平成10年11月20日

中米ハリケーン災害復興支援ネットワークへのご賛同とご協力のお願い



青年海外協力隊OB OG有志一同
(ホンデュラス・ニカラグア)


 中米を襲ったハリケーン「ミッチ」は、グアテマラ、エル・サルヴァドル、ホンデュラス、ニカラグアの中米4カ国に今世紀最大ともいわれる被害をもたらしました。特にホンデュラスとニカラグアにおける被害は大きく、現地で活動を体験してきた協力隊OVとして何か支援できることはないかと思い立ち、有志により復興支援の活動を始めることとなりました。

1 活動の目的

 ハリケーン「ミッチ」の被害からの復興支援のために、復興支援を志すものがそれぞれ個人ベースで取り組むのではなく、お互いの情報を交換しあい、また協力し合うという復興支援に関わる人と団体のネットワークを作ることにより、多様な救援と復興への支援の輪を広げることを目的とします。
 また、ホンデュラスおよびニカラグアの被災者に向けての義援金の呼びかけを日本国内に広く行い、草の根レベルからの復興への一助としたいと考えています。

2 活動内容

1) 中米ハリケーン災害復興支援ネットワーク

 コンピュータ通信を利用して、本ネットワークのWebページを開設致しました。
 内容は、各国の被災状況や復興の動き、海外や日本からの支援情報、派遣されている隊員などによる現地報告、支援・救援団体の活動などの情報を掲載しております。
 十分な内容には到ってはおりませんが、復興を支援する皆様のご協力により、充実したものにしていきたいと考えております。

Webページアドレス;www.isn.ne.jp/‾nica/
メールアドレス ;nica@isn.ne.jp

2) ホンデュラスおよびニカラグアに向けての義援金の呼びかけ

 青年海外協力隊においてホンデュラスおよびニカラグアで活動を経験してきたOB・OGの有志により、被災者への義援金の呼びかけを始めました。
 ホンデュラス向け、ニカラグア向けの2つの口座を開設いたしました。それぞれ同国OB・OG有志により運営されております。
 集まった義援金は現地の隊員を通して、必要とされる草の根レベルの復興に役立てます。また、現地の窓口として、ホンデュラスでは現地JICA事務所、ニカラグアでは在日本人会が管理運営および調整に当たることとなりました。具体的な支援内容は現地において現在検討中ですが、現地で活動している援助団体や被災地域の自治体、住民組織からの支援依頼に基づいて、資金の提供や物資の購入・分配などを行おうとの案が出ております。

(ホンデュラス共和国向け)

郵便振替口座 00180−7−87881
加入者名「ホンデュラス災害復興義援金」
事務局 青木和行
※ 詳細は次のFAX情報サービスをご利用下さい。
Tel03−3440−0222
ボックス番号 2613

(ニカラグア共和国向け)

郵便振替口座 00230−4−21915
加入者名「ニカラグア復興基金」
事務局 藤元伸吾
※ 問い合わせは E-mail; nica@isn.ne.jp 、
 E-mailアドレス・FAX番号をお持ちの方は払込取扱票の通信欄に記入して下さい。
 活動報告の際にそちらで送付させていただきます。

3 事務局

 11月6日より、ホンデュラスおよびニカラグア協力隊OB・OG有志5名にて事務局を構成し活動しております。

事務担当藤元伸吾(ニカラグァ・6年度3次隊)
義援金担当飛田 浩孝(ニカラグァ・7年度1次隊)
Webページ担当青木 和行(ホンデュラス・6年度3次隊
後藤 茂雄(ニカラグァ・5年度2次隊)
石津 健次(ニカラグァ・5年度3次隊)
住所〒211-0016
神奈川県川崎市中原区市ノ坪511−202
Webページアドレスhttp://www.isn.ne.jp/‾nica/
メールアドレスホンジュラス(青木宛)helphonduras@geocities.co.jp
ニカラグァ(石津宛)nica@isn.ne.jp

 本事務局はボランティアによる運営のため、専任ではありません。日中など対応仕切れないことも多いため、詳細や問い合わせなどはできる限りWebページおよびE-mail、FAXをご利用下さい。
 また、外部へ本活動を紹介される場合にご一報いただければ幸いです。特に一般マスコミによる紹介については、事務局や問い合わせ先などが個人情報であり、対応する事務機能も限界があるため、事務局に確認を取っていただきたいと考えております。
 本活動へのご賛同とご協力の程よろしくお願い致します。
以 上


トップページへ