杉内一成(グリーン・共生党)


グリーン・共生党代表

すぎうちかずしげ

杉内一成

65才

年金を守りたい

組織もお金もないのに何故立候補したか?

 私が立候補したのは、国会議員に成りたくてではありません。今回の選挙でこの年金問題を取り上げる政治家が一人も居らず、今のままでは間違いなく「年金改悪が強行され、国民の四分の三が取り返しの着かないダメージを受ける」からです。

厚生省の五つの選択肢は最悪の提案だ

ー禺圓飽貔蘆円を超える借金の返済を押しつけた上に「年金保険料は五割アップ(C案)を強要し、自分達が65才になった時に貰えるのは70〜80%しかない」というふざけた提案を皆さんはどう思いますか?

皆さんは「二割カットされても財政状態が厳しい折、〔まあー仕方ないさ。我慢するしかない〕と半ば諦めかけていた」と思います。

これからは、介護保険料の他に60才以上を対象にした老人保険制度が創設され、この二つの保険料が年金支給時に天引きされるし、今の政治家に任せていたら消費税率アップの大増税もあり、これらを合わせると年金の約一割は負担増で使えなくなり、実質約三割(約1,700万円)もカットされて老後の生活は成り立ちますか?

「政治家・高級官僚は賞与を全額返上せよ」

’金カットを提案する前に、閣僚・高級官僚・議員(地方議員も全て含む)は賞与を全額返上しなさい。賞与とは〔成功報酬〕であるのに【国民に負担を押しつけたり、544兆円もの借金を作って】よくも平気で貰えますね!民間企業の論理では絶対出ませんよ。

△△覆進(政治家等)は私たちが納めた税金から報酬を貰っているのに何故納税者の私達が先に「年金カットを言い渡され」なければならないの?こんなふざけたことを有権者は絶対認められないので

(a)今回は棄権をしないで投票に行って「怒りをぶつけましょう」。 (b)政府・厚生省は「次の衆議院選挙で国民の総意」を問え。

厚生省のC案では、生涯で約1,200万円も削減される。今からあなたは、この不足分を貯金できますか?

〔鵤院ぃ横娃伊円の削減=230,983円/月×削減率20%×12ヶ月×20年=約1109万円に物価・賃金スライドのアップ分を加算。受給期間は夫婦で65才〜85才の20年間で資産

⇒権者として、年金保険料の50%アップや年金支給額削減による老後の不安や怒りを厚生省にぶっつけないと、後々必ず年金削減等が襲って来て、その時「しまった」と後悔しても〔後の祭り〕です。

私の当落が問題なのではなく(私が落選すれば、一番喜ぶのは厚生省のお役人で、【有権者は反応しなかったから、何をしてもかまわない】と四割削減案〔D案〕が決まるかも)、いかに多くの「怒りの批判票」と突出してぶっつけるかで、多ければ多いほどプレッシャー効果が増します。

「国と地方の財政再建で対応可能」

’金の保険料を今以上は上げず、年金額も削減しないで受給できる為の絶対条件は、「国と地方の財政再建(累積債務残高544兆円ののゼロ化への挑戦)」です。

国と地方の歳出総額約165兆円/年を毎年2%ずつ削減していって(民間では何処でもやっている)10年間続けると2045年には完済(借金ゼロ化)出来ます。

2008年からは日本の人口は急激に減り始めるので、今歳出カットによる財政再建全力で取り組まないと、2025年頃には借金は一千兆円を超えて、返済不能となり、に激しいインフレ間違いなしです。

ぜ擽發減れば、その分金利の支払い負担が減り、その軽減分(18兆円=300兆円翔6%/年)を年金支払い財源に廻せば、保険料のアップも不要で年金受給も満額可能です。

(詳しくは、私のホームページhttp://www.sphere.ad.jp/sugiuchiを見てください。)

「景気浮揚の最大の対策は消費者に明るい未来を保証すること」

〆眄再建のための増税(消費税アップ)は絶対やらず、歳出削減で累積債務ゼロ化(左図)を実行する。

◆崘金削減は一切やらず」「保険料アップも20%以上にはしない」と公約することです。

お上(厚生省)の言うことには逆らわず、無抵抗で不戦敗(年金削減も全て容認)に甘んじますか?

「後の世代に負の遺産(借金・環境他)を残さない政治を」

私の略歴

◆東北大学法学部卒

◆日産自動車(株)に三二年間勤務

◆現在はプラスチック成型用金型製造会社の顧問


戻る ホーム