 地上において肉身をもって生活をした後、霊界に来るようになると、その人自身がどう生きてきたかによって、行き先がそれぞれに異なる。肉身をもって地上で生活していたときには、金持ちや権力者は自分の思い道りに大きくて立派な家に住んだり、時には別の所に引っ越して暮らしたりもする。いわば、地上生活においては、お金や権力や名誉さえあれば、ほとんど自分の思い通りにできる。

 ところが、人間は自分の命を失うようになると、自らの権限がなくなる。その霊魂が地上にいるとき、いかに生きてきたかによって、霊界の行く先が決定されるのである。地上での金持ちは、多くの人々が集まった中で相当盛大で豪華な葬式(昇華式)を行い、比較的広い土地に立派な墓を建てるとしても、ここでは誰も待つ人のない、孤独な場となることもある。また、地上において寂しくみすぼらしい昇華式をしたとしても、ここでは多くの霊人たちが集う盛大な歓迎式が行なわれることもある。ある人が、自分よりも人のために犠牲と奉仕の生活をしたならば、その人は真に貴い所にとどまるようになるのである。

 ここで仏教徒たちに切に伝えたいことがある。今、明らかにしているのは、大部分の人に共通する事実である。仏教徒が特に心に深く刻むべき内容は、いくら人のために奉仕しつつ生涯を生きたとしても、人間を創造なさった神に仕えることができなければ、極楽世界に行くことができず、永生の福楽を得ることができないという点である。永生福楽の世界は、釈迦とは無関係である。私は地上にいるとき、永遠にとどまる所を発見はしたが、神が我々の父母であることを悟ることができなかった、それゆえ、神の前に途方もない親不孝をしてしまった。

 今、仏教徒のとどまっている所は、楽園世界の最下流層である。私は多くの仏教徒に誤った教えを説くことによって、仏教徒の霊魂をそこに定着させてしまったという痛みと罪の意識を大いに感じている。神、そして仏教徒たちに申し訳ない限りである。仏教徒たちも、皆神の貴い子女であるにもかかわらず、この釈迦の教えが誤っていたがゆえに、数多くの霊魂がそこにとどまりながら、極楽世界を望んでいるのである。私はこの事実に対し、無限なる切なさと申し訳なさを感じている。

 仏教徒たちよ! この釈迦は、神の子女を誤って養育したことに対し、心から申し訳なく思っている。特に、地上で4月8日に釈迦の生誕日を祝うときには、私はどこかに消えてしまいたい心情である。仏教徒たちが新たな方法を選んでくれることを切に願っている。こちらの仏教徒が待ちこがれる極楽世界、すなわち、神のおられる天国の世界へ行くためには、まず地上にいる仏教徒たちの生き方が変わらなければならない。どうすればよいのであろうか? 教団の門を大きく開き、すべての教派の障壁をなくしてしまわなければならない。人間は皆神の子女であり、この宇宙に存在するすべては、神が子女のために創造されたものである。したがって、天と地、すべての万物は、神の愛の主管圏の下に一つの理念で結ばれたものであり、すべての人類は、一つの血統で結ばれた神の子女である。

 ところが、人間始祖の過ちによって、人種や分派や国境が生じ、言語が異なるようになったのである。人間は、仏教やキリスト教や儒教といった様々な宗教と分派の壁を超越し、神の思想によって統一され、全人類が一つの言語、一つの文化圏を築いて、神を父母として仕えながら生きるようになっていた。そして地上生活を終えた後、ここ天国で神に仕えて生きるようになっていた。それが神の本来の御意なのである。

 ところが、仏教徒たちは神のおられない遠くかけ離れたところで生きている。神がご自身の子女たちを恋しがり、会いたがっているということを考えてみてほしい。このような脈絡から考えると、釈迦は神の前にとても合わせる顔のない親不孝者となってしまったのである。

 仏教徒たちよ! 愛する仏教徒たちよ! 人類は皆一つの兄弟姉妹である。このような大真理を悟って、全人類の平和と幸福のために、一つの理念をもって「神の国」建設のために生涯を捧げてきた、一人の師がいらっしゃる。その方が文鮮明先生である。先生は「神の国」建設のために、血と汗のにじむ生涯を送ってこられた。そして、全人類を神の血統に結びつけるために、世界の様々な人種を混ぜて祝福(結婚)を授けておられる。

 仏教徒たちよ! 皆さんの周囲にある統一教会を訪れて、統一教会の信徒に会ってみるがよい。そして、彼らの理念を聞いてみるがよい。世界のいかなる大統領や指導者にもできない、とてつもない摂理を解いていかれる方が、まさしく文鮮明先生である。各国にいる統一家の家庭をよく見るがよい。彼らは文鮮明先生の教えに従って、南で、北で、西で、東で、即刻行動しているではないか。それは何ゆえであろうか?彼らは、先生の教えこそ、まさに生きた神のみ旨であると信じているからである。どこの国の大統領や指導者が、生涯の伴侶を写真一枚で決めることができようか。彼らは文鮮明先生を信じているからこそ、自らの生涯を信じて委ねるのである。文先生は生きておられる神であり、全人類の父であられる。

 したがって、仏教徒は自らの理念と思想にあまり執着することなく、固陋(ころう)な仏教観から脱皮すべきである。皆さんは、文先生のすべてを受け入れるようと決断し、生のパターンを変えるべきである。そのようにするとき、多くの仏教徒は極楽世界に行けるのである。この霊界では、多くの人々が統一教会の真理と理念を学びながら生活している。

 愛する仏教徒たちよ! 釈迦の道をご存じのことと思う。釈迦の地上での生涯は、涅槃(ねはん)の境地で歩んだものの、神が人類の父母であるという真理を、悟ることができなかった。私、釈迦がここから皆さに切にお願いしたい。今や、釈迦を崇(あが)めるのは過ちであることを、ここに明らかにする。神に仕えてこそ極楽世界に行くことができるのである。今まで釈迦の教えを信じて従ってきたのだから、今や釈迦の最後の頼みをもう一度聞いてほしい。真の師が地上にいらっしゃるという事実を、地上にいる諸々の仏教徒に必ずや伝えたい。皆さんは真の師の道に従うべきである。その真の師は、ほかでもない文鮮明先生である。その方のみ旨に従いさえすれば、皆さんは真の真理を知るであろう。これが釈迦の切実な願いである。

                                               − 2000.10.24 −

 3.釈迦の一生

 人がこの世に生まれて、生老病死の道を行くのは平凡な原理であるが、この釈迦は、その平凡な人間の生自体が、平凡なことのように思えなかった。通り過ぎる多くの人の歩みも、平凡なものと感じられなかった。乞食の歩み、金持ちの歩み、作男の歩み、官吏や大臣の歩みが、すべて変に感じられた。なぜ人はこの世に生まれるのか、そして、人の生き方はどうしてそれぞれに異なるのか? なぜ貧しい人、病に呻吟(しんぎん)する人がいるのか・・。なぜこのように、すべての人間は苦悩の中で生きていかなければならないのか? 人間の生の目的は何であり、その終着地がどこなのか・・。私は様々なことが気にかかった。

 私は空腹の境地を経験できなかった。そして、病に苦しむ者の苦痛を体験したこともなかった。そのため、そのようなことを体験してみようと努めてみた。当時、釈迦はつまらぬふしだらな考えだと、一般の人たちから少なくない指弾(しだん)を受けた。しかし、生老病死がすべての人間に許されたものであるならば、なぜその平凡な論理が、これほどまでに私の胸を締めつけるのか、ますます気にかけるようになった。そのような苦痛と葛藤の中で生活しながら、釈迦は一家庭の家長として受け継ぐべき王冠を捨てて、結局出家してしまった。

 その日から私の歩んできた苦行は、とても言葉には表せないが、苦行によって私は心の自由天地を享受することができた。この世に生まれて、新しい真理に触れるためには、たらふく食べていては悟りが開けなかった。なぜ人間はこのように生きなければならないのか、気が気でなかった。私は毎日毎日胸が締めつけられるような思いだった。その度に私は自らを包む大きな実体があることに気づき、その実体から得体(えたい)の知れない力を受けた。私はその力の原因者があるように思えて、その原因者を探し求めようとしたが、結局それを見いだすことができなかった。

 私の選んだ苦行の道は、あまりにも単純なものであった。大宇宙の原因者について考えることができず、唯一、生老病死を経る人間の姿ばかりを思索していた。それは結果的な人間に関する、極めて限られた思索であった。このように、私は生涯をただ一筋に生きてきたが、結局のところ生老病死に関する完全な解答も得られぬまま、生涯を終えた。いくら四方を探究してみても、巨大な宇宙の根本主人に会うことができなかったのである。

 ある日、神が貴い使者を私に遣(つか)わせて、宿題を出された。それは「汝は富裕栄華をすべて捨てて、一生、犠牲と苦行の道を歩んできたにもかかわらず、どうして今、直接神に向かい合うことができない所で生きているのか?」というものであった。私はとてつもない神の愛に感動し、ひたすらおそれ多く、感謝するばかりであった。そして、私は何日もその使者が来るのを待ちながら、神を礼拝(らいはい)していた。すると、忽然とその使者が現れて、「お呼びでしたか?」と言いながら、神の宿題に対する答えを要求してきた。そのとき私は、「神様! 私はあなたのことが分かりませんでした。宇宙の根本主人が神様であることを悟れず、人間は皆、自ら仏陀になれるとばかり思っていました。宇宙の根本主人がおられるということを説くことができなかったのです。」と回答した。すると、たちまちその使者は姿を消してしまった。

 その後、私の心は限りなく締めつけられた。「どうしようか・・」と気をもみながら数日過ごしていると、また、その使者がきらびやかな光彩を発しながら、私の前に再び現れた。そして彼は「お釈迦様、神様のいらっしゃる所は、このように美しくうっとりするような光彩で飾られています。ところが、ここには光の光彩というようなものがありません。神様は、『お釈迦様の根本的な悟りには、まだ足りないことろがある』とおしゃいました。神様の教えを悟りたいならば、まず神を礼拝(らいはい)してください。そうして、もうしばらく待っていてください」。このように言いながら、その使者は消えた。その後何度か、神の使者が往来するなかで、私は様々な新しい事実を悟った。

 我々人間は、神のぬくもりの中で生きている一つの分身であるということを・・。ところが、私が大宇宙の大いなる方、神を知ることなく、自分が神であるかのように生きていたのである。仏教徒たちよ! これがどういう意味か理解できるだろうか。私はこれに関して容易に表現することができない。しかし、明らかな事実は、釈迦は取るに足らないものだという点である。ひとえに神の大いなる愛であり、大宇宙の主人は神しかいないという点である。神は人間を創造して以来、人間を愛し慈しみながら、幸福と平和に満ちたところへ導こうと努めてこられたが、我々人間が誤って生きてきたのである。それが人類の悲しみであり、神の恨(はん)なのである。人類歴史の出発が誤っていたのだ。それゆえ、誤った歴史の出発を正し、人類を幸福の道へと導くために、神は地上に文鮮明先生を送り、新しい真理を解明させたのである。釈迦は遅ればせながらも、このような新しい真理を悟って原理を学んだ。

 仏教徒たちよ! 文鮮明先生の道に従って、釈迦の教えが足らなかったことを悟り、努力しなければならない。新しい真理を得るためには、努力しなければならない。「南無阿弥陀仏、観世音菩薩」ばかり唱えて、釈迦の教えに頼ってばかりいたのでは、極楽世界はいっそう仏教徒たちから遠ざかるであろう。捨てるべきものは果敢に捨てて、新しい真理を求めなければならないのである。

 宇宙の主人は神お一人である。仏教徒たちの主人は釈迦ではない。そして、神の教えと神の肉体をまとって、人類の真の解放と平和の思想を先導しておられる方が地上におられるが、その方がまさしく文鮮明先生である。この事実は、現在、仏教徒たちが最も肝に命ずるべき部分である。

                                               − 2000.10.25 −

 4.仏教徒の「転生輪廻」

 人間がこの世に生まれて正しい真理を悟り、その真理に従って生きた後に、肉体を脱ぎ捨てるとするならば、それはとても恵まれたことであると思う。王室を捨て、華麗な家門を捨てて、一生涯一つの真理を探究するために、多くの苦労をして生きた釈迦の生涯は、限りなく悲しく哀れなものであった。かと言って、仏教の真理がすべて誤っているというわけではない。

 私はその真理に従って生きたところ、貪欲もねたみもなくなった。私は俗世において、水が流れ風が吹くままに、欲を抱かずに生きていく力を得た。しかし、宇宙の根本と人間の主人に関しては解明することができず、人間の生の始まりと終わり、そしてその目的さえも知ることができなかった。人類歴史が誤って流れ、復帰摂理の経綸(けいりん)を行う神のみ旨を知らないままに、苦行の生涯を送ってきたのである。ここに来て釈迦の生涯を考えてみると、この上なくわびしい限りである。過ぎ去った歳月を取り戻すこともできないゆえに、なおさら情けない。

 聖アウグスティヌスは、神に十分に仕えたと自負して生きてきたが、再臨時代とあまりにもかけ離れていたために、霊界に来てから身もだえしながら号泣することになってしまった。釈迦の生涯も、彼の生涯と大した差はない。私が真理を悟るために、あんなにも苦行の道を歩み、王室の家門を捨てたとき、家族の痛みはいかばかりであっただろう。過ぎし日の釈迦の生は、神の前に道を誤った子のようであり、申し訳なさでいっぱいである。

 私が苦行の道で、なぜ神に会うことができなかったのかという胸痛む感覚は、アウグスティヌスよりもはるかに深く大きい。アウグスティヌスの身もだえは、自分のものであるが、私の場合は、教団の責任者としての身もだえである。それは決して尋常ではない事件である。私は修道する僧たちの苦行をあまりにもよく知っている。一人の人間が高僧の位置に上るまでの苦難と痛みを、釈迦は知っている。彼らの修行過程を見守るとき、その釈迦の教えが間違っていたとすれば、釈迦はどうすればよいのであろうか?

