市川房枝(無所属)


参議院議員 全国区無所属 候補者

市川房枝

八十七

 1 立候補にあたって  一九四七(昭和四十九年)の選挙の際は、一九三万余票を頂きびっくりしました。その皆様のご期待に応えるよう六年間、公約を守って努力したつもりでございます。

 年齢からいって、この機会に引退する予定でしたが、私が健康なのをみられた先輩、同志、友人、全国の未知の方々からの強い要望があり、時局を考えて再び立候補の決意をいたしました。

 
 2 私の姿勢、立場、政策について  前と同様、参議院は無所属がよいとの信念から、無所属、革新として市民の立場に立ち、民主主義、平和、基本的人権を保障する憲法を守り、物価の安定、消費者の権利の確立、公害の追放、教育の民主化、勤労者、婦人、子供、老人、身障者被爆者の方々の福祉の増進に努力します。

 特に、きなくさくなってきた現在、戦争の放棄を規定している憲法第九条を再確認し、平和の維持と推進に、ますますひどくなってきた金権汚職、政財官のゆ着にメスを入れ、選挙制度の改革、政治資金規正の強化の実現に、国連婦人の一〇年のなかばに際し、婦人の地位の向上、男女差別撤廃条約の批准促進等に努めます。

 
 3 私の選挙のやり方  従前どおり理想選挙方式で、賛成者からの自発的なカンパ(五月二十四日現在、約五三〇万円)と手弁当の運動員によって行われています。


戻る ホーム