[ Home ] [ English ]

明治時代のヴェルヌ翻訳事情

ジュール・ヴェルヌは明治時代に最も数多く翻訳出版されたフランスの文学者であり、海外文学全体でもそれを上回るのはシェイクスピアくらいしかいないと言われます。ヴェルヌの最初の翻訳は、1878年の川島忠之助による『新説:八十日間世界一周』でした。この翻訳はフランス語原典からの忠実なものであり、フランス文学全体から見ても原典訳の嚆矢として高く評価されています。しかしこれは例外的な存在で、これ以外の多くの翻訳は英語からの重訳であり、抄訳はもちろん原書に忠実でない訳なども多く見られました。

そのような英語からの翻訳者として重要なのは井上勤と森田思軒の二人です。井上勤の翻訳は多くの部分で忠実に英語版をなぞっていると思われますが、ごく一部に縮約あるいは脚色されたような箇所があって翻訳の質を落としているのが惜しまれるところです。翻訳以外で特筆すべき点として、彼の最初の翻訳であった『九十七時二十分間:月世界旅行』では、英語版に入っていた原書の木版挿絵を精密に模した二十二葉の挿絵が入れられました。森琴石によるこの素晴らしい銅版画の挿絵が、当時の日本の読者に与えた驚きは想像するに難くありません。そしてこれ以降ヴェルヌの翻訳は、挿絵の入っているものが主流になりました。

一方、森田思軒は新聞での連載を中心に活躍した翻訳家で、翻訳の質はどうあれヴェルヌの作品をこれだけ多く翻訳した人は他にいません。その中には『大氷塊』 [PF]、『大叛魁』 [MV]、『無名氏』 [FS]といった未だに現代語訳のないものも含まれます。思軒の翻訳の特徴は何と言っても、漢学の知識に支えられたその流麗な文体にあります。中でも「一千八百六十年三月九日の夜、彌天の黒雲は低く下れて海を壓し……」といった名調子で始まる『十五少年』は、明治時代の少年文学を代表する作品として長く愛読されてきました。この翻訳は思軒のヴェルヌ翻訳の中でもかなり圧縮率の高い抄訳の部類に属すものですが、そこに見られる抄訳の技術は特筆すべきもので、会話文を地の文に移し替えたりときには構成も変えてしまうなどかなり自由に翻訳しながらも、ヴェルヌの身上である緻密な細部に対する気配りも忘れられてはいませんでした。

しかし思軒はこの仕事を最後に36歳の若さで早逝し、ヴェルヌの翻訳は長い停滞期間に入ります。出版されなくなったわけではありませんが、そのほとんどがすでに翻訳された作品ばかりであり、中には英訳本などからではなく過去の邦訳書からの再翻訳のようなものまでありました。そうして翻訳の質の低下とともに、原書の挿絵を入れるというような良き伝統も忘れ去られていきました。

1878明治11新説:八十日間世界一周八十日間世界一周川島 忠之助
1880明治13九十七時二十分:月世界旅行月世界旅行井上 勤
二万海里海底旅行海底二万里鈴木 梅太郎
1883明治16亜非利加内地:三十五日間空中旅行気球に乗って五週間井上 勤
月世界一周月世界一周井上 勤
1884明治17英国:太政大臣難船日記チャンセラー号の筏井上 勤
六万英里:海底紀行海底二万里井上 勤
白露革命外伝:自由廼征矢
[改題] 政治小説:佳人之血涙
マルティン・パス井上 勤(?)
五大洲中:海底旅行海底二万里大平 三次
1885明治18拍案驚奇:地底旅行地底旅行三木 貞一
高須 治助
1887明治20万里絶域:北極旅行ハテラス船長の冒険福田 直彦
学術妙用:造物者驚愕試験オクス博士の幻想井上 勤
仏・曼二学士の譚
[改題] 鉄世界
インド王妃の遺産森田 思軒
天外異譚*彗星に乗って森田 思軒
煙波の裏*封鎖破りの船森田 思軒
盲目使者
[改題] 瞽使者
皇帝の密使森田 思軒
1888明治21大東号航海日記*洋上都市森田 思軒
大氷塊*毛皮の国森田 思軒
炭坑秘事*黒いダイヤモンド森田 思軒
通俗:八十日間世界一周八十日間世界一周井上 勤
1889明治22探征隊*グラント船長の子供たち森田 思軒
大叛魁蒸気の家森田 思軒
一千年後の新聞社*西暦2889年
さすらへびと*神秘の島楽如先生
霹靂一震*南十字星渡辺 台水
1890明治23三英三露:大観測*三人のロシア人と三人のイギリス人の冒険原 抱一庵
ジュールス・ウェルヌ*ジュール・ヴェルヌ邸にて徳冨 蘆花(?)
1891明治24余が少時*少年時代の思い出森田 思軒
山縣 五十雄
1893明治26入雲異譚*神秘の島森田 思軒
1894明治27無名氏名前のない家族森田 思軒
1896明治29冒険奇談:十五少年
[改題] 十五少年
二年間の休暇森田 思軒
1897明治30仏国小説大家の動静ジュール・ヴェルヌ訪問
1898明治31絶島秘事*神秘の島緒方 流水
1899明治32海賊尼コラス*エーゲ海燃ゆ原 抱一庵
1903明治36高加索から北京に至る途上
[改題] 日・英・独・露・仏・伊同乗:大亜細亜鉄道
クロディウス・ボンバルナック原 抱一庵
刊否不明地中紀行地底旅行織田 信義
刊否不明北極一周毛皮の国井上 勤
雑誌等への掲載のみの翻訳には*を付けました。[ 翻訳の詳細 ]も参照ください。

なお、一部でヴェルヌの作と誤認されている貫名駿一『千万無量:星世界旅行』については、横田順彌氏の「明治十五年の人造生物」に詳しい紹介があります。また、明治22年に『新小説』に連載された森田思軒訳『毛家荘秘事』についても原作者が特定されていません。

== References ==

last modified on 2006/12/20