 人間の欲望は、生理的に妻を得たいと思い、子供を生み育てたいと思い、富裕栄華を享受して、よく食べて安楽に生きたいと望むものである。人間のそんな欲望をすべて捨てろという、釈迦の教えに従ってきた仏教徒のことを思えば、私は枕するところもない。仏教徒の規範を考えれば、平凡な考えをもってしては、僧侶(高僧)になることができない。厳しく困難な修練を経て、俗世のすべての欲望を捨てて、あらゆる困難に耐え抜かなければならない。一人の僧侶の立場に立つまでは、幾多の修行の道を歩まなければならないのである。

 それにもかかわらず、釈迦は彼らに修行の根本を説くことができなかったのである。今になってようやく、ここ霊界で大宇宙の根本主人としての神を発見した釈迦の心境が、いかなるものであるか深く考えてみてほしい。仏陀という立場に立つまでに歩んだ修行の痛みよりも、なおさら大きいと言ったならば、誰がいったい信じてくれるだろうか。

 仏教徒たちよ、釈迦の痛みが分かるであろうか?過ぎし日の釈迦の教えは、部分的、任意的、相対的な真理であった。今後は数多くの仏教徒たちに、釈迦が新しい教えを再び伝えようと思う。私が仏陀としての苦行と修行を通じて、最高の立場で見いだした真理とは何か?それは人は罪を犯すことなく正しく生きて、極楽へ行くべきである、というものであった。ところが、罪が何かということを知らず、また、極楽とは何かということを根本的に知らず、宇宙の主人が誰かということ知らなかった。「我」自体はどこから来たのか、その根本が分からなかった。今後、釈迦はこのような根本的な問題を、『統一原理』を通して正しく教えようと思う。

 『統一原理』とは、統一教会の文鮮明先生が明らかにした最高の真理である。私はこの真理を通して、罪の根本や、人間の生の方向と目的、神の復帰摂理の経綸が行われているという事実を知った。この事実を悟って、明らかに説けるようになった釈迦の喜びは、どのように表現したらよいか分からない。「復活論」とは何か、仏教徒たちは知らないであろう。『統一原理』の中には「復活論」という内容がある。そこには、天の前に罪を犯して死ねば地獄へ行き、善良に生きた後に死ねば天国に行く、という教えが明らかにされている。

 仏教徒たちよ! その立場でそのまま生きるならば、すなわち、いまだに「輪廻」という妄想の中で生きるならば、極楽世界は永遠に皆さんから遠ざかるであろう。人間は死んでも、人間の姿として残る。地上で獣のように生きれば地獄に行き、地上で神に仕えて善く生きれば、極楽世界(天国)に行って永遠に幸福に生きていく。神は人間を創造されたが、罪を犯したからといって、人間を豚や犬にするような方ではない。ただ、人間の心情基準を、低級な豚や犬や牛で表現することはできても、人間が獣そのものに生まれ変わるということはないのである。

 仏教徒たちよ! この哀れな釈迦の不完全な教えを許してほしい。ここにおいて正しい教えを伝えることのできる、せめてもの機会を下さったことを、神の前に心から感謝申し上げる。仏教徒たちよ! 仏教徒の皆さんも神の子女である。神は我々すべての人間の父母であられる。ゆえに、仏教徒の皆さんも神に仕えて侍(はべ)らなければならない。これが釈迦の最後の願いである。


 5.仏教徒の願う極楽世界

 人間がこの世に生まれて、いかに生きるべきかという問題も重要であるが、死んでからどこへ行くのかという問題のほうがもっと重要である。そのために我々人間は、誕生したのである。この世に一度来るということは、どれほど大切で喜ばしいことであろうか! しかし、(仏教徒は)この世で過ちを犯せば獣として生まれ変わり、犬や豚のように生きるようになるという恐ろしさに苛(さいな)まれながら生きていくのが人生史であった。

 仏教で言う極楽や、キリスト教が待ち望む天国は一様に美しく、永遠の幸福に満ち、完成した人間が生きていく所である。しかし、仏教徒は、人間が生まれながらに原罪をもって無念な立場で生まれたという事実を知らずにいた。そして、その原罪が何たるかも、もちろん知らずにいる。仏教徒たちの考え方には原罪意識がなかった。仏教の長い歴史の中で、辛い修行の道を歩んだ仏教徒は数えきれないほど多いが、この事実を全く悟ることができなかった。

 仏教徒に限らず、プロテスタントやカトリックにおいても、修道の道は大変きびしく辛いものである。カトリックの修道女や神父も同じ修行者である。しかし、私は、仏教の修行のほうがきびしく、孤独で険しい峠道が多いと言いたい。真の真理一つを求めるまで、骨を削るような痛みを耐え抜いた比丘僧(びくそう:出家して定められた戒を受け、正式な僧となった男子)が、どれほど多くいたことであろう! 私は彼らの前で何と教えるべきか、とても戸惑っている。彼らの前に犯した罪をいかにして償ったらよいか、釈迦自身が思い煩(わずら)っている。このメッセージを伝える私は、罪人の姿から自由になることができない。文鮮明先生のとてつもない祝福が下されたときも、私は少しもうれしくなかった。その理由は実に簡単だ。多くの比丘僧たちが列を成して待っているのに、どうして罪人である釈迦が、そんなにとてつもない栄光を受けることができようか。また、私は文鮮明先生を「真の父母」として侍る資格がいまだにないゆえ、その方を「先生」と呼ぶしかない。

 極楽世界とは何か? 神に仕えながら真の真理を得て、完成した人間の姿となり、目を見ただけでも互いの思いが通じるような、美しい夢のような園で生きることである。しかし、この私がどうしてそのような所で平安を享受し、永生福楽の夢を願うことができようか。

 愛する仏教徒たちよ! 極楽世界に行くために、今日も明日も、膝がすりきれるほど仏様を礼拝(らいはい)して供養する仏教徒たちよ! 申し訳ない。本当に申し訳ない。数多くの比丘僧の生は誤っていた。真に空(くう)であった。人間は家庭を築き、子女を生んで神に捧げ、子女や孫や嫁とともに喜び合って生きなければならない。これが神の願いであった。極楽世界は家族が共に行く所であり、人が一人でいることは神も好まないとおっしゃった。仏教徒たちよ! 愛する仏教徒たちよ! あなたがたは生の方向を転換するべきだ。極楽世界を願って善良に生きようと努力した皆さんの苦労は、決してむだにはなっていない。その基台の上で神に仕えれば、万事が解決するであろう。そして、皆さんは個人の省察のために熱心に努力してきた。他人のものを貪(むさぼ)ることも、恵まれない人を軽視することもなく生きようと努力してきた。それに関しては神がご存じであり、厚く待遇してくださるであろう。しかし、最も根本となる真理は、大宇宙の主人は釈迦ではなく、エホバの神であるという事実である。これを軽視するならば、極楽世界は皆さんとは関連のないものとなるであろう。

 神がおられる所がまさに天国であり、極楽世界である。仏教徒たちよ! 釈迦の教えは一時代の人間に、善良に生きることを教える真理ではあったが、永遠なる世界に向かって生きていく真理ではなかったことを、この紙面を通して明言しておく。このことを仏教徒たちははっきりと悟り、心に銘記して、釈迦の部分的な教えを真の真理全体であるかのように受け入れないでほしい。「目に見えぬ神をどのように信じよと言うのか?」と、皆さんは反問するかもしれないが、釈迦ははっきりとその事実を悟った。釈迦の生涯と業績を通じて、皆さんは私を信じて従っているではないか。

 そうだとすれば、宇宙の大自然の法則に一度目を向けてみるがよい。釈迦は、自然の法則に対して反論を提起しない。修行をしながら、冬があまりに寒くて来なければいいと願っても、宇宙の法則には値引きというものがない。いくら春や秋が良いといっても、皆さんの願う通りに、そのような環境は続かない。このように大宇宙には、奥妙な真理が規則的に運行しているのである。

 このように運行している宇宙の主人公が、確かに存在する。釈迦には何の力もない。神は人間を愛するゆえに、四季折々の美しい自然をつくりだされた。このように人間を愛する神がおられる所が、まさしく極楽世界なのである。

 諸々の仏教徒たちよ、神がどのような方であるか研究してみるがよい。まず、神を礼拝(らいはい)し、神について深く研究すべきである。仏陀の前で、神を呼び求めて礼拝(らいはい)するならば、神が皆さんの前途を切り開いてくださり、皆さんに永遠の極楽世界を約束してくださるであろう。

 6.森羅万象と成仏

 天地万物の調和の中で、どれ一つとして神の御手(みて)が及ばなかったものはなく、どれ一つとして人間の力でつくられたものはない。ところが、人間はこの世に生まれて死ぬまで、すべてが自分の力でなされたかのように錯覚し、驕慢(きょうまん)に埋もれて生きている。

 あらゆる富裕栄華を享受しつつ、何の困難もなく生きていた釈迦は、宮廷の中ですべてが解決できると思っていた。しかし、宮廷の外の生活を目撃したその日から、釈迦の心を鎮めることのできる者は一人としてなかった。釈迦の心の病はあまりにも多く、どんな薬も名医による治療も効き目がなかった。ところが、釈迦の心を鎮める唯一の力の存在があった。その力が釈迦を引き付けた。それはいかなる魔力とも比較にならない、途方もない力だった。闇夜も、暗雲も、暴雨も、獰猛(どうもう)な獣の声も、身を裂くような大雪や寒波も・、そのいかなるものも、私の心を引き付けたその力には及ばなかった。それは何であろうか?その力はどこから来るのであろうか?途方もない苦悩の中で釈迦が見いだしたもの、私はそれが自我の根源的な力と考えた。そして、このような強力な力によって、すべてのことから解脱(げだつ)するならば、仏陀の立場に立つことができると考えた。

 ところが、人間は弱いゆえに仏陀の立場に立つことができず、様々な修行の過程を踏みはじめたのである。僧侶はその過程で、落後者になるまいと、一生の間、何度も心に誓いながら、自分の身を投げてみたり踏んでみたり、熱い湯や厳冬雪寒の冷水を克服できるか試したりしながら、自らを鍛練してきたのである。それが高僧の生涯であった。

 ここで釈迦は途方もない過ちを犯した。釈迦自身を主管している、とてつもない力の根源者を悟ることができなかったのである。しかし、『統一原理』の創造原理を通して、万有原力がすべての存在の根本的な力であるという事実を悟ることができた。そのとき、私は喜びのあまりどうすることもできなかった。聖アウグスティヌスのように、釈迦も時代的な恩恵に与(あずか)ることはできなかった。しかし、この釈迦にも、その時代に合った神の力が存在していたことを、今になってようやく悟ったのである。このような事実が、釈迦をあまりにも悲惨にさせたのである。妻の下を去り、父母兄弟の苦痛をも後にした痛みが、なお一層ひしひしと感じられる。今日の釈迦の教えが、根本的に間違っていたということを思えば、立つ瀬がなくなるのは当然の理である。

 宇宙の森羅万象はすべて、神によって成仏するようになっている。私は、すべては自ら成仏すると考えていたが、これは途方もない誤謬(ごびゅう)であった。人間をはじめとした森羅万象のすべての存在世界は、どれ一つとして神の手が及んでいないものはない。この事実を悟るとき、釈迦の真理はあまりにも驕慢なものであり、致命的な誤謬を犯したということになる。天地の中で、人間の手によって創造されたものがあるだろうか。すべての創造は、神の力によってなされたのである。科学発展の原動力、文化文明発展の原動力も、神の力によってなされるのであって、人間の単独的な力によってなされることはない。

