猫とお喋り同盟

ここは「猫の体の話」デス☆
ちょっとしたことをまとめてみました。全然くわしくないので「あ〜そうなんだ・・・」って感じでよんで・・・

*目*
視力は人間の約10分の1。かなりの近眼ですね。
 昼間の猫の目は瞳孔が縦に細くなっています。それが暗闇では丸く広がり輝いています。
猫の目は暗闇でこそ威力を発揮します!!
 発達した角膜と湾曲した水晶体、眼底にある反射板に秘密があるのですー。この反射板が目に入る光を2倍の明るさにして反射し、視神経を興奮させるので猫は弱い光でもものが見えます。しかし全く光のない真っ暗なとこはさすがにみえません。
 また、人間同様、立体的にものを見ます。わずかな色も識別できる みたい。

*耳*
人間が聞けるのは1〜2万ヘルツ。ネコは5万ヘルツの超音波までききわけます。
そのうえ、耳の向きを変えられるので360度の音をキャッチできます。
 しかもしかも、音のした物体と自分の距離まで測れてしまうのですー。
ちなみに、高音により敏感なので男性より女性の声によく反応するらしい。

*鼻*
イヌには及ばないものの、猫の嗅覚は人間よりもはるかにすぐれてます。健康な時に濡れている鼻は温度を測るのにもやくだちます。

*歯*
上下合わせて30本。
生後1年くらいの間に乳歯から永久歯へはえかわります。
鋭い犬歯は獲物にとどめを刺すのにつかい、前歯は獲物の毛や羽をそそぎむしりとります。奥の臼歯は肉を引き裂くためにギザギザしてます。
また、歯は爪同様、武器にもなります。

*舌*
ネコの舌は長くザラザラしています。このザラザラは乳状突起といい、食事の時に骨から肉をはぎとったり、櫛がわりにして毛づくろいしたり便利デス。
味覚は舌の先端部分以外は鈍感で、味より嗅覚で食べ物を判断ししています。

*ひげ*
ヒゲは鼻の横、目の上、アゴ、頬、の4ヶ所にあります。
ヒゲ自体に神経はありませんが、根元に神経が集中しています。風向きや気圧を感知し、触れなくても対象物の大きさがわかります。
 狭い場所でもヒゲの触れない範囲なら通り抜けられます。

*ツメ*
前足に5本、後足に4本あります。鋭く尖って内側に曲がっています。すり減らないように普段はひっこめられています。

*しっぽ*
ピンとたてるのは親しいネコなどへのご挨拶やゴハンの催促など。
だらんとしてるのはおちこんでるとき。
ぶわっと膨らませるのは進入者に対しての抗議。
ブンブン振り回すのは相当おこっている証拠らしい。

また何か本などでみつけたら項目ふやします。

#同盟メニューに戻る#