鈴木あきら(無所属)


参議院議員全国区無所属候補者

鈴木あきら

(三十三)

マスコミ公害、報道の暴力を告発し徹底追及を公約とする勇気ある天の声。新聞、テレビラジオ、週刊雑誌等の言論報道の自由権を乱用した無責任悪質乱暴な興味本位の煽情主義報道、偏向報道、権力迎合報道、個人攻撃弱者いじめの中傷ひぼう歪曲報道や露骨なセックス、暴力等を売るものとする番組報道は真に大衆社会、青少年の教育環境毒害し荒廃させる深刻な社会諸悪の根元であり我国独特の大社会問題である。これを徹底追及しない限りいかに政治経済教育体制が向上したとしても健全な民衆社会の到来も発展も絶対ない。

マスコミ公害、報道の暴力で人権生活を侵害され家庭を破壊される悲惨な者が年々急増している。また、誇大な事件報道が誘発する残虐残忍残酷な犯罪事件も急増している。

人心や社会の荒廃は厳罰主義やメンツ点数稼ぎの政治行政司法政策では解決されない問題の是正は公正に分析究明することだ人間の格差は仕方ないが卑劣な個人攻撃弱者いじめはやめよう社会の公器とは、政治経済行政などの諸問題の本質事実真相等を公正に正確に伝達するマスコミのことである。

言論報道の自由とは、国民全体の利益を守るためにあるけして無責任悪質乱暴な悪徳マスコミのために自由があるのではない

 権利を乱用するマスコミから人権生活権を守らう。

民主政治選挙はタレントファン投票ではない。

 私の主張に賛同の方のみ一票下さい。

貴方の勇気ある一票が健全なマスコミを育てる力となるのです


戻る ホーム