 四季の調和を見るがよい。誰かが待ち望んでのことだろうか、誰かが招待してのことであろうか。人間の力が及ばずとも、自(おの)ずから運行しているではないか。無常に生きていく微弱な人間は、この事実を現実的に体験しながらも、神を知らずに生きてきたのである。この事実一つを見ても、神の実存の問題は、はっきりと証明されている。

 この世に生まれて死ぬことを自分の意のままにできる、偉人や聖者がいるならば、名乗り出るがよい。誰も及ばない途方もない力の根源者、その方がまさに唯一なる神である。釈迦は唯一無二なる神を発見することができず、悟ることもできなかった。なんとしたことか! 地上生活を通して、真の真理の道を釈迦は誤って紹介してしまったなら、仏教徒たちは、この釈迦を公開処刑するだろうか? 皆さんを誤って導いた釈迦の教えに関して、心から許しを請うものである。極めて小さな釈迦の教えを、厚く待遇してくれるとするならば、それほどありがたいことはない。そして、時代的な環境によって、そのように生きるしかなかった釈迦を許してほしい。

 これからは一日も早く、地上において、『統一原理』を探究することに全力を尽くし、神に仕えることに最善を尽くしてほしい。

                                                − 2000.11.2 −

 7.天地万物はすべて成仏したもの

 古今東西を問わず、生きていくにあたり、自然の力に依存しない者は一人もいないであろう。今日、科学が発達して、四季の景観を常に感じることができ、季節を問わずに果物や野菜を食べることができる。しかしながら、その科学発展の原動力は、天地万物を主管しておられる神である。

 私はある日、修行の途中で石につまずいて転んだとき、ふと思ったことがある。小さな石ころにつまずいて転ぶ自分のみじめな姿を見て、釈迦は小さな石ころの力にもかなわないということを悟った。自らは本当に微力な存在であるということを考えさせられた。

 神は天地万物をつくるとき、そのような力を我々人間にだけに与えたのではなく、被造世界のすべてに賦与された。そのように考えれば、天地調和のどれ一つとして、神の力が及んでいないものはないという結論に達する。このような被造世界の万物は、神から与えられた価値基準をもって、自らの位置で互いに調和しながら成長している。

 人間は自らの考えによって、自らの価値基準を変えることもあるが、天地万物はどれ一つとして偽りなく、真実に自らの使命を全(まっと)うしながら調和している。人間は時代の流れや環境によって、自己中心的な姿に変わりつつあるが、自然を見てみるがよい。誰に命令されるまでもなく、常に自らの立場を守って、神が下さった本来の使命を全うしている。自然は神によって創造されたその日から、変わらぬ姿で自らの使命を遂行することに最善を尽くしているのである。

 ここで我々は、神がいないと否定することができるだろうか? 我々は、天地の調和と自然の道理を見ながら、神の存在を見いださなければならない。釈迦は苦行の道でさ迷いにさ迷ったが、そのような神の実存を解明することができなかった。したがって、多くの仏教徒たちは、釈迦が歩んできた部分的な解脱の境地が、神に結びつくものと考えてはならない。釈迦の教えがすべて間違っているというわけではない。ただ釈迦の教えが、極めて小さな一部分にすぎないということである。釈迦はここ霊界において、いかなるものとも比較できない、神のとてつもない真理を悟った。釈迦は人間である。皆さんは、人間の俗世を離れ、煩悩(ぼんのう)の道において、釈迦を通して得た小さな悟りを参考にしつつも、大自然の主人たる神を探し求めていかなければならない。

 神は無所不在なるお方であり、全知全能なる方である。釈迦は神のことを具体的に説明することができない。森羅万象の存在様相とその調和を見つめて、神を見いだしてほしい。極めて小さな微々たる物でさえも、神の能力によって、互いに秩序の軌道に沿って運行しているではないか。とてつもない自然の道理に対抗して、勝てる者がいるであろうか? 一人としていないであろう。それは、大宇宙のすべては唯一無二なる神の能力によって存在し、成長しているからである。仏教徒たちよ、釈迦の遅ればせながらの教えではあるが、これを通じて皆さんは、神の能力によって成仏しなければならない。これが釈迦の切実な願いである。


 8.唯一無二なる存在「私」

 神の被造物は様々な次元で存在する。鉱物世界、植物世界、下等動物から高等動物に至るまで、無数の存在物がある。このような無数の存在物は、同一のものが一つもなく、それぞれが対(つい)をなして存在している。一人の母親の腹から生まれた双子でさえも、まったく同じということはない。必ずどこか異なったところがある。

 このように神の創造物は無数に多いが、その中の一つの個体である「私」を取って考えてみると、「私」は神が創造した唯一無二の個体ということになる。そして、すべての被造物の中で最も貴重な存在である人間としてつくられたのが、「私」という姿である。そのような存在である「私」は、神にどのように報いたらよいのであろうか。人間はただ単につくられたゆえに、生まれてから死ぬまで生きていくだけだという従来の考え方や生き方では、決して神から受けた恩に報いる生にはならない。

 釈迦はまずこの世に生まれたことに対して感謝した。そして、微々たる下等動物や獣でなく、「人間」として生まれた事実に対して限りなく感謝した。そして「私」を探し求め、発見してみたいと思った。その結果として、自我を発見したのである。ところが、今考えてみると、その発見とは、極めて部分的な悟りであった。人間という被造物は、いくら創造主である神を知ろうとしても、全体的に理解するということは不可能である。人間の知性には、神を理解することにおいて限界がある。神は、人間の認識の対象にも、研究の対象にもなり得ないからである。

 我々人間は、「私」という存在の価値を正しく悟り、短い人生の道において、正しい行路の方向を見いださなければならない。仏教徒の皆さんが人生の根本を正しく見いだすことを、釈迦は願っている。数多くの仏教徒の生涯を、釈迦はよく把握している。正しく善良に生きて、極楽世界へ行くべきであろう。また、輪廻転生して真の人間の姿に生まれ変わろうという、皆さんの修行過程とその目的を釈迦はよく知っている。

 人間からよく訓練された忠犬は、たとえ四つ足の獣であるとしても、主人から受けた恩を知って、主人の前に命を捧げる場合があるということも見るではないか。人間の姿をしていながら、このような犬にも劣る生き方をして良いだろうか。

 仏教徒の皆さんは、生の価値と本質を心得なければならない。「善」とは何であり、「悪」とは何であるかを知らなければならない。多くの被造物の中で、なぜ人間は特別な存在として生まれたのだろうか? その本質を求めるならば、皆さんの生き方が正しく方向づけられるであろう。自然万物は季節ごとに移り変わりながら、美しい色の調和を装飾して、互いに喜びを与え合って享受している。では、このようなすべての変化は、誰によって、そして誰のために起きているのだろうか?

 仏教徒たちよ、驚くなかれ。すべての存在世界は、神が我々人間に下さった贈り物であった。存在世界の姿はすべて、人間を喜ばせるための最高の傑作品である。神は人間にそのような傑作品を下さったのである。 神とは誰であろうか? 春が来れば神は、人間に美しい新芽を見せ、夏が来れば神は、人間に豊かな万物を感じさせ、秋が来れば神は、あらゆる穀物を実らせて人間に収穫させ、冬が来れば神は、静かな雪景色のなかで人間に人生を瞑想させる。川、野原、海、草原も、人間に喜びを与える空間として創造されたのである。そして、何よりも重要な点は、神は人間を全被造世界の主管者として創造なさったということである。しかし、神はどうして人間をそのように創造したのであろうか。

 釈迦は悟りの境地が不十分であった。皆さんには釈迦のような苦行の道、行者の道は必要ない。それは、皆さんが良い時代に生まれたからである。もはや、山道、野道、曲がりくねった険しい峠などを越えなくてもよいのである。お金さえあれば、韓国ばかりか、世界中を気楽に見物できる時代になったのである。このように、意志さえあれば、すべてを成せる時代が到来したのである。今は仏陀の時代ではなく、成約時代である。成約時代とは、神のみ旨(むね)が成就する時代である。『統一原理』の「創造原理」を詳細に精読してみてほしい。そこには善悪の問題が正しく解明されており、人間が神の子女であることが解明されている。

 仏教徒たちよ、皆さんは本来、神の子女として生まれたのである。したがって、「私」という一人の個体は、ただ単に生まれては消え去る存在では決してない。皆さんが考えてきたような、人間は誤った生き方をすれば動物の姿に生まれ変わると認識する時代は、既に遠く過ぎ去った。

 人間は、堂々たる神の子女として、神を真の父母として仕えて生きるべき時代が到来した。真の子女は父母の心情を察して、父母の望む姿で生きなければならない。それが子女の道理を果たすべき第一の徳である。諸々の仏教徒よ、あなたがたは自らが神の子女であることを、深く悟って、肝に銘じるべきである。そうして、「私」という個体の完成が、父子が出会う立場で実現するということを、しっかりと永遠に銘記してほしい。

                                               − 2000.11.24 −

 9.天上天下唯我独尊

 神は天地万物をつくるとき、すべての被造世界を相対的に創造なさった。それゆえ、相対性をおびて創造された万物は、授受作用によって繁殖する。このような事実は、『統一原理』の「創造原理」に詳細に記録されている。

 人間をはじめとしたすべての万物は、相対性原理により、互いに授け受ける力の作用によって、繁殖するようになっている。人間の繁殖も同様であり、人間の生理構造も相手を必要とするように創造されている。これは、アダムを創造なさった後、人がひとりでいるのはよくないとしてエバを創造なさったという、聖書の記録を見ても分かる。

 天上天下唯我独尊の存在物である「私」という個体は、いかに生きるべきであろうか?「私」は唯一無二なる存在として、天上天下の唯我独尊的な価値性を、神からどのように付与されたか深く考え、それに対して、いかに神に報いるべきかを深く考えなければならない。

 自分ひとりで気楽に豊かな生活をしても、神の前に行くことはできない。「自分ひとり」という言葉自体が、すでに豊かな生活を意味していない。前にも言及したように、人間がひとりで生きていくという語句自体が、既にはるかに間違っているのである。神の前には、一人で行くことができず、家庭で行くようになっている。夫婦になって家庭を築き、子女を繁殖して四位基台を造成してこそ、その基台の上に神の真の愛が運行するのである。このような原理が「創造原理」に記されている。四位基台は、家庭を築かずして、一人では決して造成することができない。天国、すなわち極楽世界は、家庭的四位基台を完成した、夫婦だけが行くことのできる所である。

 極楽世界を待望する多くの仏教徒の生き方は、根本から誤ったものである。どんなに仏教徒が罪を犯さずに善良に生き、物欲や権勢の欲望を完全に捨て去って生きることに尽力したとしても、それは神の創造目的という観点から見たとき、真の姿ではない。それがゆえに、仏教徒たちの霊魂は低級な霊界圏にとどまっているのである。「私」という存在は、本当に貴いものである。多くの群衆の中に、自分と同じ人がいるか見てみるがよい。どんなに探し回ってもいないであろう。真に唯一無二なる自分の姿なのである。

 このような「私」は、いかに生きるべきであろうか? 神に由来した「私」自身は、いったい神の前に、何をどのように成就すべきか? 皆さんはこの点をよく考えなければならない。釈迦がこの真理を悟っていたならば、父母と妻子を捨てて修道の道を行かず、その中に真理を見いだしたことであろう。しかし、どうにもならない。既に釈迦の道は過ぎ去ってしまった。それゆえ、釈迦のような人物はもう現れてほしくないというのが、私の切実な願いであるということを、皆さんに理解してもらいたい。いまだに釈迦のような道を選んだ仏教徒がいるならば、再び元に戻って、人間の本然の姿にしたがって生きてほしい。新しい真理の教えを知らないうちは、その道をずっと前進していかなければならないが、皆さんの師である釈迦自身が、「この道は誤った道であった」と、はっきり知らせてあげたのだから、謙虚な姿勢でその事実を受け入れてほしい。これが師と弟子の正しい関係ではないだろうか。

 世界旅行をするには様々な方法がある。海路、陸路、空路など、いろいろな方法がある。このように、極楽世界に至るにあたっても、どの道が皆さんに最も適した速い道であるか考えてみるがよい。皆さんの人生はあまりにも短い。成約時代を迎えたにもかかわらず、過ぎ去った時代の陳腐(ちんぷ)な遺物に固執し続けるならば、皆さんは実に愚かな者となり、徐々に神から遠ざかることになるであろう。

 皆さん自身の見解だけが最高であると主張するのでなく、相手の真理の前に、謙虚な姿を持つことも極めて重要である。固陋(ころう)な仏教の真理にばかりに縛られず、もう一度考え直してみるがよい。皆さん自身は、天上天下唯我独尊的な存在価値を持っているということを、一時も忘れてはならない。成約時代において、これが釈迦の最後の要請であり、釈迦の念願である。『統一原理』を知って以来、釈迦の教えが間違っていたことをとても悔いている。これは釈迦の率直な告白である。

