安里積千代(無所属)


全 国 区 無 所 属(超党派)

あさとつみちよ

安里積千代

六十一

再び、沖縄から民族的良心に訴える

 戦後二十年、沖縄は今なほ日本から分離されて米国の統治下におかれ、その軍事政策によつて犠牲を強いられている。世界の注目するベトナムへの米軍の攻撃は沖縄から発進している。正に日本は沖縄を通じて戦争の片棒をかついでいることになる。平和憲法はじゆうりんされ、独立国としての権威も誇りも空しい。沖縄の施政権を米国に渡している結果である。

 なぜ、沖縄を取り戻す政治力が日本にないのか。領土と国民を自ら治め得ずして何の独立国ぞ。国土を他国の軍事支配にまかせてどこに平和憲法の擁護があるのだ。党利党略や政争の具にするだけでなく、祖国の運命を左右する基本問題として国策上最優先されるべきでないか。敢えて無所属超党派の立場から全国民に訴える所以である。

 日本を離れて沖縄はなく、沖縄を離して日本はない。母国よ冷たい母になるな。沖縄のため議席を与え、沖縄を買い副して南北領土問題解決の突破口をつくり、祖国の神の独立と平和な福祉国家の建設に力をあわそう。

 私は前回の参議院選挙に、政治的にとざされた沖縄から立候補の道を開き、各地に尊い支持を受けながら議席を得るまでに至りませんでした。再び同胞の誠心と良識を信頼して立ちました。あなたの御理解により百万の実を結ばせて下さい。

略 歴
日大法科卒 弁護士 台湾台南市会議員(戦前)
八重山群島公選知事 琉球立法院議員 沖縄社会大衆党委員長


戻る ホーム