各国の支援活動状況

日本

ホンデュラスに対し、簡易水槽、発電機、浄水機、コードリールの4品目約1千6百万円分の物資の援助及び80万ドルの資金援助。
国際緊急援助隊の派遣(11/13〜12/8)。
外務省6名、陸上自衛隊80名、航空自衛隊105名、JICA10名、計201名。

ニカラグァに対し、毛布、スリーピング・マット、石鹸の3品目約2千万円分の物資の援助及び50万ドルの資金援助。
国際緊急援助隊の派遣(11/12〜11/25)。
外務省1名、医師3名、看護婦(士)6名、医療調整員3名、JICA3名、計16名。

アメリカ合衆国

米陸軍は中米での4年にわたる復興援助活動計画のための訓練を開始したことを発表、3,000人の州兵が来年1月から6月にかけてホンデュラスでの復興活動のための様々な訓練に入る。先週末には陸軍関係者が被災国を訪問して米軍の指揮官や各地の復興活動の指揮者との会合も行った。現在派遣されている1,000人近い軍隊は初期救援活動からヘリコプターを使った食糧医薬品の配給に活動の主力を移しつつあり、また、現況からさらに援助が必要な点を探している。

ゴア福大統領夫人がホンデュラスとニカラグアに対する援助の代表に委任され、USAID代表のBrian Atwood及びアメリカ大リーグAtl anta Bravesのピッチャーの Dennis Martinez(ニカラグア出身)と共に活動を始める。副大統領夫人は火曜日にホンデュラスを訪れて避難所の清掃などの作業を手伝い、夜は米軍のテントに泊まった。
水曜日にはニカラグアの被災地区に出向き、夜ワシントンに戻るまでの間、復興活動の手伝いをする予定となっている。
(El Nuevo Diario 10日付)

米軍の技術者が橋や道路の復旧を補助している。1月には3,000人の州兵が本格的な復旧作業のために派遣される予定であり、現在25 %しか機能していない首都テグシガルパの水道の復旧のための人材や資材も投入される。これらの復興支援のためにアメリカは7千万ドル(80億円)を供与する事を表明している。

George Bush前大統領は日曜日に非公式にテグシガルパを訪れ、Ca rlos Flores ホンデュラス大統領と会談した。Bushはテキサス州とフロリダ州(共に多くの中南米出身の居住者を抱える)で政府で働いたり議員として活動している彼の息子たちに自分の見聞と意見を伝えた。(CNN 9日付)

米国が木曜日に発表した7,000万ドルの援助の内訳は、3,000万ドルがニカラグアとホンデュラスの復興、2,000万ドルが食糧など、そして1,630万ドルが医薬品に向けられる。既に370万ドル相当の物資などが送られた。
(CNN 7日付)

アメリカは600人の救援部隊と19台のヘリコプター、そして120トンの援助物資を提供
(CNN 5日付)

クリントン米大統領は国防省に対してニカラグア、ホンデュラス、エルサルバドルおよびグァテマラへ3,000万ドル相当の機材と人員、3,600万ドル相当の食糧や燃料の援助を命じた。米国軍当局からは3,000万ドル相当の緊急物資、捜索と救助のための機材や人員、また、遠隔地への物資や人員の輸送のためのヘリコプターなどが供与される。
(CNN 4日付)

クリントン大統領夫人は11月16日にホンデュラスとニカラグアを訪問する。9月のハリケーンで被害を受けたハイチとドミニカ、そしてグァテマラとエルサルバドルも訪問する予定である。

フランス

フランスのホスピン大統領はアメリカのブッシュ前大統領およびカーター前大統領の呼びかけにこたえて緊急国際債務保証の処理を加速させる。PAHO(Pan American Health Organization)も援助額を増額、総裁は「缶詰や衣類、衣料品ではなく資金こそが重要」と語った。
(CNN 10日付)

フランスは豪雨に流された地雷の探索のためにニカラグアに専門家を派遣

スペイン

スペインから1,340万ドル援助
(CNN 8日付)

イギリス

英国は海に流された被災者の捜索・救助と被災者の救援のために海軍艦船を新たに2隻派遣
英国から124万ドル援助
(CNN 8日付)

パナマ

パナマの大統領が日曜日の昼に飛行機に満載の医薬品を携えて来訪、その後、Tipitapa地区をAleman大統領と共に視察した。
(El Nuevo Diario 9日付)

キューバ

キューバからも医薬品援助と共に15人の医療専門家が送られたが、飛行機の時間の都合などでグァテマラで足止めされている。
(La Prensa 7日)

メキシコ

メキシコはホンデュラスに水や食料と医者を派遣
メキシコは空輸のための28台の輸送機などの提供を申し出た。

メキシコは12の空軍機(大型輸送機7機含む)と28台のヘリコプターを1,260トンの物資を空輸するために供与。メキシコ大統領は「中米を歴史的な悲劇から救おう」とアメリカ大統領に電話で語った。
(CNN 5日付)

台湾

台湾が4カ国に対して260万ドルの援助を実施
(CNN 7日付)

アイルランド

アイルランドから30万ドルの援助
(CNN 8日付)

オーストラリア

オーストラリアから63万ドル援助
(CNN 8日付)

その他

CARE(http://www.care.org/)がニカラグアのエステリ市(3,500人がPueblo Nuevo川およびLimay川の増水により被災)に対する援助を開始、ホンデュラスではカメレオン川流域の低高度地帯に対して同様に援助開始。
(CNN 7日付)

イベリア航空のB747がスペインからニカラグアの赤十字への50トンあまりの援助物資を積んで到着した。
(La Prensa 8日付)

世界食糧計画が4,000万ドルの援助を中央アメリカ各国に対して行うことを発表。ホンデュラスとニカラグアの食糧生産能力は10〜30年前の水準に戻ってしまっており、「ホンデュラスは20億ドル、ニカラグアは12億ドルの援助が必要」と世界食糧計画の責任者が語っている。
(La Prensa 8日付)

メキシコは大規模な空輸計画を行い

ヨーロッパは800万ドルの援助物資を送った。

遠く離れた台湾や日本からも援助の約束があった。

月曜日にブリュッセルで開かれたヨーロッパ外相会談では災害時に国際的な援助活動をよりよく機能させるための緊急会合が開かれる。
(CNN 9日付)

USAIDが被害国全体で340万ドルの援助を送った。さらに230万ドルの追加援助をホンデュラスに送ることを発表。

国連はニカラグアに対して10万トンの食料を世界食糧計画による援助に追加して送ることを決定。

UNICEFは医薬品に加えて50万トンを越える経口補水剤(下痢などの際に水分を補給するための塩分・糖分の含まれた飲み水;下痢状態の子供に与えることで脱水状態による死亡を避けることが出来る)を供与。


トップページへ