 多くの仏教徒が、今まで釈迦の教えを信じて従ってきた。今や、その釈迦が、霊界において新しく悟った神に関する新しい真理を、この紙面を通して伝えているゆえに、諸々の仏教徒たちは、少しも疑うことなく受け入れてほしい。そして、仏教徒の家庭が、一日も早く神に仕えてくれるよう願っている。

                                               − 2000.11.15 −

 10.原理から見た人間の永生

 生老病死に関する真理は、神が我々に下さった最善の真理だったのだろうか? これが神が我々に下さった最後の教えだったのだろうか? 宇宙万物の主人、大宇宙の主人、人間の創造主、人間の父母である方が、人間に生老病死を与えたとすれば、それはどれほど論理的に矛盾したことであるか、考えてみてほしい。

 ところが、我々人間は神が生老病死を与えたということを、きわめて当然な原理であるかのように認定している。我々人間は、そのように信じて生きてきたし、今もなお、そのように信じて生きているのである。これは大変な過ちである。人間は、峠の向こうに隠された宝(秘密)と新しい真理を探すことができず、また、探そうと努力すること怠ったまま、長い歳月が流れてきたのである。

 その真理とはいったい何であろうか? 釈迦の生涯の中で最も困難だったのは、黙想の時間、瞑想の時間という、闘いの時間であった。そのような過程で悟りが得られなければ、それを得るために天秘の世界を突き抜けていきたい思いであった。しかし、人間には各々の使命があるようである。釈迦の時代の器(うつわ)は、神が直接的に選択するだけの割り当てがなかったようである。

 釈迦はその真理を得るために、どれほど苦闘したか分からない。生死の脅威を感じながら、数多くの峠を越えてきたが、釈迦は神の直接的な人材ではなかったようだ。その時代に釈迦に下された悟りは、ただの平凡な真理にすぎず、一時代の人間が善良に生きるように導くための真理にすぎなかった。釈迦の教えは、「人は自らの欲望と欲心から離れて生きるならば、心が安らかになって妬(ねた)みもなくなる。人は地上でそのように生きて極楽世界に行くならば、幸せに暮らすことができる」といった、平凡な真理にすぎなかった。釈迦の時代には、その程度までしか真理を明らかにできない、神の事情があったようだ。

 当時のこのような真理を、最高の真理と紹介した釈迦の驕慢さが、ここ霊界であからさまになった。しかし、神の偉大な力は、この至らぬ卑賤(ひせん)な解釈を通して、人間が一生の中で罪を犯すことなく善良に生きていけるように導かしめた。私は神が当時のこのような真理を、私自身の修行を通して明らかにしてくださったことに対し感謝している。しかし、究極的な目的を抱いていた当時の私は、決してそのような真理を悟ったことに満足していたわけではなかった。

 何かを感じてはいたものの、その究極的な真理を見いだすことができなかった。釈迦は、ここ霊界で統一原理を聴講し、精読している。釈迦は当時の心情に立ち返って、王宮を去るしかなかった時代的な情況を振り返りながら、原理を精読している。それは統一原理があまりにも偉大な真理だからである。神が文鮮明先生を選んだ、時代的な背景と環境と血統を見ると、復帰摂理の大転換点になっていたことが分かる。そのとき文鮮明先生は、個人的な欲や野望をもって出発したのではなかった。この事実は、釈迦にとって真に新たな悟りであった。文鮮明先生は、長い歳月の間隠されていた天の秘密を全天下に明らかにし、人間を救い出すことのできる真理を探し出された。それは神の勝利であり、罪悪世界を救う人間の勝利であった。それゆえ、文鮮明先生は、我々仏教徒が長い歴史を通して待ちわびてきた、聖賢の中の聖賢である未来の仏(ほとけ)、弥勒菩薩(みろくぼさつ)であり、人類の真の父母であられる。これが私、釈迦の考えである。

 これまで、この紙面を通して仏教徒の生涯を非難ばかりしてきたが、仏教徒は、さぞかし心が痛むことであろう。その結果、仏教徒は私のことを本来の釈迦ではないと決めつけたり、ニセの釈迦が俗世を離れて生きてから死んだ、邪悪な霊か邪鬼であると規定したりするかもしれない。それでも、私はこのメッセージを伝え続けるしかない。それは統一原理が、地上生活や霊界生活における厳然たる真理だからであり、仏教徒だけでなく全人類が生きる道は、唯一、統一原理しかないからであり、全人類は統一原理によって生まれ変わらなければ、永生の道がないからである。そして、それは霊界の四大聖人ばかりか、あらゆる宗教の責任者たちが、一様に統一原理を聴講しており、その中に統一原理の前に反論を定義する者が誰もいないからである。

 仏教徒よ、行者よ、数世代前に幽明相隔(ゆうめいあいへだ)たった釈迦がこちらで悟った真理が統一原理である。皆さんは再び俗世を離れた心情で、統一原理をしっかりと抱きながら、毎日毎日、一歩、百歩、千歩、万歩と歩んでみるがよい。神が皆さんのことを見過ごすことは、絶対にないであろう。間違えのない答えが、皆さんの前に提示されるはずである。

 統一原理は、我々人間を永生の道に導く教科書であり、指針書であり、人生の公式を解いてくれる人生の解答である。皆さん、永生とは何であろうか? 皆さんは永遠なる生の価値を、統一原理の中にはっきりと見いだすことができるであろう。そして、この原理を学び、その中で生きてから霊界に来るならば、我々仏教徒も、天国で永生することができるであろう。釈迦が教えた悟りの真理を捨てよというのではなく、そこに統一原理を接ぎ木せよというのである。そして、統一原理を精読するならば、何を捨てるべきか、何が誤っているか、ということを悟ることができるであろう。

 仏教徒たちよ、釈迦はあまりに過酷ではないだろうか。しかし、皆さんを愛し、貴く思っているからこそ、このようにメッセージを伝えるのである。あなたがたも、子供の将来のため、あるいは子供の養育のためには、時には過酷な立場に立ちはしないだろうか? 釈迦も例外ではない。仏教徒は私が心から愛する弟子であり、家族であり、食口ではないだろうか。早くこの統一原理を、皆さんのものとして受け入れるべきである。この時点において、諸々の仏教徒に最も貴いことがあるとするならば、それは皆さんが、生前に統一原理と直接因縁を結べるという点である。これを幸いに思って感謝しなければならない。私は明らかに釈迦牟尼、仏陀である。

 仏教徒よ! 今はもう困難な苦行の道を歩む時ではない。成約時代が到来した。成約時代とは、家庭を築いて、神に仕えながら幸福に生きていく時代である。その時代における新たな生のモデルが、統一原理に詳細に示されている。ゆえに、皆さんが一日も早くその内容を精読して、新しい方向を設定してくれることを、切に願ってやまない。

                                               − 2000.11.16 −

 11.原理から見た人間の救い

 神によってつくられた人間が、神の願う本然の姿のままで生きたならば、人間には救世主が必要なかった。それは、あたかも健康な人には医者も薬も必要ないのと同じである。人間が神の願う子女の姿で、完成の道をしっかりと歩んだならば、どうして救い主が必要であろうか? 人間創造当時から過ったのである。では、その過ちとは何であろうか? 神の創造目的を実現していく過程、すなわち未完成期において、人間は道を過ったのである。

 人間が過ってしまったゆえに、その人間を救い出すべき仲保者、すなわちメシヤが必要となったのである。人間の過ちによって、罪悪歴史が綿々と流れてきたのである。しかし、全能の神は、なぜ人間が過ちを犯す事実を目の当たりにしながらも、干渉することなく、こんなにも長い間、放置しておかれたのだろうか? 神は善を創造したのであって、悪を創造したのではない。人間は一定の成長期間を通して、自ら完成して全宇宙の主人となり、全被造物の主管者となるように創造されていた。が、人間は一定の基準から離脱してしまい、過ちを犯してしまった。そのとき神は、なぜ人間が過ちを犯す過程を傍観していたのだろうか? それは、悪を創造しなかった神が悪に干渉するならば、悪を創造したというような立場に立ってしまうからである。

 それゆえに、人間の過ちを清算することのできる主管主、すなわちメシヤが現れて、罪悪の中に墜ちた全人類を、神の前に復帰していかなければならないのである。神は人類歴史において、様々な経路を通じ、人類が神の前に出られるようにする仲保者、メシヤを送ることを約束された。そして今、我々人間はようやく、メシヤを通じて、神の前に出られる道と機会を得るに至った。

 メシヤが降臨して、罪悪の中に墜ちた我々人間の姿を、罪のない基準に立たせてくださり、人類を祝福してくださるのである。このような祝福を通してこそ、人類は神の子女という立場に戻れるのである。

 釈迦はその祝福を受けた。祝福とは何か? それはこの世で言うならば結婚であるが、誰が祝福してくださるのであろうか? それは統一教会の文鮮明先生である。先生は、人類のメシヤであり、祝福の司式者である。釈迦は仏教徒の皆さんに、あまりにも無礼なお願い、あまりにも恥知らずなお願いを強要するが、そのようにするしかない。そのお願いとは、一日も早く皆さんに文鮮明先生の祝福に参列してほしいということである。

 仏教徒たちよ、釈迦が歩んできた修行の道、苦行の道は、今後皆さんにとって必要のないものとなった。時代的にとてつもなく良い環境が到来した。仏教徒よ、これは釈迦の声である。ゆえに、肝に銘じて聞くが良い。釈迦が生まれた当時のインドと、韓国の時代的状況を考えるとあまりにも違う。当時の人類は、自由に行き来することも、遠い知らせを知ることもできなかったが、今は飛行機に乗りさえすれば、気楽にどこにでも行ける時代となった。信仰における時代的な恵沢も、それと同様である。神が子女を直接に愛することのできる時代が到来したので、釈迦のように厳しい苦行の道を歩まなくとも、極楽世界に行くことのできる道が開かれたのである。子女を愛する神が、人間に厳しい苦労をさせて、ご自身に出会わせるだろうか? 真の人間の姿になるための成長期間を経て、人間の真の生を悟ったならば、神は天地の万物をすべて、子女である人間に与えようと思っておられた。それが神の深い愛であった。

 今まで我々人間は、宇宙の背後に秘められていた神の秘密を知らずに生きてきたが、今や、釈迦は神のその秘密を知った。我が愛する弟子たちよ! 帰ってくるがよい! 釈迦のふところに来たれ! 今や、あれほどまでに厳しい修行の道は、神の心を痛めるだけである。冬安居(とうあんご)も夏安居(げあんご)(室内に閉じこもって修行すること)も、神は受け取らないであろう。膝がすり切れ、額がむけるほど、千拝、万拝することはない。仏教徒の皆さんは、ただ神がおられることを信じ、神の子女であることを悟って従ってきさえすればよい。皆さんが信じている釈迦よりも、生きておられる神を信じよ。皆さんは、神が自らの父母であるという事実を悟って、父母に侍る道理を尽くせば、極楽世界に直接至ることができる。それが最高の近道である。

 仏教徒よ! 仏教徒が極楽世界、すなわち天国に来るまで、釈迦は天国に行くことはできない。釈迦はメシヤから祝福を受けて、天国で楽に栄華を享受することもできる。しかし、仏教徒に誤った真理を、あたかも永遠の真理であるかのように教えた責任者として、胸が締めつけられるような痛みと、神の子女を誤って導いたという罪人の心情を抱いている。

 メシヤは我々人間にとって、真の父母であり、救世主であり、救い主であり、人類の解放者であり、永遠なる極楽世界に導く方である。仏教徒よ、救いとは何か分かるであろうか? 仏教徒が家庭を築いて、地上で幸せに暮らしても、この極楽世界に来るとき、一緒に来ることができないであろう。メシヤから祝福を受けてこそ、はじめて永遠の夫婦となる。メシヤを主礼として、神の前に祝福式を挙げてこそ、極楽世界、すなわち天国に来ることができる。仏教徒よ、それが難しいであろうか?それが永遠の救いであり、極楽世界に来るための最善の道である。我々は皆、ここ極楽世界で共に会おう。これに関する詳しい内容は、『統一原理』の教本を見て研究するがよい。

 仏教徒よ、皆さんは今まで釈迦を信じて従ってきたが、永遠なる安息の地に来るためには、メシヤを通して入って来るようになっているので、メシヤの教えに従わなければならない。では、メシヤとは誰か? それはまさしく文鮮明先生である。我々は皆、この方に父母として仕え、侍らなければならない。しかし、不孝者の釈迦は、いまだにその方を「父母」と呼ぶことも、仕えることもできない、切ない心境で日々を過ごしている。ただ「先生」としか呼べない釈迦の心境を、皆さんは理解できるであろうか?

