[ Home ]

ヴェルヌサイトへのリンク集

[ ヴェルヌ ] [ 検索 ] [ 個人 ]
  1. Manuscrits de Jules Verne NEW!!
    ナント市立図書館が所蔵しているヴェルヌの草稿を集めた展示室。『二十世紀のパリ』の草稿がすべて閲覧できるほか、さまざまな著作の草稿が今後順次公開されていく予定。最先端のヴェルヌ研究には欠かせない貴重な資料集である。
  2. William Butcher NEW!!
    最近『ハテラス船長の冒険』の注釈付き英訳書を出版した、気鋭のヴェルヌ研究家ウィリアム・ブッチャー氏のホームページ。過去に出版された注釈版『海底二万里』の全文をはじめ、各種の著作が公開されている。
  3. Zvi Har'El's Jules Verne Collection
    世界のヴェルヌサイトの中でも中心的な存在。インターネット上で "Jules Verne Forum" を主催している。 フランス語や英語のテキストで、本邦未訳作品も含め幾つかの作品を読むことができる。 URLからも分かるとおり開設者はイスラエル在住で、ヘブライ語の翻訳リストも掲載されている。
  4. Jules Verne Club, Pazin
    パジンといえばあのサンドルフ伯爵が決死の脱獄を計った要塞のあった場所。 現在はクロアチアの一都市で、「ジュール・ヴェルヌの町」として町おこし(?)をしており、ヴェルヌの名前のついた通りもあるそうだ。 ヴェルヌの本や関連するグッズを寄贈することにより、誰でも Jules Verne Club の通信会員になることができるそうである。
  5. The Jules Verne Collecting Website
    カナダ在住の Andrew Nash 氏によるウェブサイトで、North American Jules Verne Society のオフィシャルサイトも運営している。 ヴェルヌのモニュメントや、さまざまな国で出版されているヴェルヌ作品のカバーなど、写真が豊富に掲載されているので、英語を読まなくても十分楽しむことができる。
  6. Jules Verne - Voyages Extraordinaires
    その名もジュール・ヴェルヌ・ドット・コム。macromedia flash を使い、映像と音でヴェルヌの世界を紹介している。 映像も非常に美しく、flash の可能性を最大限に活用している。ダウンロードに時間がかかるので、回線の込まない時間帯にゆっくり楽しむのがよいでしょう。
  7. The Dutch Jules Verne Society
    オランダにあるジュール・ヴェルヌ・ソサエティのオフィシャルサイト。オランダ語の出版リストが充実しており、本のカバーの写真も見ることができる。
  8. Jules Verne - Le scaphandrier des abimes
    フランス語サイトだが、ヴェルヌとエルジェというコーナーでは両者の『月世界旅行』をイラストつきで比較しており、フランス語が分からなくても楽しめる。特にタンタンファンにはおすすめ。
  9. Twenty Thousand Leagues under the Sea
    表題の通り『海底二万里』に関するサイト。イラストや写真など開設者のセンスの良さが感じられる。おすすめはノーチラス号の模型作りのページ。 さまざまな種類のノーチラス号をきちんと原作を研究して作り、実際に水に浮かべたりしている。
  10. Jules Verne, un conteur extraordinaire
    これもフランス語のサイト。フランス語で出版されているヴェルヌの作品や関連書の膨大なリストがある。
  11. Faszination Jules Verne
    ドイツ語のヴェルヌサイト。ドイツ語で出版されているヴェルヌ作品のリストのほか、Jules Verne Forum という掲示板も開設している。
  12. Tuomas Lehtinen - Kotisivut
    フィンランドにもあったヴェルヌサイト。もちろんフィンランド語。掲載されている写真は他のサイトからの借用のようだ。
  13. Postcards from Iceland
    ヴェルヌサイトではないが、『地底旅行』の出発点となったスネッフェルスを含むアイスランドの風景画が掲載されていて美しい。
  14. Kiwis in the Works of Jules Verne
    ニュージーランドを紹介するサイトの中の1ページで、『グラント船長の子供たち』でキウィがどのように描かれているかを紹介している。
  15. The Earth's Second Moon
    『月世界旅行』で砲弾ロケットはプティが発見したという第二の月と遭遇しているが、これについての解説。非常に充実した太陽系天文学のサイトで、世界各地にミラーサイトを持っている。 日本語のミラーサイトはここ
last modified on 2005/07/22