 諸々の仏教徒が皆、ここに帰ってきた暁(あかつき)には、我々一同、メシヤの前に礼拝(らいはい)し、「我らが父、救世主、万歳! 天地父母様、万歳!」と大声で叫ぼうではないか! 仏教徒よ、行者たちよ、私は釈迦牟尼(しゃかむに)、仏陀である。釈迦のこのメッセージを信じて従わなければならない! そして、釈迦の最後の頼みを、くれぐれも聞き入れてほしい。どのように伝えれば、あなたがたは私の言うことを信じてくれるのだろうか? どのようにすれば、この事実をはっきりと理解してくれるのだろうか? どうしてもこの事実が信じられないならば、『統一原理』を精読してみるがよい! そうすれば、この事実が信じられるであろう。切に、釈迦の哀願を聞き入れてほしい。

                                               − 2000.11.17 −

 このリポートを終えると、お釈迦様は泣きくずれながらリポーターに語ってこられた。「助けてください、助けてください!」と痛哭しながら、お釈迦様が頼んでこられた内容をここに記録する。

 金英順(きむよんすん)夫人! 痛哭したい思いです。この心情をどのように伝えたらよいのでしょうか? いくら考えても、その方法が思い浮かびません。ただただ痛哭したい心情です。私の愛する弟子たち、比丘(びく)・比丘尼(びくに)は、今日も明日も切り裂くような寒さに震えながら、氷を砕いては冷水の行をしていることでしょう。この釈迦はどうしたらよいのでしょうか?

 私の心よりも、子女を見つめて胸を痛める神の心を思うと、なお一層のこと苦しいのです。金英順夫人! どうしたらよいのでしょうか? 何か易しい道はないでしょうか? いっそのこと、釈迦があの時代に生まれなかったほうが良かったかもしれません。どうか助けてください! このメッセージを本にして出版して、すべての寺に届けることはできないでしょうか? うわさが広まれば、釈迦がそこに役事を起こします。

 すべての仏教徒が復帰されるまで、釈迦は罪人でいるしかありません。申し訳ありません。


 12.生老病死の道

 人間はこの世に生まれて、病んで死に、老いて死ぬということが、きわめて平凡な道理であると、地上の人間は考えているであろう。しかし、よくよく考えてみると、それはあまりにも無価値なことである。多くの生命の中で、この世に一度生を受けるという因縁は、あまりにも大切で尊貴なものである。ところが、生まれて、病気になって死に、老いて死ぬとするならば、「なぜ生まれるのか?」という根本的な疑問が生じるはずである。

 私、釈迦の苦悩はまさにそこにあった。そのような平凡な道理が、私をとても悩ませたのである。私が宮廷の中で豊かな生活をしている間は、宮廷の外の事情を知ることもなく、人間の生に関して悩む余裕もなかった。しかし、徐々に物事の分別がつき、成人になりかけた頃、宮廷の外の世界が気にかかるようになってきた。王の息子として生まれた釈迦が、民の事情も知らずに、どうして王座を受け継ぐことができようか。私は人間の惨憺(さんたん)たる現実を目撃したとき、目から火が出るような戦慄が走った。それ以来、私の心は耐えがたいほど痛み続けた。

 特に、この世に唯一無二なものとして生まれた人間が、惨めに死んで行く姿を見るとき、私の心は筆舌に尽くしがたいほど痛んだ。それが人間の現実であるということを感じて以来、私は多くの時間を瞑想と苦悩に費やした。その当時、私が神に仕える修道者に会っていたならば、私の悟りの方向は変わっていたであろう。

 しかし、当時のインドには、貧困と病気に苦しむ人々があまりにも多かったため、神に関する問題よりも、人間の苦痛を解決するということが至急の問題であった。その当時は、時々刻々と変化する環境と事情によって、人間の本能が様々な次元で異なって現れた。人間は貧困や病に苛(さいな)まれると、何かに頼ろうとする欲望が生じるものである。昔も今も、そのような欲望は、常に人間の本性の中に潜在していた。そのため、自らの願いをかなえるために拝したり祈ったりする慣習が、いろいろな場所に生まれたのである。しかし、当時の人間は、宇宙の根源者、絶対者である神を求めることに力を注がなかった。限られた社会的環境の中で、神を求める本能的な発露が、比較的低級なかたちで現れたのである。すなわち、当時の人間は、神を求めることよりも、人間の現実的惨状をいかに解決するか、ということに関心を抱いていたのである。それゆえ、その時代に私の歩んだ道は、すべての人々の前に崇拝の的となったようである。

 私は宮廷の中で、ありとあらゆる富裕栄華を経験していたが、一般人たちは、常に惨めな現実に浸って生きていた。それゆえ、彼らは悲惨な現実自体が人生であると思って生きていた。彼らは自らの現実的な生そのものが、あまりにも辛いものだったので、「人生」について考える余裕すらなかった。しかし、私はそれとは相反して、宮廷の中でありとあらゆる富裕栄華を享受していたので、一般人の悲惨な現実を目撃したとき、「人生」について悩み、考えざるを得なかった。

 一般人たちの崇拝の的となった釈迦であるが、修道生活を通じた苦痛から脱け出したいと思わなかっただろうか。あまりにも辛くて厳しい修道の道であった。「修道の道」というのは、後世の人が名づけた、とても格調高い表現である。当時の私の生活は、文字どおり、泥沼にはまったような生活であった。

 しかし、私の生涯がなぜあんなに辛くて苦しかったのか、私は悟ることができなかった。この国(霊界)に来て『統一原理』を聞き、神を見いだして以来、自分自身の修道生活というものが、ある程度分かってきた。しかし、私が悟ったことは、あまりにも恥ずかしい限りである。今こちらで考えてみると、一人の人間が「人間の生の意味」を悟るなどということは、きわめて驕慢(きょうまん)で傲慢(ごうまん)なこととしか言いようがない。私は、人間を主管している、人間よりも次元の高い神が存在しているという事実など、微塵(みじん)も考えることができなかった。私は自分自身が自ら悟れば仏陀になれると考えていたが、それは神の前に頭が上げられぬほど恥ずかしいものである。私も神の子女であるが、神は私の生涯をご覧になり、どれほど心を痛めたことであろうか。

 当時私は、善と悪の根源、罪の根源について悟ることができなかった。そして、なぜ人間が生老病死の道であえぎながら生きては死んでいくのかを悟ることができなかった。エデンの園の人間始祖の過ちによって、人類歴史が誤った方向に進んだという事実、そして、人間が原罪をもって生まれた
結果として、貧困と病で苦しむしかない惨めな現実になったという事実を、私は察することすらできなかったのである。

 私が仏教徒に誤った教えを伝えた結果、仏教徒の生活はいまだに固陋(ころう)な信仰を身につけたままであるが、どうしたら、数多くの仏教徒たちの生命を救いの道へと、正しく導くことができるのだろうか? 私は胸が裂けるほど神の前に申し訳なさを感じながら、仏教徒の救いのために身もだえしている。このような事実を考えると、苦しくて一時も耐えることができない。何の信仰も持たずに、やりたい放題にふるまった人が地獄へ行くのは当然であるが、正しい道を行くためにあらゆる厳しい難関を克服し、極楽を望みながら辛く苦しい修道の道を選んだ多くの弟子たちが、永生の極楽世界でない、楽園の下流層の霊界に安着する姿を目の当たりにするとき、釈迦の心情はいかばかりであるか考えてみてほしい。

 リポートをしてくれる女性の手と腕の苦痛は続いている。そして、罪なきその女性の前に、どれほど哀訴したことだろう。「仏教徒を助けてくれ、仏教徒の復帰のために祈祷してくれ」と、。 しかし、どうしてそれが一朝一夕になされようか。地上の現実は、時間的・空間的に制約され、社会的・文化的環境に制約されているゆえに、私のこのような心境を、うまく伝えにくい実状に置かれている。仏教徒たちよ、このような耐えがたい私の苦痛をどうしたらよいのだろうか。仏教徒の皆さんに、その方法を教えてほしい。ある面においては、皆さん自身が、私をこのような苦痛から解放する鍵を握っているのではないだろうか。

 長い間待ちながら、新しい歴史が始まることを念願してきたが、いまだにそれを待ち続けなければならないだろうか。今、私は肉体を失ってここにいるが、肉身生活よりも、ここで直面した苦痛のほうが、より一層深刻である。

 実際、私、釈迦は罪人にはなりたくなかった。釈迦が望んだ基準とは異なり、愛する仏教徒たちの苦行によっても、この程度の安息の場しか得られない霊界の現実を理解し、なにとぞ許してほしい。仏教徒の皆さん、この無能な釈迦を許していただきたい。

 しかし、仏教徒たちよ、死後に極楽世界に来ることを望む限り、歩みゆくその道において、周囲の事情に執着することなく、残忍にも方向を改めて転換するがよい! そうして、皆さんの信仰の道において、神を求めて仕えるならば、ここ極楽世界に直接来ることができよう。このような釈迦の切なる願いを実践に移すならば、皆さんは永遠なる極楽世界に来ることができる。皆さんは釈迦のこのような願いを、単なるメッセージとして聞き流してはならない。これは皆さんの人生において、類(たぐい)なき最も重大なメッセージとなるであろう。

 これに関する詳細な内容については、『統一原理』を学べば、正しく知ることができるであろう。統一原理は人生の正しい教科書である。これこそ、皆さんが崇拝してきた釈迦はもちろんのこと、諸々の仏教徒を解放することのできる、唯一の指針である。なにとぞ皆さんの歩んだ道を急転換して、神に仕えてほしい。これが釈迦の頼みであり、願いである。

                                               − 2000.11.17 −

 13.原理から見た人間の原罪

 この世に生まれて病んで死に、老いて死ぬようにと、神は高貴な人間を創造したわけではない。神は人間を最も高貴なご自身の子女として創造なさり、彼らが夫婦となって幸せに生きる姿を見るために創造なさった。それにもかかわらず人間は、神の創造本然のみ旨が成就する前に完成に向かって成長していく期間、すなわち成長期間において、神のみ旨と全く別の方向に向かってしまったのである。これを『統一原理』の教本では「堕落」と究明している。

 人間は神の本然のみ旨を完成することもできず、神の子女の立場から脱線してしまった。人間のこの原罪は胸を打って痛哭するほどに、無念やるかたないものとなってしまった。神は人間を子女として創造し愛されたが、召し使いとして創造された天使が、神の前に途方もない事件を犯してしまったのである。

 その事件によって、我々人間は罪悪の子供を繁殖するしかなくなってしまった。それが人間始祖の過ちであり、原罪の始発となったのである。人類歴史の背後の内幕がそうであるにもかかわらず、釈迦は仏教徒たちに誤って教えてきた。それによって、釈迦の痛み以上に大きな神の痛みが、人類の胸中に残されるようになり、神の前に恨(はん)となったのである。いったいこのような恨めしい事実を、誰が解明できたのだろうか?

 私はこのような原理的事実に初めて接したとき、その事実を限りなく否定したい思いであった。しかし、何度も質問しながら、人間の罪の根、すなわち原罪が、このように始まったという事実を悟ったとき、釈迦はあまりにも胸が痛んだ。その心境はどんな方法をもってしても表現することができない。生老病死は人間にとってあまりにも過酷なものだと思い悩んできた釈迦にとって、それはあまりにも衝撃的な悟りであらざるをえなかった。神の人間に対する願いと期待が、もっと大きなことにあったということを悟ったとき、釈迦の心は少し安らぎはしたが、予期せぬ人間の原罪によって、一様に苦痛を受けながら生きてきた我々の人生であったことを思うと、本当に悔しくて仕方がなかった。

 『統一原理』の教本は、文鮮明先生が真理を明らかにせんとする真に凄絶たる逆境を通して探し出された内容であり、我々人間の救いの書である。この事実を誰が知るだろうか? 数多くの人類は、死の道で空しく消えざるを得ない数奇な存在となったが、このようにとてつもない天の秘密を解明してくださった師がおられるゆえに、人類が死の道から新たに救いの道を見いだすようになったのである。我々人類はその師の恩恵に対し、千回万回死んでも、報いる道はないであろう。このような事実は、どのように歴史の裏道にうずもれていたのだろうか? 遥かな歳月の間、神はその秘密のベールを一度も取り去ることができず、悔しく超然と気を揉みながら、薄氷を踏む思いで待ってこられたのである。遥かな歳月において、誰一人として神の痛みを知らなかったのである。一体どこからこの曲折のもつれを解いたらよいのだろうか。

 私がかつて魔王と闘いながら、一つ一つ峠を越えるたびに悟ったのは、せいぜいのところ、私自身を自ら発見したことと、私を主管する途方もない力があるということだけだった。しかし、私は世界を見る視野が広まり、すべての事物に対する恐れもなくなって、自信満々になった。このように厳しい苦悩と煩悶(はんもん)の道で得られた小さな力によって、釈迦は自分自身をやっと見いだせたわけであるが、それを思えば、天の秘密を明らかにするための師の苦痛は、どれほど大きかったことだろう。我々は何をもって、そして、いかにその恩に報いることができようか?

 仏教徒よ! このような人間の原理を説明しても、釈迦の新しい教えを信じようとはしないのか。文鮮明先生が明らかにされた原理の内容を隅々まで精読し、それを胸中に深く銘記するがよい。それは仏教徒が生き残るための人生の教本であり、皆さんがあのような修行の道を歩まなくとも、望みの極楽世界に行くことができる指針書である。そこには、人生を生きていくのに必要なすべての公式が記録されている。無明(むみょう)から解放されるために苦闘し、あらゆる欲を主管するために何度も礼拝(らいはい)していた時代は過ぎ去った。これからは『統一原理』の教本を見ながら、人生の根本問題を解くがよい。

 釈迦が説いた時代と、メシヤが現れた成約時代では、人間を救う方法においても相当に違う。時代的な環境と恵沢によって、仏教徒が極楽世界に達する道も変わった。『統一原理』では、極楽世界に直接至れる近道を教えている。いまだに多くの疑問がわき、信じられないならば、皆さん自身が無理をしてでも『統一原理』を一度読み、統一教会員たちの生に関心をもって研究してみるがよい。

 どうして皆さんは、おそれ多くも、楽な立場でとてつもない『統一原理』に接しようとするのか。皆さんが努力を惜しまないならば、時代的な恵沢と、環境と、新しい真理が、諸々の仏教徒を解放してくれるであろう。そして、文鮮明先生の生に関する詳細な記録も容易く接することができるので、釈迦の頼みを肝に銘じてそれに注目し、後日、極楽世界で会おうではないか。

                                               − 2000.11.21 −

 14.「原相論」と仏教徒」

 私はこの世に生まれて初めて世の道理を悟ったとき、人間の様々な煩悩(ぼんのう)に悩み、出家し、人間の根本問題を解決しようと死の道を歩んできたが、数十回となく生き返ってきた。このように私が死線の峠で一命を取りとめたのも、その遠くに、神の限りない愛と配慮があったからであると思う。

 私は魔王との闘いで殺されかかったが、神は私を生かすために、様々な次元において守ってくださった。釈迦は、個人の問題ではない人間全体の問題、さらには神の子女の問題を解決できないが、それでも解決しようと試みる釈迦の凄惨な生涯をご覧になったとき、神はどれほどその胸を痛めたことであろうか。

 神は人間を子女として愛し、いつも心に留めて慈しみながら、その将来を案じてこられた。これが人間の父母たる神の姿であった。ところが、どんなに人間を愛したくても、神には肉体がない。そこで、神は完成した人間の姿を通して、肉体をまとうことを願われた。しかし、人間始祖が成長過程で過ちを犯すことによって、人間はその本質は変わらなくても、原罪をもって生まれる存在となってしまった。それゆえに、神は直接人間に対せなくなってしまったのである。これが神の切ない事情である。

 神は人間の肉眼では見ることのできない、無限に大きな存在である。被造世界のあらゆる存在は、どれもみな相対的になっている。たとえば、人間は男性と女性、動物は雄と雌、植物はおしべとめしべ、物質は陽子と電子といったように、我々の目に見えない微々たる世界にいたるまで、すべては相対性を帯びている。その理由は繁殖するためである。このように、すべての物質世界が相対性を帯びて創造されたのは、単独では繁殖できないからである。神はアダムを創造してから、ひとりでいるのはよくないと言われて、エバを創造した。ここで、我々仏教徒が心に深く銘記すべきことがある。それは神も二性から成り立っているということである。父なる神の属性には、男性(陽性)と女性(陰性)を共に現すことのできる、二性がある。それゆえに、神はすべての被造世界を、相対的に創造することができたのである。

 ところが、仏教徒たちよ、皆さんの生を振り返ってみるがよい。特に、比丘(びく)や比丘尼(びくに)たちの生活を考えてみよう。創造された人間が生まれながらに持っている生理的欲求は、神の姿に似せて創造されたものである。それゆえ人間は、男と女が愛し合って子女を繁殖し、神の前に喜びを返すのが当然なのである。必要もない生理構造を、神が創造なさるはずがない。このような観点から、比丘・比丘尼たちの犯した罪は小さくはない、ということを感じることができよう。一人で生きていくための求道の世界が、どうして当然であり、適していると言うことができようか。

 成約時代は家庭完成の時代であり、天国、すなわち極楽世界は家庭が共に行く世界である。したがって皆さんは、一人では極楽世界に行くことができない。私は当時、諸々の弟子たちに、特に比丘・比丘尼たちに、極楽世界に入籍する方法をきちんと紹介することができなかった。極楽世界は、男性と女性が相対的幸福を思う存分に享受し得る世界である。

 諸々の仏教徒たちよ、全宇宙の主人公たる神が、相対的属性を持った方であるのに、人間はその本然の欲求を払いのけんがために、多くの修行(しゅぎょう)と鍛練(たんれん)の中で苦労しながら生きている。今や皆さんは、神の本質の世界を詳細に研究しながら、娑婆(しゃば)世界で家庭を築き、幸福な人生を享受してほしい。それがここ極楽世界へ来ることのできる、唯一の道なのである。

 釈迦が妻を捨てて出家するとき、その痛みがどれほど大きなものであったか、皆さんは察しがつくであろう。俗世を離れるほど心構えでいる弟子ならば、『統一原理』の教本を学び、『統一思想』を体系的に研究せよ。そうすれば、釈迦の願いがどれほど真摯(しんし)なものであるか分かるであろう。『統一思想』を学ぶとき、李相軒先生は『統一思想』の「原相論」を通して、またもや、ひしひしと痛みを感じさせた。その講義は、釈迦の胸を突き刺すような内容であったが、仏教徒が神の根本的な属性を知らないことには、仏教徒の改宗は難しいであろうと考えた。そのとき、李相軒先生はなんと詳しく、真剣に、しかも心血を注いで語ってくれたことか! その感動の時間は言葉ではとうてい表せない。

 仏教徒よ、李相軒先生から教えられたとおりに、釈迦が心血を注いで皆さんに知らせようと思う。ゆえに、地上で詳しく研究できるという時代的な良い環境を、くれぐれも逃さないでほしい。神を研究し、神を父母として仕えるならば、それ以上の苦行は、皆さんにとって必要なくなるであろう。

                                               − 2000.11.22 −

 15.人間を創造なさった神の心

 神は人間をつくるとき、人間を森羅万象の主人として創造なさった。なぜ神は、人間を全被造世界の主人として創造なさったのだろうか? 被造世界の中で、神の手を経ていないものは一つとしてない。人間は、季節ごとに移り変わる万物の調和を見て、感嘆せざるを得ないであろう。それは神の全能性ゆえである。どんなに偉大な科学者であっても、四季の調和を創出することはできないであろう。

 では、神は誰のためにこんなに美しい自然をつくったのだろうか? 愛する仏教徒たちよ、驚くなかれ。神は我々人間のために天地万物を創造したのである。人間が宇宙の主人となって、思う存分に楽しむことができるように、神は我々人間のために創造してくださったのである。春には青々とした新芽が萌え、夏は涼しい川と深い緑と自然の成熟さを感じさせ、秋は五穀の実りと収穫による自然の豊饒(ほうじょう)を享受させ、冬は深い思索と育(はぐく)みと休息を与えてくれる。神は唯一人間のために宇宙万物を創造されたのである。神は人間を創造する前に、人間に対する様々な構想を立てられ、人間が思いきり駆けまわることのできる遊び場をつくり、数多くの玩具をあちこちに準備してくださった。神は人間のために、季節ごとに異なる有形の遊び場や玩具を準備してくださったのである。

 それは、あたかも妊婦が赤ん坊を生む前から、色々な用品や環境を整えるのと似ていると言えよう。しかし、そのような妊婦の愛と言えども、神の愛には比肩することができないであろう。では、このような神と我々には、一体どのような関係があって、我々はこんなにも愛されるのだろうか?

 仏教徒たちよ、皆さんはすべて神の子女であり、神は皆さんの父母であるということを、はっきりと知らなければならない。皆さんが、神に仕えることを拒否したり、神の子女ではないと無視したりしても、神は皆さんを否定したり、背を向けることはないであろう。もしも、そうであるならば、神は人間の父母ではないということになる。その人がいかなる教派や教団に属していようとも、金持ちであろうと貧乏人であろうと、病人であろうと障害者であろうと、罪人であろうと悪人であろうと、老若男女を問わず、すべてはみな一様に神の子女である。白人や黒人や黄色人種といった違いはあっても、すべてはみな正真正銘(しょうしんしょうめい)の神の子女なのである。人間の住む随所には、どこにでも天があり、地があり、風が吹き、花が咲くが、その根本的な原因は神にある。アフリカ、ヨーロッパ、アジアなど、世界に広がる大地は、神の創造の御手(みて)によって創造されたものである。宇宙万物のすべては、神がご自身の子女のためにつくった遊び場であり、玩具に他ならない。

 キリスト教、仏教、イスラム教などは、地上において地域と時代によって異なる人間たちが、それぞれにつくった教団に過ぎない。神は、どの教団であろうと、すべてがご自身の懐(ふところ)に抱かれることを待ち望んでいる。仏教徒たちよ! 心を完全に開いて考え方を新たに転換し、神の教えを正しく悟って、神を中心として生活する伝統を立てていかなければならない。全人類は一つの神、一つの父母の下に、一つの兄弟姉妹となり、一つの文化圏を形成して生きていかなければならない。人類の恒久的な平和を構築しようという統一運動の主役は、統一教会員であり、彼らの指導者がまさしく文鮮明先生なのである。先生は全人類の平和統一のために、南北の和合運動はもちろん、世界人類の統一と和合運動を展開しておられる。先生は神の理想をもって、人類が神の子女であることを説いておられる。

 仏教徒たちの耳にも、その方のメッセージが響きわたる日が到来した。皆さんが尊敬して仕えてきた、仏教界の釈迦でなければ、いったい誰が皆さんを諭すのだろうか? これはまぎれもない釈迦牟尼、仏陀の最後のメッセージであるゆえ、なにとぞ心に銘記してほしい。そして、祈祷してみてほしい。釈迦牟尼、仏陀が現れて、新たに教え導くであろう。

                                               − 2000.11.23 −

 16.救世主が人間に必要な理由

 愛する仏教徒たちよ、仏教徒にとって実になじみのない用語が多く、理解できない部分もあると思う。しかし、皆さんが尊敬した釈迦牟尼、仏陀が新たに触れるようになった、この真理を知らせなければならないため、ここにこうして長編の文を送る。

 仏教徒の皆さんが、地上の釈迦の教えを信じて従ってきたように、ここ霊界の仏教徒たちに教える真理をも信じて従ってきてほしい。仏教徒たちよ、救世主とは何か説明しようと思う。皆さんは仏教歴史の伝統の中で、仏教の経典を学び、個人の修行法によって様々な煩悩(ぼんのう)から解脱する道を歩もうと、絶え間なく努力をしている。しかし、それだけでは極楽世界を期待することはできない。仏教徒たちは私が切り拓(ひら)いた真理の教えにしたがって、長い歳月のあいだ苦労してきた。しかし、そのような仏教徒たちが霊界に来て、極楽往生の立場に留まることができないとするならば、皆さんはどうするだろうか?

 これから釈迦は、皆さんの誤った歩み、誤って修行している点を正すために、鞭(むち)を加えることにしよう。今日の仏教徒たちの誤った歩みを知りながらも、釈迦がそのままにしておくことができるか、よく考えてみてほしい。我々人間は、生まれながらに原罪を持っているため、極楽世界へ直接行くことができない。人間始祖が犯した原罪を清算してこそ、はじめて極楽世界に行くことができるのである。

 この原罪を拭わせることのできる仲保者が、人間にとって必要となったわけである。その方は、すべての人類に絶対に必要な存在であり、メシヤ、救世主であられる。メシヤは、人間の意思によって、なりたいからなれるというものではなく、摂理歴史の経綸を通して、神の召命によって地上に現れるようになっている。我々はメシヤを「人類の真の父母」、あるいは「天上天下の救世主」と呼ぶ。私はその真の父母から祝福(結婚)を受けた。釈迦はその方を当然「真の御父母様」と呼ぶべきであるが、多くの仏教徒たちの前に罪人の姿であるゆえ、いまだに「先生」としか呼ぶことができないでいる。

 では、その方がどうして罪人である私、釈迦を先がけて祝福してくださったのであろうか。それは多くの仏教徒を救うためである。それゆえに、先がけて途方もない祝福を与えてくださったのである。皆さんが釈迦の解明した真理を通して、衆生(しゅじょう)の救いのために、困難と苦痛を克服しながら自らを錬磨するように、釈迦は、真の御父母様が探し出された新しい真理を通して、皆さんの救いのために、困難と苦痛が迫ってきても最善を尽くしていこうと思う。

 仏教徒たちよ、釈迦が真の師の新しい真理の前にすべてを捧げるとするならば、弟子である皆さんも、当然そのようにすべきである。今の私の願いはただ一つ、私自身が、一刻も早く「真の師」を「真の父母」としてお仕えすることができるように、解放されることである。『統一原理』をはっきりと悟れば、新しい真理の先駆者となることができる。したがって、統一教会の仏教徒たちは、新しい真理の先駆者であり、自らの仕える師を自信満々に一様に「真の父母」として奉り、「メシヤ」として仕えている。その師こそまさしく文鮮明先生である。我々仏教徒たちも、その方を「真の父母」として侍ることができ、「メシヤ」として仕えることができ、その方から祝福を受けることができる。

 仏教徒たちよ、皆さんは必ずやメシヤを通して、新たに祝福を受けなければならない。皆さんの妻や夫は、地上にいるときだけの妻や夫に過ぎない。夫婦がこちらに来れば、皆他人となる。極楽世界でも夫婦であることを願うならば、メシヤを通して地上で必ず祝福を受けなければならない。人間にとってあまりにも感謝の祝福、あまりにも厳然たる自明な真理を、仏教徒の皆さんが理解できずにいるならば、それはとんでもないことである。

 釈迦は皆さんの現実を理解できないわけではない。しかし、メシヤの世界的活動を直視してみるがよい。メシヤは世界人類を救うために、80余年の生涯を通して、血の汗を流しながら苦労されている。そのお方は地上でも「真の父母」であり、天上でも「真の父母」である。全人類の「救世主」であり、「メシヤ」である。それが事実であるがゆえに、数千年が過ぎた今、こうして釈迦は霊界で祝福が受けられたのである。

 天上天下の救世主である文鮮明先生に仕え、その方の真理に従うならば、こちらで釈迦に会うこともでき、極楽世界で永生福楽を享受することもできる。仏教徒たちよ、地上の人間の命は、永遠なるものではない。文鮮明先生は、皆さんだけを常に待っているわけにはいかない。それゆえ、皆さんは急いで新しい真理を受け入れなければならない。それでこそ、永生福楽を享受することができるのである。これが皆さんを愛する釈迦の唯一の願いである。

                                               − 2000.11.27 −

 17.仏教徒の生涯

 人は地上で永遠に生きることができない。いつか地上を離れなければならない。どこを離れ、どこへ行くのだろうか? この世からあの世へ行かなければならない。愛する仏教徒よ、愛する比丘(びく)・比丘尼(びくに)たちよ、皆さんは釈迦の修道の生涯をよく知っているし、釈迦の出家前のきらびやかで華やかな生涯も知っているであろう。

 仏教徒たちよ、釈迦はあなたがたを心から愛している。釈迦の真率(しんそつ)な告白に注目してほしい。釈迦はあなたがたに切に哀願する。あなたがたは釈迦に似るために生涯を捧げ、声聞(しょうもん)、縁覚(えんがく)、菩薩(ぼさつ)を通して大悟覚醒し、涅槃(ねはん)の域に至ることを念願している。しかし、今日の仏教徒は、過去の釈迦のように生きなくてもよいのである。既に何度か言及したように、皆さんの生を一日も早く整理すべきである。全世界にちらばる諸々の仏教徒たちよ、釈迦の真理の教えに一生を投資するだけの価値があるか、考えてみてほしい。

 私は地上で修行の道を経て、こちらで新しい真理を知った。私は新しい真理の前に、時代遅れの固陋(ころう)な観念を捨て去ろうと決心した。新しい真理の前に、永遠の生涯を捧げるだけの価値があると、はっきりと悟ったからである。それゆえに、先にここ霊界に来た釈迦が、このように地上の皆さんにその事実を伝えているのである。

 今や、仏教徒たちは、新しい真理にしたがって新しい生を出発すべきである。釈迦は、一人の人間としてこの世に生まれ、あの世でも永遠な人間の姿で生きられるという、明確な新しい真理に出会った。ゆえに、その真理の前に、釈迦のすべてを注ごうと誓った。

 皆さんから見て、「この釈迦の頼みは間違っている。釈迦を仮装した他の存在が我々を誘惑している」と思えるならば、一旦、『統一原理』を精読するなり聴講するなり決め、それから寺に帰って仏を供養しつつ切に祈ってみるがよい。そうすれば、まちがいなく釈迦が皆さんを助け、指示を与えよう。今ここ霊界では、多くの仏教徒が私とともに生きている。しかし、ここは皆さんが期待しているような極楽世界ではない。ここで新たに原理教育を受けて、仏道の道を整理しなければ、永遠なる極楽世界に入って行くことができないのである。

 それがこちらの現実であるゆえに、あなたがたが地上で生を整理して、こちらの極楽世界に直接来られるように、こうして釈迦が案内しているのである。今日の仏教徒の生き方では、極楽世界に来ることができない。神のおられる永遠なる天国に来なければならない。そこが永遠の極楽世界である。したがって、地上で神がおられることを信じ、神が人類の父母であることを悟り、神を父母して仕えて生活しなければならない。仏教徒たちの知っている極楽世界は、仏教徒の安息の場にはなり得ない。神を父母として仕えなければ、そこに至ることができないのである。

 釈迦の家族よ、仏教徒よ、過ぎし日の釈迦の教えを、今一度許してほしい。すべての民、すべての地はもちろん、全人類もまた神のものであり、神の創造物である。それは我々仏教徒も同様である。今日、多くの仏教徒が一生涯を捧げるその道は、人間が人間として歩むべき倫理道徳に過ぎない。しかし、神を信じて仕え、人類の父母として侍(はべ)るならば、より大きな真理が、皆さん自身を新たな姿へと誕生せしめるであろう。仏教の経典は極めて部分的な真理である。小さな真理は、大きな真理の前に吸収されていくしかない。

 大きな真理、大きな思想とは、『統一原理』のことである。『統一原理』と『統一思想』を精読すれば、人生の根本目的がすべて分かるであろう。したがって、人生の根本目的を知るためには、仏教の経典に全的に依存する必要はない。神を父母として仕えて生きていけば、人間の真の自由を得ることができる。神はご自身の子女である人間が、困難な人生を送ることを望んで、創造したのではないのである。

 仏教徒たちよ、宇宙の主人は神一人である。この点を特に銘記してほしい。釈迦は地上で生きては去った一人の人間にすぎない。絶対的真理の前に、皆さん自身の相対的真理を、正しいと主張できるだろうか? そのようにすれば、皆さんは人生の真の意味を得ることはできないであろう。それは時間の浪費に他ならない。地上の人生は、極めて短い瞬間にすぎない。まごまごして戸惑っていると、永遠なる極楽世界が、皆さんのもとを離れて行くであろう。そうなれば、極楽世界は永遠に自分から遠ざかるという事実を、皆さんは発見するであろう。

 仏教徒たちよ、そうならないために、釈迦がくれぐれもお願いする。一刻も早く『統一原理』を受け入れるがよい。そうすれば、仏教徒の生涯は、華麗できらびやかな永遠の生涯へと転換されるであろう。合わせて、極楽世界は間違いなく皆さんの住みかとなるであろう。

                                               − 2000.11.28 −

 18.二性性相と被造世界

 『統一原理』には仏教経典では聞くことができない、なじみの薄い用語が多く出てくるが、新しい真理を悟るにあたって仏教徒たちは、かなり当惑することであろう。それゆえ、『統一原理』の新しい用語を簡略に紹介しよう。それは、多くの仏教徒が『統一原理』を研究し、関心を持つように願う、釈迦の切なる心からである。神は人間を、男性と女性の相対性、すなわち「二性性相」に創造した。それは、男女が夫婦となってむつまじく暮らしながら、子女を繁殖して神に喜びを返すためである。このように、被造世界のすべての生命体は、相対を成して繁殖するように創造されている。鉱物世界も、植物世界も、すべては相対性を備えた二性として創造されている。このように、微々たる物質世界に至るまで、すべてが相対性を帯びている理由は、被造世界を創造した神ご自身が、「二性性相」を備えているからである。

 神は、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚といった人間の肉的五官では、感じることのできない存在である。しかし、神は男性(陽性)・女性(陰性)という二性を持っておられ、人間をはじめとするすべての被造世界は、神のその「二性性相」の姿に似せて創造された。言いかえれば、神は「二性性相の統一体」として存在され、人間をはじめとするすべての被造世界は、まるで子女が親に似て生まれたように、見えない神の内性に似て生まれてきたのである。

 人間は、見えない神の内性の姿を、統一的に備えており、神と人間は「親子関係」にある。しかも、それは宿命的な関係である。人間社会を見ると、子供は思慮分別が浅くて親のことを忘れがちだが、親には子供のことが忘れられない天情というものがある。このように、人間の世界では「親と子」の関係を天倫とみなしたりするが、実際は、「神と人間」という天倫の親子関係は、そのような人間の親子関係とは比肩のしようがない。

 神は人間の「創造主」であり、人間の「真の父母」である。人間は理由もなく神に似て生まれたのではない。そして、神も理由なく人間の姿をそのように創造したのではない。人間は、神と親子の関係としてつくられたのである。この途方もない真理の前に、仏教徒は改めて目覚めなければならない。仏教の経典をくまなく探してみるがよい。神が人間の父母だという事実が、どこにあるだろうか? 創造主である神と人間の関係は、離そうにも離せない宿命的な絆で成立した天倫である。このような大真理の前に、他の理論が必要であろうか。

 仏教徒たちよ、愛する仏教徒たちよ、釈迦は皆さんの父母を探してあげた。これから、どうするのであろうか?

 皆さんの父母を捨てるのであろうか? 皆さんの父母に仕えるのであろうか? 釈迦は今まで人類歴史の背後に秘められていた真実と真理を、皆さんにすべて知らせてあげた。それでも、仏教徒の皆さんが、この真理を否定する自信があるというならば、否定してみるがよい。釈迦は胸がえぐられ、身を裂かれるような痛みの中で、皆さんの父母たる神を探してあげた。ゆえに、これからは、皆さん自身が責任を全うすることを期待するばかりである。

 皆さんが、これは事実と異なる真理だと考えて、釈迦を疑い、恨んで、実践をためらうようになれば、父母である神は、皆さんの下から永遠に離れてしまうであろう。このような事実を公開し、知らせるまでの私の身もだえを、皆さんは分かるであろうか? これからは皆さんが責任を全うしてほしい。皆さんが新しく覚醒することを願う。そして、諸々の仏教徒たちが、もうこれ以上神の前に不孝者とならないことを切に願う。

                                                − 2000.12.5 −

 19.理想世界と仏教徒

 神が創造なさった理想世界と、今日、人間が生きている現実世界は、あまりにもかけ離れている。では、なぜ二つの世界は分かれているのだろうか?

 本来人間は、エデンの園で神に仕えて幸福な家庭を築き、子女を繁殖し、神に喜びを返して生きるようになっていた。しかし、人間の先祖が成長過程で、天使長の誘惑により、歴史が誤って出発してしまったのである。その結果、神のみ意(こころ)とは全く異なる現実世界になってしまったのである。

 したがって、人類は神の創造本然の理想世界に帰らなければならない。本然の世界とは、神を父母として仕えて生きていく世界である。ところが、今日、我々が生きている世界の主人は、神ではなくサタンであり、真の父母ではなく偽りの父母である。人類始祖が、真の父母ならぬ偽りの父母の血統を受け継ぐことによって、偽りの氏族・民族・国家が形成されたのである。その結果、現実の世界が、神とは全く関係のない世界になってしまったのである。

 したがって、偽りの父母の血統を神の血統に変えなければならない。これが血統転換である。それには様々な前提条件がある。血統を転換するためには、神の血統を伝授した特別な使命者がいなければならない。神の特権がなければ、血統問題を根源的に解決することができないのである。では、神の特別な使命を持ってこられた方とは誰であろうか? その方こそ我らが偉大な師、文鮮明先生なのである。

 釈迦はこのメッセージを通して、仏教徒の歩んでいくべき特別恩恵の近道を、明白に、特別に、詳細に伝えている。この時代に顕現された文鮮明先生は、諸人(もろびと)の救世主であり、メシヤであり、天上天下の真の父母である。したがって、その方を通して諸々の仏教徒は生まれ変わらなければならない。生まれ変わるというのは、どういうことであろうか? それは新生を意味し、その新生はまた祝福を通してなされる。仏教徒たちよ、極楽世界に来て釈迦に会うためには、このメッセージを通して伝えた私の願いを信じて、従うべきである。

 文鮮明先生は神の命を受け、特別な使命を持って、この時代に現れた方であり、天上でも地上でも真の父母であられる。それゆえ、仏教徒たちは、その方を通して祝福を受けてこそ、生まれ変わることができる。祝福というのは社会的に言えば結婚である。すべての夫婦はその方を媒酌人として、改めて結婚式を挙げなければならない。未婚の若者たちもその方を媒酌人として祝福を受けなければならない。そうなれば皆さんは、仏教徒の永遠なる世界、極楽世界に入籍することができるのである。

 祝福を受けた仏教徒たちは、その方の教えと様々な儀式の手続きによって、新しく生まれ変わるであろう。そうなれば、皆さんは神の願いである本然の血統を受け継ぐことになり、そのとき初めて神の創造理想の世界が実現されるのである。それゆえ、諸々の仏教徒たちは、新たに覚醒して悟って、神の理想世界で共に生きられる姿に、どうか一日も早く生まれ変わってほしい。釈迦の最後の願いは、諸々の仏教徒が皆、文鮮明先生の祝福式を通して神の血統を受け継ぎ、理想世界の家族として新たに生まれ変わることである。仏教徒たちがそのようになれば、釈迦も文鮮明先生の前で、「天上天下の真の父母、救世主よ! あなたは人類の真の父母であられます!」と拝する資格を持てるだろう。

 仏教徒たちよ、皆さんは今まで釈迦の教えを信じて従ってきたのだから、ここ霊界から送ったメッセージを、少しも疑うことなく信じてほしい。もしこの事実が信じられないならば、切に祈ってみるがよい。釈迦牟尼、仏陀がその場に臨むであろう。それでも、この事実が信じられないならば、釈迦の切なる願いである。ぜひとも、『統一原理』を読んでほしい。そうすれば、釈迦の伝えるこの事実が確然と検証されるであろう。

 地上で厳しい修行をする比丘僧(びくそう)や仏教徒たちに対し、釈迦は贖罪する心情で生きている。天地万物は神のものであり、神の創造の御手(みて)の下で運行している。仏教徒たちよ、数多くの教派と宗団はすべて、神の理想家族として一つになるべきである。全世界の人類は神を中心とした一つの理想家族である。

 仏教徒たちよ、清く純粋な心で祈ってみてほしい。私の指導が誤ったものではないということを、明らかに悟るであろう。釈迦はあれほど地上生活を通して苦労したにもかかわらず、宇宙の中心である神を仏教徒たちに教えることができずに、罪人の中の罪人となってしまった。釈迦のこのような心境を、仏教徒たちは、どれほど理解してくれるであろうか。仏教徒たちには分からないかもしれない。肉身を持った仏教徒たちには、釈迦がこちらで感じる苦しさと切なさは理解できないであろう。諸々の仏教徒たちは、釈迦の真率で懇切な願いに耳を傾け、祈る心情で釈迦の苦衷を聞いてほしい。

 そうして、仏教徒たちも理想世界の一家族となって、神の子女としての役割をはたしてくれることを哀願してやまない。

                                                − 2000.12.6 −

 20.性徹僧侶の生涯

 私(性徹:ソンチョル)は、本来、僧侶の生活をとても嫌っていた。私は自分自身が僧侶になろうとは考えてもいなかった。しかし、成長して物心がつく頃、人生について少しずつ悩みはじめ、人間の生死に関する問題を深刻に考えるようになった。当時の私は、その問題を解決しようという強烈な執念で、日々を過ごしていた。私はそのような執念に捕らわれたあまり、誰もがする進学さえも放棄するようになった。その後、健康を害し、その問題がさらに私を深刻に悩ませた。このような過程が長く続いた結果、私は両親から、静かなお寺にでも行って静養し、治療するように勧められた。私はそれが良いと思え、両親の勧めに率直に従った。このようなきっかけを通して、私は僧侶の住むお寺で生活するようになった。

 寺において、私の新しい生涯が始まった。それ以降、心から雑念や葛藤が消え、思考する範囲もはっきりと定まり、私は健康をだんだんと取り戻しはじめた。私は多くの悩みと葛藤を経て、余生を寺で修道しながら生活することに決めた。「この道を行こう、行かなければならない、行ってみよう! この世に生まれて、結婚し、子女を生み、妻子とともに平凡に生きていくよりも、人生とは何かについて究めていくほうが、もっと価値あることだ!」と考えたのである。言わば、人生の新しい方向性を確固と定めたのである。

 私の本名は「英柱(ヨンジュ)」である。「性徹(ソンチョル)」という名前を持つに至る前、私は既に結婚しており、私には妻がいた。それにもかかわらず、私は修道生活を選んだ。私は心から妻に申し訳ないという思いを禁じ得なかった。そして両親、特に母親の前には、息子としてあまりに心苦しかった。私は母親の胸に痛い傷を残す息子となってしまった。この世に、私のような親の胸に激しい痛みを残す子供がいるとするならば、その子供はどうして生まれたのだろうか? そのような子供は、いっそのこと生まれなかったほうがましであろう。

 その後、私は比丘僧(びくそう)になって、辛く険しい修行の道に入門した。私の性格は大体のところ馬鹿正直なほうである。要領や妥協というものはほとんどなく、一度心に決めれば、その道を黙々と歩いていくのみである。

 寒さや暑さをものともせず、衣食住に関わる問題も、私とは距離の遠い話だった。私は普通の人が歩む道をほとんど省みず、人生問題を解決するために、実に様々な次元の修業の道を歩んだ。私はこの紙面を通して、「性徹僧侶の生涯」を紹介するつもりは毛頭ない。釈迦牟尼、仏陀が、ここ霊界でご自身の生涯を深く痛悔されながら、仏教徒たちに様々な事項を頼んでおられるのである。

 私はこの霊界に来てみたところ、「『性徹』という名に何の意味があろうか? 何の使い道もない。何の役にも立たない!」と言いたい思いである。天地万物の調和には、大宇宙の根本であられる、大いなる存在がいらっしゃった。その方がまさに神である。億千万金を得るとしても、神を知らなければ何になろうか。神は我々人間の親であるのに、我々仏教徒は何も分かっていない。どうすればよいのだ? これはただ事ではない!

 私の生涯の中で、「英柱」と呼ばれていた時期も、「性徹僧侶」と呼ばれていた時期も、神は常に私の胸中におられたが、私はその事実をはっきりと悟ることができなかった。もしも神のことを知ることができたならば、両親や妻にあんな胸の張り裂けるような思いをさせなくても、人生の道を正しく渡っていくことができたであろうに! 霊界に来てその実状を知ってみると、私は両親と妻に限りなく申し訳が立たない。今になって後悔してみても始まらないが、釈迦牟尼、仏陀があまりにも胸を痛めておられるゆえに、私は「性徹僧侶」の名において、地上の仏教徒たちに頼みたいことがある。

 仏教徒たちよ、比丘僧たちよ、釈迦牟尼、仏陀が頼んだすべての内容に留意し、地上で『統一原理』の教えをよく学んで、神の子女として認められるようになってほしい。神の子女として生まれ変わることができるという確信を持って、釈迦牟尼、仏陀の切なる願いを銘記してほしい。私はこちらでお釈迦様の特別な配慮と寛大な加護を受けている。貴いお方の恵みを受け、このように仏教徒たちに文を捧げることになったが、真に光栄な限りである。

 皆さんは、自らの垣根から頭をもたげ、もっと遠方を見るべきである。真の光明の世界が、皆さんの前に明らかに現れるであろう。今まで仏教の経典がすべてであるかのように信じて、修行の道を歩んできた諸々の仏教徒たちは、ここ霊界から送られた、仏陀の切実な願いとメッセージをすべて信じ、新たに目覚めてほしい。そうして、遠い将来にすべてがみな極楽世界で再会できることを、切に期待してやまない。

                                                 −2000.12.8−

 21.愛する高僧たちに願うこと

 高僧たちよ! 釈迦牟尼、仏陀が、皆さんに深刻な思い、清らかな思いで心から願います。諸々の高僧たちは、今回のメッセージを真実と受け止めて、精読して下さい。そして、釈迦が霊的に協力できるように精誠を込めて祈って下さい。

 もう一度、結論的に高僧たちに釈迦が切に願います。多くの高僧が歩む修行の過程は、とても厳しいものでしょう。世人には想像もつかない道を、皆さんは経てきました。釈迦が俗世を離れたとき、その苦難をいかに言葉で語り尽くすことができるでしょうか。しかし高僧たちよ、今はあれほどの苦難な修行過程は歩まなくてもよいのです。釈迦は贖罪する思いで、皆さんに許しを請おうと思います。

 釈迦は皆さんに神を教えることができませんでした。それが罪人の罪人になった所以です。高僧たちは自らの修行の道を整理して、いち早く神を親として仕える準備をして下さい。いくら俗世を離れて、罪を犯さずに厳しい修行の道を通過したとしても、神に仕えることができなければ、皆さんの修行は実を結ぶことができません。

 諸々の仏教徒の心をいち早く整理するためには、皆さんが統一教会の文鮮明先生に会わなければなりません。その方は高僧の皆さんを正しく指導して下さるでしょう。その方は人生の問題、歴史の問題を解決する方案を持っておられ、人類の恒久的な平和世界を構築する鍵を持っておられます。

 その師に会うことを、もしも皆さんの心が許さないならば、まず『統一原理』を精読してみて下さい。そうして、高僧の皆さんの心が整理されれば、全国各地のすべての比丘僧と仏教徒に、新しい教育をして下さい。

 皆さんの力でそれができなければ、統一教会の原理講師を招いて、『統一原理』の修練を受けるようにして下さい。『統一原理』を精読して修練を受ければ、仏教の経典で悟れなかった新たな事実を発見することができ、諸々の仏教徒の姿勢も新しく確立されることでしょう。

 高僧たちよ、釈迦は皆さんにこの事実を明らかに伝達しました。類なき大いなるメッセージを、諸々の高僧たちに伝達しました。皆さんが地上生活をしている間に、私のこのような切なるメッセージを聞けるというのは、大変な幸運であると悟らなければなりません。それは、私が高僧たちと仏教徒を慈しみ愛しているからです。諸々の仏教徒たちの厳しい修行の道が決して空しいものとならないように、私の願いを聞き入れて下さい。それが多くの仏教徒を生かす道なのです。それが仏教徒たちがあれほどまでに待ち望んだ、極楽世界へ行く一番の近道なのです。愛する仏教徒たちに神を教えることができなかった事実ゆえに、私がどれほど気を揉みながら生きてきたか、その哀痛を高僧たちは知らなければなりません。

 高僧たちよ! 一日も早く修行の道を改めて、方向転換して下さい。全国各地に散らばる数多くの高僧たちに、一日も早くこのメッセージが伝えられることを哀願します。高僧たちが心を合わせれば、全世界の数多くの仏教徒を生かすことができます。霊界にいる数多くの仏教徒を極楽世界へと導くことができます。諸々の仏教徒たちは、長い歳月の間、俗世を離れて生きてきた過去を整理し、再び俗世に戻って、文鮮明先生に会って下さい。そうして、仏教徒が生きる道について相談して下さい。これは釈迦の最後の願いです。

 釈迦がここ天国で『統一原理』を学び、様々なセミナーに参加しながら、四大聖人たちと話し合い分析して、人生の至当な方向を悟ったのです。それゆえに、高僧の皆さんに頼むのです。高僧の皆さんが私の切なる願いを受け入れて、心から『統一原理』を精読し、勉強したにもかかわらず、新しい悟りが得られないとするならば、それは皆さんが生ける屍だからです。いい加減な心構えで極楽世界に来ようとするならば、初めからあきらめたほうがよろしいでしょう。

 こちらの四大聖人は皆、『統一原理』と文鮮明先生の教えと指導に、とても感動しています。私が霊界の様々な事実を伝達したとしても、皆さんには理解できない部分があまりにもたくさんあります。しかし、今まで私が送ったメッセージの内容だけでも、十分に読んで信じてくれれば、皆さんには永生の道が開けることでしょう。

 高僧たちよ、あなたがたは釈迦よりも幸福です。皆さんの時代に、文鮮明先生が地上に生きておられるからです。なんと幸福なことでありましょうか! 『統一原理』を急いで研究してみて下さい。幸運は皆さんの傍らで、常に待っているわけではありません。文鮮明先生が地上におられる期間を考えてみて下さい。高僧の皆さんも急がなければなりませんし、文鮮明先生も急がなければならないのです。

 愛する高僧たちよ! 釈迦の哀哭のメッセージに心をとどめて下さい。愛しています! 仏教徒を愛しています!

                                               − 2000.12.11 −